2011年12月31日

2011年 ハロプロ10大ニュース☆

 東日本大震災の激震に見舞われた2011年ですが、ハロー!プロジェクトにとってもまた、激動に揺れた一年でした。
 そんな今年もハロプロの思い出を振り返る日は着実にやってくるのですね〜。
 ここでは恒例となりました、『2011年 私的 ハロプロ10大ニュース』を挙げまして、激動の一年を振り返りたいと思います。

 今年は、ですから衝撃的・印象的な出来事が多すぎて、とても10件には収まりませんので、10にはまったくこだわりません(^^;)。



☆1 モーニング娘。に、9期メンバー加入

 2006年12月の愛佳以来、実に4年ぶりに新メンバーが加入することになったモーニング娘。ですが、娘。史上最長の停滞と熟成の期間を経て、ついに吹き込まれる新風に大注目でした!

 1月2日、メンバーも誰も知らない状態で、ハロコンのステージ上でいきなり合格者を発表するという、いかにもつんく♂的演出でお披露目された9期メンバー。
 しかも、そのうちの一人は、エッグから本人もビックリのサプライズ大抜擢!これは興奮しましたね〜(^^

 そのフクちゃんを含め、えりぽん、りほりほ、かのんの4人は、オーディションの様子から当時の「美女学」で公開されていて、なんとなくこんな感じの子かな?というのはありましたが、実際に加入し、数ヶ月が過ぎてみると・・・。
 すばらしい!!!4人みんなが魅力的な容姿、キャラクターを持つ逸材ぞろい。これはまさに、あの”奇跡の6期”を再現する、”奇跡の9期”の誕生です!
 つんく♂大将が久々にミラクルを起こしてくれました。この4人が発掘され、娘。メンバーになれたことを、今は神に感謝したい気持ちです。

 そういうわけで、加入から1年経とうとしている今でも、9期の一推しメンを決めかねているという、嬉しい悩み(^^;;;
 でも、この中の誰かが、ではなく、9期そのものの、これからの新生娘。を背負っていく大活躍に、大いに期待です!


☆2 愛ちゃん卒業

 その奇跡のような4人の加入の喜びの中で、突然発表された衝撃・・・。
 モーニング娘。第6代リーダーとして、娘。史の一時代を築き、ハロー!プロジェクトのリーダーとしてみんなの精神的支柱であった高橋愛の卒業。
 いずれは来ることだと誰もが思いながらも、しかしそれが現実となったときのショックはあまりに大きい。ファンはもちろん、彼女に憧れていた多くのハロプロメンバーの衝撃はなおさら計り知れない。

 9月、25歳を迎え、さらにモーニング娘。加入10周年の節目に卒業することを決めたのは愛ちゃん自身だということですので、彼女なりの人生の決断であったでしょう。
 思えば、2007年5月に、何の心の準備もないまま唐突にリーダーに就任し、暗中模索しながらも、愛ちゃんなりに精一杯頑張った4年余りの歳月・・・。その中で、今までにない”アットホームな”娘。が築かれました。
 この「愛体制」の4年間はまた、メンバーの増減がほとんどなく、したがって固定したメンバーが個々の実力を磨き、レベルアップしたことで、娘。史上最強と言われるパフォーマンス力を身につけ、”脱アイドル”レベルのダンス&ボーカルユニットへと成長した時代でした。

 そんな今日のハイパフォーマンスグループの礎を創り上げたリーダーの卒業は、単なる一メンバーの卒業ではない、モーニング娘。にも、そしてハロプロにも大きな変化をもたらすであろう、重大事なのでした。
 ハロプロNo.1の歌唱力と表現力でみんなを魅了した愛ちゃん。その姿はハロプロメンバーみんなの憧れであり、あるいは目標であったでしょう。これほど多くのハロメンから憧れられた子はいなかったんじゃないでしょうか。
 だからこそ、娘。メンバーやベリキューメンの中には、彼女に少しでも近づき、今度は自分が憧れの対象になるようなアイドルに、歌手になろうと決意を新たにした子も少なくないでしょう。
 そう・・・そうして、愛ちゃんが魅せたスピリット、ハロプロ愛は、次代のハロー!たちに受け継がれていくのです。


☆3 ゆうかりん卒業

 今年はハロプロから、なんと3人も卒業者が出ました。去年も3人でしたが、同じグループからいっぺんに、というのよりも、一人ずつ、しかもそれぞれが中心的な存在の子ばかりが次々と去っていく現実は、悲痛なものがありました。

 第2の衝撃は前田憂佳。言わずと知れた、スマイレージの「顔」的存在であり、天性の超絶可愛さを持つ「ザ・アイドル」(さゆ談)。
 後述しますが、新体制となったスマイレージにおいても、だから中心メンバーであり続けると信じていたゆうかりんが、まさかまさかの卒業(;;
 公式発表の理由では、大学進学という目標、そしておそらくその先にある夢に向かって進んでいくために、アイドルとは違う道を歩むことを決断したということで、強い意思と信念を持つ彼女の、16歳の懸命の決断は尊重してあげたい。

 でも、さゆも言うように、愛ちゃん後のハロプロで、代表的メンバーの一角を占めると思っていた憂佳の、あまりに突然の卒業は寂しすぎる(TT
 特に、エッグから一緒にやってきたスマイレージの初期メン、そして憂佳に憧れていたであろう新メンバーのショック・喪失感は甚大なものでしょう。
 これも試練なのか・・・。それを乗り越えた先のスマイレージ、ハロー!プロジェクトに光明あらんことを。

 そして、新しい人生の道へと旅立つゆうかりんに幸あれかし。


☆4 サキチィー卒業

 もうひとつの衝撃として、小川紗季の卒業を挙げなくてはならないのがまた悲しい(;;
 8月、スマイレージ新メンバーが決まった直後に、やはりあまりにも唐突に発表されたサキチィーの卒業!?アイドルの自分と本来の自分が離れていくことに悩んで・・・という理由がさらに悲痛を掻きたてます。
 これも今にして思えばですが、8月のハロコンで新メンバーが発表された時、一人号泣していた紗季の姿が、”卒業”の要因のひとつを暗示していたように思えてなりません。
 それはもちろん、嬉し泣きではなかった。プロデューサーの意思で大きく変貌させられたスマイレージが、それまで自分が愛し、安住していた自分の居場所ではなくなってしまった・・・そんな涙に思われるのです。

 卒業を決断するに至った本当の理由については、本人がいつか告白でもしない限り、分からないままでしょう。
 公式発表の理由がまったくの作り話だとは思いませんが、理由のすべてではないことも確かでしょう。公式では5月に本人からの申し出があったということだけど、発表が8月になったという不可解。”卒業日”のたった3日前の発表というあまりにもぶっきらぼうな展開。その卒業ステージが、地方のストアイベントという哀愁。
 サキチィーの卒業には謎が多い・・・というか、円満なものではない、事務所側との不協和音が垣間見えるようで、それがまたぞろ悲しい。あんなに明るく、無邪気な子に何があったのか?

 それでも・・・やはり祈りましょう。普通の女の子になった紗季に幸あれ。


☆5 スマイレージに新メンバー加入

 上述のような悲哀がありつつも、新生スマイレージは誕生しました!

 8月のサブメンバーとしての合格発表、笑顔キャンペーンの試練、正式にスマイレージになれるか、それともエッグに落とされるかという緊張感をあえて与えつつ、一生懸命頑張った彼女たちに、10月、4人とも正規メンバー昇格という涙涙のご褒美。
 サディスティックなつんく♂氏の演出に翻弄された純真な少女たちがちょっとかわいそうでもありましたが(^^;、まぁそれも、芸能界でやっていく厳しさを教え、よりハイレベルでハイパワーなアイドルになってほしいという親心でしょう。

 物怖じせずに前に出るキャラが頼もしいタケちゃんと、ちょっとおとなしすぎるけど芯の強そうなりなぷーには、エッグの経験を生かしてブレイクしてほしい。
 関西弁の可愛さと面白キャラで力をつけてくれそうなかななん、人懐っこい笑顔とミュージカル女優として培った高いポテンシャルが武器のめぃめぃも、これからが大いに楽しみ。

 一年前には、ここまで変貌しようとは誰も想像できなかったけど、2012年はこの新生スマイレージでファンを魅了してほしいですね。


☆6 きっか ソロデビュー

 これもまた、すごいサプライズでした!去年の12月、他の数人と同様に、将来の道を示されないまま、エッグを”修了”した吉川友の行く末を案じていましたが、正月のハロコンで突然のオープニングアクト!?
 私は直接観ることはできませんでしたが、ソロ歌手として堂々と”オリジナル曲”を披露したというオドロキ。そして、そのオドロキも冷めやらぬうちに、あれよあれよと”ソロメジャーデビュー”しちゃった!

 他のエッグ修了メンが迷走する中で、きっかにはこんな花道が水面下で用意されていようとは・・・やってくれましたよ。しかも、そのデビューはアップフロントではなく、大手のユニバーサルミュージックというのもまたビックリ。
 きっかの瑞々しい歌声と歌唱力、表現力の高さはかなりのものですよ!この才能を埋もれさせることなく、ソロ歌手として開花させたスタッフの見識を賞賛したい。

 きっか、よくぞデビューしてくれました、と心から思ってます。そして今、きっかの歌に、心底ハマってます(^o^!
 もちろん、来る年のきっかの更なる飛躍に期待大。


☆7 ベリキューコラボコンサートで、中野の0列初体験

 ようやく、私的な事柄がランクイン(笑)。中野サンプラザという会場には何度も行きましたし、そこに「0列」という特殊な席があることも知ってはいましたが、自分には縁がないものと思って、特に意識することはありませんでした。
 しかし、2011年11月5日。ついにキターーー!!!
 実はちょっと行くのを迷っていたのですが、送られてきた青封筒の宛名シールを見て、こりゃ〜行くしかないっしょ〜!

 当日の夜公演はちょっと緊張気味でしたが(^^;、汗の輝きが肉眼で見え、息遣いさえ聴こえてきそうなほど近くで躍動するベリキューたちに夢中で飛び跳ね、はしゃいでいました。
 ちなみに、私の席は、実質3列目の左寄り、通路際でした。数年に一度くらい、こういうことがあってもいいよね、我が運命の女神さまっ!


☆8 Berryz工房&℃-ute 3年半ぶりのコラボコンサート

 2008年4月に行われた、初のベリキューコラボコンサート『仲良しバトルコンサート』は、私にとって特別なものでした。今にして思えば恥ずかしく、また惜しまれる話ですが(^^;、それまでBerryz工房や℃-uteの単独コンサートに一度も行ったことがなかったのでした。
 あの横浜アリーナでのスペシャルライブフェスティバルから、私のベリキュー情愛は本格化していくのです(^^;;;

 それ以来、またあのコラボがいつか実現しないかな〜と心のどこかで思っていましたが、今年、それが実現しました。だからこのコンサートには何か特別な想いを持って参戦しました。
 実際には、あのアリーナ公演のような、別格のお祭りというまでには至らず、ハロコンのベリキュー版という印象ではありましたが、それでも、ひとつのステージにベリキュー12人が勢ぞろいする夢の光景が目の前に展開する幸福に歓喜したのでした。
 特に、上述した0列の絶景まで味わえたのですから、2011年の特筆すべきライブ体験となりました。


☆9 ゲキハロ『戦国自衛隊』

 昨年の『三億円少女』で初体験し、感動に包み込まれた「劇団ゲキハロ」。今年、再び観覧できた第11回公演は、ベリキューシャッフルで2組に別れ、2種類の公演を交互に上演するというものでした。
 2公演とも観ましたが、いや〜やってくれますね〜。ホントに彼女たちの才能・・・あるいは、なんでも挑戦し、それをやり遂げてしまう心の強さと努力に感服します。
 もちろん、感動もいただきました。特に愛理ちゃん。普段のホワ〜っとした彼女とはおよそ真逆の役柄。強く凛々しく、時に激しく、信念を持って行動し、仲間を全力で守ろうとする自衛官。そういう自分とはまったく異なる人物を演じる、演じられるということは、その表現力の豊かさを物語るものでしょう。
 まったくもって、ベリキューたちの底知れぬポテンシャルを魅せつけられた公演でした。


☆10 ℃-ute&スマイレージ 初のコラボコンサート

 2011年はもうひとつ、コラボレーションライブツアーがありました。それは、℃-uteとスマイレージの競演という大胆なもの(^^。実力伯仲のベリキューと違い、先達者とデビュー2年目の若手ユニットとのコラボはどんなふうになるか、興味の引かれる公演でした。
 震災の影響もあり、私が参戦したのは6月下旬の追加公演でしたが、それだけに、4月のものよりは成長があったのかな?(^^;℃-uteの子たちがスマメンと一緒に、スマイレージナンバーを歌うなど、レアなステージを観られて楽しかった。
 まぁ、この2組がコラボすれば、その実力差を如実に感じるのも無理からぬことです。スマももちろん、ハツラツと躍動していましたが、℃-uteのパフォーマンス力の高さをいや増しに感じられたのが印象的でもありました。
 それだけに、スマイレージにとっても今後につながる、いい経験になったコンサートだと思いますよ。


☆11 モベキマス 巨大ユニットのアピール

 こうしてみると、2011年はハロプロのコラボ企画が多かったですね。これもそのひとつ。というか、今現在のハロプロにおける、究極のコラボと言えましょう。
 7年前のH.P.オールスターズ以来となる、ハロプロメンバー総参加の巨大ユニット活動が行われました。これは、新メンバーも入り、新しい息吹が芽生えてきたハロプロの存在を、ここらで一発、世間にアピールしてやろう、そして、アイドル戦国時代の中に老舗アイドル集団として、堂々の宣戦布告をしよう、という意図と私は受け止めました。
 そのハロプロ総出のユニットが歌う曲が、『ALL FOR・・・』のようなスケールの大きなメッセージソングでなかったのはちょっとどうかとも思いましたが、28人の女の子たち(MV撮影時点)が統率の取れたダンスで歌い踊る光景は迫力あります。
 ただ、そのMVでは、前に出てソロパートを歌い、アップで映って目立つ子と、そうでない子との差が非常に大きく、心から満足できる映像でなかったのが残念。特に、目立ってない子を推しメンとするファンにとっては、ヤキモキするものでしたでしょう。
 一方では、その主目的と思われる、音楽番組に比較的多く出演し、ハロー!プロジェクトをアピールできたのは良かったと思います。成果があったかどうかはわかりませんが(^_^;;;
 また、この企画によって、ハロプロ内のユニットを超えた交流が図られたことは、多数の新人が入った中で、大きな意義があったと感じました。


☆12 モーニング娘。に、10期メンバー加入

 これはまったくの私情ですが(^^;、9期加入に比べて10期加入の順位がかなり低いのは、ひとつには、入ってまだ3ヶ月で、10期メンたちのキャラがほとんど見えていなくて、印象が薄いことと、もうひとつは、9期ほどの”奇跡感”がないことが要因です。
 まず、一年のうちに、新メンバーが8人も入るということ自体、モーニング娘。史上、前代未聞の大変貌をもたらす出来事です。それだけに、ちょっと性急に、いっぺんに大勢を加入させすぎじゃないかという憂いを禁じえないのでした。
 去年までの、成熟度の高いハイパフォーマンスな娘。から、一年足らずであまりの変わりよう。いい意味ではフレッシュに若返ったということになりますが、ユニットとしてのパフォーマンス力は去年と比べて大きく後退したといわざるを得ない。
 まるで4年間停滞していた分の変化を一度に起こそうとするような、あまりに急激な変容・・・。つんく♂氏得意の直感が、はたして吉と出るかどうか・・・それは、このたどたどしい10期メンの頑張りにかかっているといっても過言ではないでしょう。
 9期メンがそれぞれの特長をすぐに表し始めたのに比べて、10期の”素人っぽさ”がちょっと心配にもなりますが、私的には、初の宮城県出身メンバー、ダンスの得意な石田亜佑美ちゃんに特に期待したい!


☆13 Buono! 待望のニューアルバムで新境地?

 私のハロプロ一推しユニット、最強Buono!の待望のニューアルバム「partenza」が発売されました。
 一年半ぶりのアルバムでしたが、期待したフルではなく、ミニアルバム。そして・・・、その収録楽曲は、一瞬固まるほど意外なものでした(^_^;;
 いわゆるBuono!のイメージとはまるで違う、ロックテイストというわけでなく、可愛いアイドル曲でもなく・・・なんとも異質な感じ。最初に聴いたときは、Buono!の音楽性が方向転換したのかと本気で不安になってしまいました。
 あくまで”派生ユニット”であるBuono!は、そのくらい危うい存在に思えるのです。そんな想いが杞憂であるくらい、人気、実力、CDリリース&ライブ開催数の実績で、ハロプロのメジャーユニットとして確固たる地位を築いているんですけどね(^^;
 ただ、収穫ももちろんありました。ロックのカバー曲のスタンダードのひとつと言ってもいい『1/3の純情な感情』をBuono!がカバーした意義は大きい。アイドルロックユニットとしての幅を広げて魅せました。また、3人のメイン曲も、それぞれの個性を見事に表現していて、それ自体は秀逸。
 特に愛理の『My alright sky』は、彼女の磨かれた歌唱力と相まって、胸に沁みる名バラードです。さらに、そのアルバムを引っさげての「Rock'n Buono! 4」でのハモリを入れたライブパフォーマンスはスバラシイの一言!雅のセクシーステージにも目が釘付け!
 とにかく、アルバムが出たというだけで嬉しいのは事実です。私的には、これはミニアルバムならではの”実験的嗜好品”と受け止めています。
 来年1月発売の新曲もすごくいいし、次のフルアルバムがますます楽しみです(^−^。


☆14 愛ちゃん卒業で、5期メン集結

 直接、会場でその光景を目の当たりにしていたら、このトピックはもっと上位だったでしょう。残念ながら、それを見る機会には恵まれませんでした。
 それでも、テレビ東京のアナウンサーとなったこんこん、よくわからないけれどソロ活動をしている(^^;麻琴の2人が、愛ちゃん&ガキさんと並んでステージに立つ姿なんて、もう観ることはないと思っていたので、これは特筆すべき出来事です。
 正確には卒業公演の一日前でしたが、愛ちゃん卒業という特別な時空で、そんな夢のような光景が実現しました。一緒に歌いこそしなかったものの、この4人が満面の笑みで寄り添いあい、同期の深い絆を見せてくれたのは、なんと麗しいことか!
 これからは、4人ともそれぞれ活躍の場は違うけれど、その絆は生涯変わらないと信じられる・・・そんな一夜の饗宴でした。


☆15 ドリームモーニング娘。結成

 最初に知ったときは、あくまでコーヒーのCMのための、短期限定の企画モノだと思ってました。なんと、モーニング娘。OGが集まって、ユニットを”再結成”!
 春に結成した当時は、三十路は二人でしたが、アラサーの方々が少なからずいることもあり、そんな本格的な活動はないかな、と高をくくっていましたが、その後、驚愕の展開が(^^
 『アフタヌーンコーヒー』なるCMソングを歌ったかと思えば、その勢いでライブツアーまで敢行。その時は目にする機会はありませんでしたが、さらに驚いたことには、春ツアーが終わった時点で、秋ツアーも決定!
 その秋ツアーの最終公演が仙台で行われたので参戦しましたが、いや〜その本格度、往年の娘。の名曲を次々に披露する迫力のステージに興奮!まったく衰えなど感じさせない躍動感はさすがです。
 特に、この時点で三十路に突入していたなっちが、私の知ってるなっちのまま、まったく変わらず、ハツラツと輝き、陽気におどけてみせたりする姿に感激しました。また、裕ちゃんやかおりん、よっすぃ〜たちの歌い踊る姿を再び観られたのも幸せを感じましたね。
 さら〜に・・・これで終わりではなかった!なんと、来年にはドリームとしての新曲が発売され、なおかつ、武道館ライブまで決定と、なんなんだ、この勢いは〜!と叫びたいほどの大活躍。
 これはもしかしたら、再結成で再ブレイクしちゃうのか!?


☆16 イラドル”ももち” 開眼

 ハロプロ所属のアイドルでありながら、その独特のキャラクターを買われて、一人ピンでバラエティ番組に出まくっている道重さゆみちゃんの活躍は目を瞠るものがありましたが、2011年、ついにそれに続く者が現れた!
 その名は嗣永桃子。自称”ももち”(笑)。その徹底したナルシスト&ブリッ子な言動と、「許してニャン」という、これまたブリブリな言葉&仕草を無理やり流行らそうという姿が、見るものをイラッとさせるということで、現役アイドルとは思えない、芸人並みのイジラレキャラを獲得!
 しかも、そのイラつかせるキャラをポジティブに利用し、「イラドル」などと自ら称して、バラエティ界にピンで売り出そうとする強心臓ぶりはまことにお見事!これぞ、”嗣永プロ”の本領発揮!!
 その出世のきっかけとなった「めちゃイケ」では、加藤氏に足蹴にされたり、粉まみれで引きずられたりしながら、それをむしろアピールとし、自ら楽しんでいる・・・まさしく”芸人魂”は圧巻でさえあります。ハロプロ内に・・・いや、アイドル界に、これほどの異端児が潜んでいたとは驚愕!
 さてさて、2012年は、さゆに続く、”ももちブレイク”の旋風が巻き起こるか?新たな楽しみが増えました(^−^)。


☆17 キャプテン ソロ写真集&DVDリリース

 ベリキューでただ一人、ソロ商品の発売がなかった我らがキャプテン、清水佐紀ちゃんが今年、ついに待望のソロ写真集とソロDVDをリリースしました!
 これはめでたい!私も待ち焦がれておりました。ベリキュー一番の年長者が最後まで出してなかったので、もしかしたら佐紀ちゃんは水着姿を見せたくないのかな?なんてことまで想像したりしてました(^^;
 でも、リリースしてみれば、大胆なビキニ姿を惜しげもなく披露。そしてその内容は・・・とろけるほどに可愛い〜〜〜(*^−^*)/ 満を持した18歳(撮影当時)の輝き、ですね〜。
 ヘンなことを言って恐縮ですが、だからこそ、今の佐紀ちゃんの、長い&染めた髪、濃い目のメイク、にはちょっと抵抗が・・・。やはり、この写真の頃の、ピュアな佐紀ちゃんでいてほしい・・・と、これはわがままかな?


☆18 ちっさーソロライブ開催

 ここ数年、歌唱力に格段の磨きがかかり、魅力的な歌手に成長した千聖。それはファンみんなが認知するところであり、さらに「ハロカバ」で松浦さんの曲などを見事に歌唱し、加えてYouTubeでは、そのダンスパフォーマンスで世界を魅了したちっさーへの関心はいや増しに高まっていました。
 その勢いで、今年2月、な、なんと、岡井千聖のソロライブ開催!これにはビックリ仰天です。そのライブを体験できていたなら、このトピックはずっと上位だったでしょう。
 その姿はDVDで観るしかありませんが、とにかく、FC限定企画モノとはいえ、ソロでライブを開いちゃうというのは、それほど彼女の歌唱が魅力的なものであり、ファンの人気・期待感も非常に高いことの証ですね。
 ただ、ちっさーのソロライブというのは、やはりFCの企画の域を出ないものと思われるので、私的には複雑な心境(^^;。これからは、愛理のように、℃-uteのコンサートなどで、ソロで歌う機会が増えればいいな、と思います。


☆19 ”女優”愛理

 去年あたりから、ハロプロメンバーが出演するドラマ、映画、DVDムービーなどが登場してきましたが、今年はその勢いが加速し、これでもかというほどの女優攻勢が続出しました。
 中でも、鈴木愛理ちゃんの活躍は目を瞠るほどでした。映画・ドラマでは「携帯彼女」、「ヴァンパイア・ストーリーズ BROTHERS」、「王様ゲーム」、「ゴメンナサイ」と驚異の連続攻撃!加えて、「リアルエチュード」や「ゲキハロ」の舞台でも主役を熱演!
 去年のインタビューであいりんは「自分の壁を越えたい。新しい自分を魅せたい」というようなことを語っていましたが、まさに2011年は”女優”としての境地を開眼させたと言っていいんじゃないでしょうか。
 歌はもちろんのこと、演技という世界でも、表現者としての豊かな才能を遺憾なく発揮し、ファンを魅了する愛理は、なにか畏怖のようなものさえ感じさせます。
 一体この子は、どこまで大きな存在になりえるのか!?これからも目が離せません。


☆20 ”女優”れいな

 2011年、同じく演技という新境地を開眼させた子として、田中れいなちゃんを挙げたい。これまでも、娘。ミュージカルなどで、気負わない、しかし力強い演技を魅せていましたが、今年の”女優活動”は特に顕著でした。
 DVD作品として「ヴァンパイア・ストーリーズ CHASERS」の主役、舞台でも「ゲキハロ10回公演 ハイカラ探偵王・・・」、「リボーン・・・」と続けて主役、または主役級の活躍。
 特に「リボーン・・・」では、ケガのため出演できなくなった愛佳の代役として出たにもかかわらず、映画・音楽主体の文化評論家、阿部十三氏をして「鳥肌が立った。誇張ではなく、こんな歌をずっと聴いていたい、という感情を今年初めて味わった。・・・あれは田中の歌唱力と高音と度胸がなければ成立しない」とまで言わしめたほどのハイパフォーマンスを披露したというからすごい!
 しつこいようですが(^^;、これもナマで舞台を観ることができていたら、ずっと上位にランクしたでしょう。これまた残念ながら、DVDに頼るしかありません。
 それでも、このれいなのクオリティが来年はさらに輝くことを、そしてそれを目の当たりにする機会に恵まれることを、ぜひ期待したい!



※さて、10大ニュースと言いながら20も挙げておいて、さらに次点というのもヘンかもしれませんが、あと3つほど記しておきたく思います。


★ ふーちゃんの離脱

 8月、スマイレージのサブメンバーとして、オーディションに見事合格した小数賀芙由香ちゃんでしたが、それも束の間、9月の初めには病気療養のためにスマイレージからの脱退が発表されました。
 長期の休養、そこから復帰してもハロプロエッグとしてのスタート、ということで、スマイレージに復帰できるかどうかは微妙。でも、子役としての実績もある子ですから、どういう形にせよ、いい方向にいってほしいですね。
 短い期間ながら、初期メンも含めたメンバーとも打ち解けていたようで、9月のスマイレージ単独コンサートでも、リーダーあやちょがMCで、「ふーちゃんの分まで7人でがんばります」というようなことを言っていたのが印象的でした。
 また、「ハロプロTIME」の映像によると、離脱が決まった時、めぃめぃに「私の分までがんばって」みたいな、泣きながら想いを託している場面があり、彼女のスマイレージ愛を感じました。


★ Buono!真夏のライブで2days4公演

 私的なことではありますが、毎年恒例となりました真夏のBuono!ライブに今年も参戦。しかも、横浜BLITZの2日間4公演をすべて制覇。それも、苦手なライブハウスで(^^;;;
 まぁ、こんなことはコアなファンなら当たり前で、何をいまさら、そんなことをニュースにしてんの?って感じでしょうけれど、若くはない私にとってはこれほどの濃密なライブ参戦、しかもBuono!という熱いロックステージを灼熱の季節にこれほど味わいつくすことは特筆すべき出来事なのでした。
 さすがに肉体的には結構キツイですが、もちろんライブ中はそんなことは微塵も感じず、まさにLIVE=生きている実感を満喫できた2日間でした(^o^!


★ 春の仙台公演 中止

 3月の大震災のため、Berryz工房とモーニング娘。の春ツアーで予定されていた仙台公演が中止になってしまいました(;_;
 特にベリは、3月12日が仙台公演の日でした。その前日、用意を済ませ、翌日のコンサートにウキウキしていたところに、あの未曾有の地震が・・・。
 揺れが収まり、足の踏み場なくモノが散乱した部屋にたたずみ、真っ先に思ったのは、「あー、明日のコンサートは中止かな?」でした。そんなことがついこのあいだのことのように思い出されます。
 4月の娘。公演も、会場が損壊したため中止。自然災害のためにコンサートができなくなり、確保していたチケットが払い戻しになるなんて経験をしようとは思ってもいなかったので、とても残念でした。
 娘。はなんとか中野公演に行けましたが、ベリは結局行けずじまい。2011年の苦い思い出です。



 こんなところでしょうか。

 繰り返しになりますが、2011年はハロー!プロジェクトにとっても、ホントに激動の一年でした。あまりにも衝撃的・印象的なニュースがありすぎ。そのために、普通ならトップ10に入るようなトピックが下位に甘んじたりして、自分でも違和感を感じるような順位付けでございました。
 来る2012年は、平穏で、さらに楽しく、いい意味で躍動の年であってほしい。ハロプロにおいても、それ以外においても、切にそう願います。


 さて、2012年のトピックと言えば、やはり、新人を一気に8人も加え、愛ちゃんという大エースが卒業して大変貌を遂げた”超新生モーニング娘。”ですね!一気にフレッシュになり、でもその分、パフォーマンス力の低下は免れない旗艦ユニットが、どんなふうに再構成を果たしてみせるか、ファンとして刮目していきたい。

 同様に、ゆうかりんまで抜けて、これまた大変貌となった”新生スマイレージ”がいかに再構築され、なおかつ成長していくか、大いに注目です。

 来年も(できうる範囲で)ハロー!プロジェクトを楽しんでまいりましょう(^−^!

 


posted by 麗夢 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月30日

Hello!Project ☆ My Favorite Songs 2011

 激震に揺れた2011年も年の瀬を迎えました。あまりに衝撃の出来事が続いたためのベルグソン時間の幻惑も加味されて、今年はまさに光陰矢のごとし、月日の経つのも夢のうち、の想いがいや増しに強く感じられるのでございます。

 さて、この企画も4回目となりました。「今年のハロプロソングで、自分が特に気に入った、特に好きな曲・印象に残った曲を挙げてみよう」という、”楽曲というサイドでの私的ハロプロ総括”です。

 楽曲の対象は、
「2011年にリリースされた、ハロー!プロジェクト所属アーティストの楽曲」(一部例外あり)
です。シングル曲はもちろん、そのカップリング曲、そして、アルバム収録曲も含みます。


 では、アーティスト別にいってみましょう。



☆モーニング娘。

まじですかスカ!

・・・今年のモーニング娘。のファーストナンバーにして、精鋭9期のデビューシングル。明るくて楽しく、はじける楽曲はフレッシュ中学生メンバーを迎えた新生娘。にふさわしい!いきなりAパートで新人4人のパート割り歌唱があるのもグッド!MVのカラフルな楽しさとフクちゃんの可愛さがインパクト大(^^。

Only You

・・・と思ったら、今年2枚目のシングル、つまり9期にとって2作目でいきなりこのハイレベル曲を持ってくるあたりが、つんく♂Pの容赦のないところ(^^;。さすがに新人のパート割がほとんどない中、早くもエース候補と認知された鞘師里保のソロパートが目立ちます。そして、愛&れいなの歌唱力のすごさが際立つ作品。特に、愛ちゃん後の大エース、れいなの胸に迫るような歌唱はすさまじい。

自信持って 夢を持って 飛び立つから

・・・そして、この一曲を挙げないわけにはいかない!モーニング娘。の高橋愛としての最後のソロ曲。それは、新たな世界に挑戦していく愛ちゃん自身の強い決意の宣言でもあり、また彼女自身への応援歌でもある、まさに愛ちゃんの10年間の集大成と言っても過言ではない名曲です。その力強く、自らの未来へ発信する歌声は聴く者を圧倒します。高橋愛という思い出とともに忘れがたい歌になりました。

Give me 愛

・・・リーダー高橋愛最後の、そして9期メンにとって初めてのアルバム「12,スマート」がリリースされました。これまたいい曲がそろってますが、”愛体制娘。”の特長が最も色濃く感じられるということでこの曲を選びます。それは2010年レベルの最高クオリティのテイストを引き継ぐという意味で。それだけに鞘師のソロパートが幼すぎるのが若干気になるけど(^^;、愛&れいなの迫力はやはりすごい!

シルバーの腕時計

・・・アルバム曲から、今やハロプロのNo.1エースと言っていい田中れいなと新生娘。期待の次期エース鞘師里保のツインボーカルという異色曲。中1にしてはよく歌ってると褒めたいですが、いかんせんこんなオトナっぽいメロウな曲を歌うには声が幼すぎるりほりほ(^^;。対比して、れいなの圧倒的な歌唱力は感動的ですらあります。歌うたびに上手さ・凄みを増していく感じ。中間のラップもいいスパイスとして曲にアクセントを添えていて印象的です。

この愛を重ねて

・・・さらにアルバムからもう一曲。女優としても一級品の表現力を持つ二人、愛ちゃん&ガキさんの歌唱の妙をじっくり味わえるバラード。ホントにこの組合せは”安心のクオリティ”ですね。それは表現力の高さのみならず、同期として深い絆で結ばれた二人だからこその、絶妙な呼吸みたいなものがあるからだと感じられます。今となっては、別々の道を行くことになった二つの翼のこれからを思わずには聴けません。



☆Berryz工房

ヒロインになろうか!

・・・今年は「イナイレ」の枠から解き放たれ、”Berryz工房らしい”楽曲がそろいましたね。その今年第一弾シングルは、強気な女の子を重量感あるメロディで歌う、いかにもBerryzっぽい一曲でとてもいい感じ(^^。こういう曲での梨沙子&雅の安定した歌唱は聴きごたえ充分。前作あたりからかなり目立ってきたくまいちょのボーカルも印象的ですね。ハイビートのアレンジも心地よい。

愛の弾丸

・・・これは逆にBerryzとしては珍しいといえるかもしれない、スピード感あふれるロックビートなナンバー。これまた情熱的な女の子を描いてます。雅&桃子の”Buono!声”が特にいい(^^。ロックテイストのギターアレンジもすばらしい。曲の疾走感に合わせた真っ赤なライダースーツのジャケット&MV衣装もインパクトありました。

一丁目ロック!

・・・今年のBerryz工房のアルバム「F Berryzタイムス」より。このアルバムは、前作の6枚目の充実度に比べると私的にはちょっと単調かな、と思ったり。曲調はバラエティ豊かで面白いのですが、なんというか曲の世界観が単調な感じ?そんな中で、断トツの存在感を放つのがこの曲です。前半の昂揚感と後半の縦ノリの盛り上がりが秀逸。ライブでノリノリになれる曲がまたひとつ生まれたのが嬉しい。

単純すぎなの私・・・

・・・2011年は、歌に芝居にコンサートに、ベリキューがコラボする機会が多かったですね。その歌のコラボとしてベリキューでリリースされた『甘酸っぱい春にサクラサク』のBerryz版カップリング曲がこれ。ベリキューコラボコンサートで初めて聴いて、その場で気に入ったくらい、いい曲です!最近の大人びたBerryz楽曲において、こういう可愛い系はとても貴重(^^;。ホンワカしたまろやかなメロディが陽だまりのように包み込みます。



☆℃-ute

Kiss me 愛してる

・・・今のハロプロで、グループとしての歌唱およびダンスのクオリティの高さ、チームワークのよさでトップを行く℃-uteの実力を遺憾なく発揮したハイインパクトな曲です。情念的な歌詞をアップビートに乗せて歌う、つんく♂お得意の歌。特にサビの印象的なリフレインは彼のひらめきを感じますし、℃-uteたちにとっても面白い一曲だと思います。

桃色スパークリング

・・・春のツアーで初めて聴いて、一発で好きになった曲!ライブで観たので、真っ先にそのダンスの可愛らしさにヤラレました。MVを観てさらにメロメロ(*^o^*)。もちろん、タイトルに違わず、可愛い歌です。今年の℃-uteナンバーの一番のお気に入り!私のイメージとして、やはり℃-uteはこういう可愛い系こそ本道。これからみんなオトナに近づいていくけど、このキュートさはいつまでも大切に持ち続けてほしいですね〜。

超WONDERFUL!

・・・今年の℃-uteのアルバム「超WONDERFUL! 6」よりタイトルチューン。4枚目同様、一曲目にいきなり強烈なインパクトを持ってくるあたりは心憎い。じっくり聴いても、ライブで観ても、無条件で楽しくなれる。これまた、春のようにウキウキする℃-uteらしい曲です。

Midnight Temptation

・・・同じアルバムから、一転して情熱的な激しい曲。歌詞、メロディ、アレンジとも秀逸で、かつ℃-uteの力量をたっぷり味わえる名曲です。特にサビ前のワンフレーズの迫力はすばらしい!舞美、愛理はもちろんのこと、めっきり歌唱力を高めてきた千聖の歌声が特に胸に残ります。

別れたくない...

・・・そのちっさーの歌唱力を堪能できる、千聖メイン曲がこのアルバムに登場!せっかくだから千聖ソロでも良かったのに・・・と本気で思わせるくらい、彼女の瑞々しい歌声が冴えわたる逸品。タイトルどおり、物憂い失恋の歌ですが、普段の千聖のキャラとのGAPに胸が騒ぐほど、メロウな表現力もお見事です。このちっさーの成長は嬉しい限りですね〜。

嫌いで嫌いで嫌い

・・・上述しました『甘酸っぱい春にサクラサク』の℃-ute版カップリング曲です。これがまたいい!これもベリキューコラボコンサートで初めて聴いて、その場で気に入りました。すごいタイトルですが、いわゆるツンデレな心情を歌ってます。特に後半の、誰もが共感できるような心に響く歌詞と、胸に訴えるようなメロディがすばらしい。℃-uteの表現力の高さが際立ちます。



☆真野恵里菜

青春のセレナーデ

・・・今年のまのえりは、仮面ライダーになっちゃうなど女優方面は変わらずの活躍でしたが、歌のほうはおとなしかった。リリースはシングル2枚のみ。でも、その2曲とも良曲!この曲も青春をテーマにしたハジケ系ソング。キャッチーなメロディはライブでもノリノリです。中間には「おとこのこぉ〜、イェーイ」みたいな煽りのようなところまであり、最近の真野ちゃんのライトポップ路線を象徴する逸品ですね。

My Days for You

・・・歌にもだいぶ自信をつけ、堂々と歌声を披露するようになった真野ちゃんが、感謝の気持ちを込めたというこの曲は、彼女の持つ爽やかさ、そして歌やアイドル活動に対するまっすぐな気持ちが感じられてステキです。優しく、やわらかな空気に包まれるような温かみがありますし、それを表現できるようになった真野ちゃんの成長も感じさせてくれました。



☆スマイレージ

ショートカット

・・・今年第一弾のシングル曲は、そのあまりの可愛さ、アイドルの王道ぶりが感動的ですらありました。まさに絶品!こんな曲を作れるP氏は天才だと心底思ったものです。言葉では上手く言い表せません(^^;。曲のタイトルに合わせて、メンバー全員がショートカットにしたのもオドロキましたね。ショートが好みの私には、あやちょやゆうかりんのショートヘアがまた超萌えでした(^−^!

パン屋さんのアルバイト

・・・『ショートカット』のカップリングもまた絶品!とにかく、歌詞のストーリーもメロディも歌声も、何もかも可愛い(^o^!これも言葉じゃ表現できない。つんく♂氏がグループによって楽曲のイメージや作り方を使い分けて差別化を図っていることは明白ですが、やはり”スマイレージのフィールド”が彼の才能に一番適合してるとしか思えません。

初恋の貴方へ

・・・アルバムがなかった今年のスマイレージは、発売したシングル&カップリングのすべてがお気に入りと言っていいのですが、その中で異彩を放つのがこの一曲。失恋ではなく恋愛の切なさを綴ったメロウな歌詞に、90年代アイドルを思わせる切なげなメロディが見事な逸品。秋の単独ツアーでナマで聴いたのがとても印象的でした。その時はもうオリジナルメンバーじゃなかったけど、サビの最後を見事に歌っためぃめぃがすごく良かった!

タチアガール

・・・勇気や元気をもらった、ということで、この曲をぜひ挙げておきたい。紗季卒業&サブメン加入後の最初のシングルは、紗季を失って悲しむファンを、同じ悲しみを背負い、そして大きな変革を迫られ戸惑いの中にあるスマイレージ自身を、さらには震災で傷ついた日本をも、励まし、元気づけ、鼓舞するような力強い歌。「落ち込んでちゃいられない 即行私はタチアガール こんなとこで負けなんて認めない」。なんてポジティブ!アイドルの歌から大切なことを教わりました。
 さらに、ゆうかりん自身も好きだと言うフレーズ、「怖いけど 自分で決めなきゃ 私の進路だもん」は、その後に卒業を決断した彼女の心を暗示していたようです。



☆Buono!

JUICY HE@RT

・・・丸一年ものブランクを経てリリースされた待望の11枚目シングルが、Buono!史上最強のロックバリバリナンバー3曲入りだったのに狂喜したのもずいぶん前のことのように思えます(^^;。その中でも特に、直後のツアーで最高の盛り上がりと感動をくれたこの曲。その激しいまでの疾走感と3人が目いっぱい頑張ったロックボーカルは、”ロックアイドル”という可能性を大きく広げてくれたと思います。Most favorite song of Buono! 2011!

Ice Mermaid

・・・あくまで好みとイメージの問題ですが、12枚目シングルはあまりにも対照的。え、これBuono!の歌?というのが正直な気持ち(^_^;;;。それを救ったのがこのカップリング曲。Aパートのアラビア風なメロが異色ですが、Bからサビにかけての、拳を突き上げるようなパワフルさに揺さぶられます。雅のロック声もステキだし、桃、愛理もそれぞれの声力を発揮し、Buono!ならではのクオリティを味わわせてくれます。

My alright sky

・・・今年のBuono!はフルアルバムがなく、やっと出たミニアルバム「partenza」は、あれ、Buono!どうしちゃったの?という不安を覚えるものでした(^_^;;;。ただその中で、胸に染み入るこの名曲は、ロックグループが歌うしっとりバラード、というだけでなく、今までになかった”シンガー鈴木愛理”の新たな世界を開拓して魅せたという記念碑的作品です。あいりんの歌唱力・表現力をもってして成功できたチャレンジだし、その才能・可能性の大きさを明示してみせた逸品。



★吉川友

きっかけはYOU!

・・・2011年、エッグから見事なソロデビューを果たしたきっか。でも、なぜかハロプロ所属ではないため、ここで取り上げるのは亜流になりますが、しかし・・・挙げずにはいられない!なぜなら、あまりにもすばらしいから!!ここで挙げる曲を迷うくらいですが、まずはこのデビューシングル。フレッシュで元気いっぱいのきっかの歌声を最大限に生かすような楽曲で、まさにデビューにふさわしい快作に恵まれました。はじけるようなサビがキャッチーで印象強いですね。

さよなら涙

・・・今年新春のハロコンのオープニングアクトで最初に歌った曲。つまり、これこそがきっかの”ソロお披露目曲”です。これは対照的に、切ない歌ですが、同時に美しい歌です。こういう歌も自分のものとして歌えるきっかの表現力の豊かさは見事です。正式デビュー前のお披露目でこういう歌を与えられたことも、彼女のポテンシャルの高さを物語りますね。

ハピラピ〜Sunrise〜

・・・キターーー!超名曲!はっきり言いまして、これぞ、私にとっての2011年最高の一曲!夏のハロコンのオープニングアクトで初めて聴いて、そのあまりの素晴らしさに一気に高揚したのでした。それ以来、何回聴いたかわかりませんが、聴くたびに爽やかでいい気分になれる、すばらしい逸品です。吉川友という逸材のキャラクター、歌声、表現力・・・その特長を高次元に結晶させた楽曲といえましょう。

水色

・・・ホントに幅広い表現力を持つきっかは、ロックを歌わせても良し!一番のロックナンバー『CANDY POP』の凄みも特筆モノですが、楽曲のお気に入り度(^^;でこの曲を挙げます。さながら初期のBuono!のような、アイドルの可愛らしさとロックテイストの絶妙な溶け合いがとても心地よい(^^d。そう、聴いてて気持ちのいい歌を歌う歌手、それがきっかです。






◎総評

 まず、毎年言ってて恐縮ですが、今年もハロプロの楽曲すべてをじっくり聴き込んだとは言いがたい状況でした(^^;アルバムやシングルさえも買えてないものが多くあり、ネットの助けを借りるという姑息な手段を駆使せざるを得なかったのは反省点です。
 CD低迷と言われる昨今、やはりファンとして、CD売り上げという面でもハロプロに貢献したいものでございます(^−^;

 さて、そうは言いながらも、今年もたくさんのステキな曲に出会えました。ハロプロは心のオアシスであり続けてくれます。

 まず、昨年のこの企画で、2011年の最大の関心事として挙げた、若き新メンバーを迎えたモーニング娘。の楽曲の方向性ですが、さすがに2010年のアダルトな女性ボーカル路線から、少しアイドルらしさに回帰した感があったのは、メンバー構成を考えたプロデュースとしてよかったと思います。まだまだ未熟な9期メンですから、去年までの成熟したレベルからアイドルらしさへとベクトルを変え、じっくり育ってほしいところです。
 そんな中で、シングル、アルバムを通して、高橋愛と田中れいなの際立った歌唱力が輝いてました。まさにこの二人が、今年の娘。ソングの要でしたね。特にれいなは、以前からエースの一角でしたが、10代の頃のキンキンとした尖がったところがだいぶ丸くなり、その分、深みのある表現力と包容力が感じられるようになりました。歌手としてのこれからが非常に期待されます。
 一方で、こうして一年間の楽曲を振り返ってみると、やはり愛ちゃんの存在感は飛びぬけていて、彼女こそが娘。楽曲の支柱であり中心核であることを改めて思わされるのですが、それだけに、その高橋愛を失うということの重大さがいや増しに迫ってくるわけです。彼女抜きで、今までの曲はどうなるのか?どう変わっていくのか?
 「私のパートを他の誰かが歌うのはむしろ楽しみ。それでその曲のイメージが変わっても、それはそれでいい」みたいな発言を愛ちゃんはしていましたが、誰が歌うにしても、どう変わるにしても、その曲を色褪せさせないことが、彼女の意思を引き継ぐ現娘。たちの重要な責任であり、また矜持でもありましょう。
 さらには、より未熟で(いまのところ)キャラのつかみどころのない(笑)10期メンが、歌の面でどう関わり、どういう才覚を発現させ、どう成長していくか、ハラハラしながら見守ることになりそうですね。

 Berryz工房は、上述しましたように、アニメタイアップから解放されたことで、本来のBerryzらしい、と思えるシングルが多くてよかったです。
 固定メンバー7人がみんな成長し、娘。以上の平均年齢となり、ハロプロでも”お姉さんチーム”になったわけですが、それにあわせて楽曲も、『リゾナント・・・』以降の娘。のように、アイドルレベルを超えた本格派女性ボーカルユニットの方向性を見せたのが今年の特徴でした。プロデュースの妙というものでしょう。
 歌唱の面では、3大ボーカリストが健在なのに加え、以前から第4ボーカルの地位にあった熊井ちゃんがメインパートを任される場面が目立ち、パート割、そしてダンスフォーメーションにおいても目を引く存在になったのが印象的でした。

 ℃-uteは歌にダンスに、いつもどおりの、いえ、より成長したハイクオリティを魅せてくれました。特に『桃色・・・』や『世界一・・・』など、昨年の℃-uteがちょっと抑えていた”アイドル満開”なテイストが復活したのがとても嬉しいところでした。この、文字通りの”キュート”さこそ、℃-uteの真髄だと改めて感じた一年でした。
 また、アルバム曲も含めて、千聖の歌唱力にさらに磨きがかかったもの見事。18歳になる来年あたり、いよいよメインボーカルとして売り出してもいいのではないでしょうか(^−^。もちろん、愛理の別格感はまだまだ続きますが。

 真野ちゃんやスマイレージにはアルバムリリースがありませんでしたが、シングル曲はすばらしい逸品がそろいました。まのえりの2曲は去年から続く”元気ハジケ系路線”を継承するものと、しっとり聴かせるバラードの対比が鮮烈。歌手として自信を持って歌っている姿に成長を感じます。

 そして2011年、つんく♂大将の才能が最もあふれていたのがスマイレージでした。おとといリリースの新曲を含めて5枚のシングルをリリース。そのタイトル曲もカップリングもみんな名曲ぞろい。これぞアイドルポップの王道のオンパレード!これはすごい。実はつんく♂氏の一番得意な分野は、こういうアイドルらしい可愛い曲なんじゃないでしょうか。思えば、Berryzの初期の頃も名曲の乱れ打ちだったし(^^。
 今年のスマイレージ曲はまさに神がかり!スマの曲を書くときのつんく♂には神が降りてきているに違いない!

 Buono!には今年もハラハラさせられました。一年ものブランクを経て、ようやく11枚目のシングルがリリースされた時は感激でした。しかも、上述のように、収録された3曲が見事なロックテイストで、オトナになったBuono!のこれからの方向性を大いに期待しました。
 が・・・、半年後、続く12枚目シングルと、フルではなくミニの形で発売されたアルバムは不安を煽るものでした。アニメというタイアップを失い、アップに帰属されたことで、Buono!の最大の強みであった自由度が制約され、迷走してしまうのか、と。一つひとつの曲自体はいいんですよ。ただ全体としてBuono!のコンセプトを逸脱しているという意味で。これらは私の中では、”実験的な要素を含んだ番外版”と受け止めるしかない。
 3人それぞれの特長を生かしたソロ曲はどれも聴き応えがあって面白いし、初挑戦したロックの名曲のカバーも実に新鮮で秀逸でしたし、このミニアルバムの収穫ももちろんありました。ただ、これからのBuono!の方向性が・・・。これが”派生ユニット”の危うい宿命か・・・。
 などと気を揉んでいたのですが、年末になって公開された13枚目の両A面シングルでその心配は解消!来年も、最愛のBuono!をめいっぱい応援していきますよ〜。

 そして、吉川友。上述のとおり、なぜかハロプロ所属ではないのですが、贅沢なほどいい曲に恵まれた上に、きっかの歌唱力・表現力が秀逸です。よくぞデビューしてくれました!これほどの逸材を野に埋もれさせなかったプロデューサーやスタッフの眼力に賛辞を送りたい。
 娘。オーディションでは惜しくも敗れたきっかが、ソロ歌手としてデビューし、これだけの才能を開花させたことで、合格した愛佳も含めて、あの最終選考に残った誰よりも輝く”アイドル”になれた。なんというシンデレラストーリーでしょう!
 このきっかのデビューは、娘。9期メンバーと並んで、2011年最大の収穫です。



 さぁ、来る2012年は、どんなすばらしい楽曲に出会えるでしょう。ハロー!プロジェクトの進化、躍進はまだまだ止まらない。それを実感させてくれた今年でした。

 来年も愛すべきハロプロアイドルたちの歌とライブを楽しんでまいりましょう!

 
posted by 麗夢 at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月28日

ゆうかりん 生誕17周年!

 今日、12月28日は、ゆうかりん、前田憂佳ちゃんの17歳の誕生日です
 おめでとう〜〜〜!

yuuka17_1.jpg


 ゆうかりんの誕生日をこんな寂しい気持ちでお祝いする日が、こんなにも早く訪れようとは・・・。彼女がハロー!プロジェクトのアイドルでいるのも、あと4日となりました。

 自分の将来を真剣に見つめ、アイドルとは違った道を歩んでいくことを決意したゆうかりんの勇気と真摯な心は賞賛したい。でも・・・、アイドルとしてこれほど類希な才能を失うのは、やっぱり辛く、悲しいです。

yuuka17_4.jpg


 ここでは愛惜を込めつつ、少し振り返ってみましょう。

 前田憂佳を意識するようになったのは2007年くらいでしょうか。あまり定かではありませんが、とにかく、当時のハロプロエッグの中ではトップクラスの容姿の可愛さ、声の可愛さで、すでにエース格の存在でした。
 歌こそなかったけれど(もしかしたら「新人公演」などで歌ってたかもしれないけど、私は未体験)、当時から舞台演劇に頻繁に出演し、エッグメンではかにょんと並ぶ”注目株”でしたし、その才能の豊かさ・アイドル性の高さを感じてはいました。

 さらに、その頃、すでに個人のブログ「Hi!ゆうか放送局です」をやっていて、まだ幼さの残る中学生(当時)にしてはとてもしっかりした文章を書くな〜と、その文章表現力にも感心しながら読んでいたものでした。

 2008年、そのゆうかりんがHigh-Kingのメンバーに選ばれた時はホントに驚きでしたね〜。3大ユニットのリーダーにれいなという、錚々たる強力メンバーの中に、研修生のエッグからただひとり抜擢されたわけですから、そのポテンシャルの高さをつんく♂Pがいかに評価していたかがうかがえるというものです。
 そこで初めて(公的には)、あの驚くほど幼く、超絶可愛い歌声を披露。この声に悶絶しましたね〜(^^;;意外に高い身長とも相まって、お姉さんたちに引けをとらない見事なダンスパフォーマンスを魅せてくれたのもすごかったです。

yuuka17_3.jpg


 そして2009年。メジャーデビューに向けた新ユニットをエッグメンから選抜して結成するとPから発表された時、当然のように(少なくとも私はそう思いました)そのメンバーに憂佳の名が!S/mileageの誕生です。
 インディーズデビュー、アピールのためのイベント攻勢やオープニングアクト、メジャーデビューへ向けての試練のキャンペーン・・・いろいろありました。ゆうかりんにとっても激動でしたでしょう。

 2010年、ついにメジャーへ!つんく♂入魂の楽曲はすばらしく、スマイレージたちは・・・ゆうかりんは輝きました。エースとして、スマイレージの「顔」として、憂佳も大注目。いち早く、ソロ写真集&DVDをリリースしたのも、彼女の人気・アイドル性の高さを物語ります。
 その活躍が認められ、日本レコード大賞の最優秀新人賞を獲得!まさにシンデレラストーリーを歩んできた前田憂佳。

 2011年になると、かねてよりPが匂わせていたメンバーの増員が決定。4人もファンもショックを隠せませんでしたが、それでも憂佳というエースがいれば、様変わりしたスマイレージにもついていける、そんな風にも思えました。
 しかし・・・、サブメンバー加入後、あまりに唐突に紗季が抜け、そして、まさかまさかの、ゆうかりんまでが卒業を発表しようとは・・・。更なる飛躍を疑わなかったスマイレージの、このような変貌を誰が予想しえたでしょうか。

yuuka17_5.jpg


 大晦日、ゆうかりんは卒業します。スマイレージを、ハロー!プロジェクトを、そしてアイドルからも。

 その直前に迎える17歳の誕生日は、わずか16歳で決断した彼女の新しい人生の門出を、大学進学、その先にある夢を祝福し、幸せを祈る日でもあります。


 最後のボイスメッセージでは、「最近ボケてるってみんなにいわれるんですよ。だから、年相応に・・・しっかり、みんなに頼られるような感じになりたいな〜と思います」と、ツッコミどころ満載なコメント(笑)!

 さぁ、どうなるのか、ゆうかりん(^^; でも、27日のタワレコイベントでは「人の役に立つ仕事がしたい」と前向きな発言もあったらしいです。頭もよく、自分をしっかり持っている彼女ですから、きっと神様も祝福してくれるでしょう。

 また、同イベントでの「ミニスカ継続宣言」どおり、女子大生のうちはミニスカで闊歩していてほしい(^o^!

yuuka17_2.jpg


 そんな”新生ゆうかりん”の幸せを、これからも遠い空から祈っています。

 
posted by 麗夢 at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | solo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月23日

ゆるして○ャン

 そもそも、「子供流行語」っていうのが怪しさ満開だけど(^^;

※『2011年子供流行語「ゆるしてニャン」』(R25)


 これはあまりにも意外な結果。
 みや姐さんの予言によれば、絶対流行んないはずなんだけど。

 その前に、”本当の子供たち”の間で、マルモリよりも、ももちの認知度が高いとはどうしても信じがたい(笑)。

 投票にあたって、年齢確認など一切ないとのことなので、”大きな子供たち”が大量に投票したことは想像に難くない・・・てか、まず間違いない。

 同じように、女子で3位というのも、”なんちゃって女子”が多数いたことと推察します(^^;;;


 さて、この結果を当のももちはどう受け止めるでしょうか?
 女子大生としての一般常識があれば、複雑な心境でしょうね〜。

 でも案外、飛び上がって大喜びしたりして(^o^;

 それはそれで、”ももち”らしくてステキ!

 
posted by 麗夢 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月21日

初恋・・・

 アイドルアイドルしたタイトルと、どピンクのジャケット衣装から、また『夏ダカラ!』みたいな曲かな・・・と想像してましたが・・・


 『初恋サイダー』、めっちゃいいっすね〜〜〜(^o^!


 一言で言うなら「原点回帰」でしょうか。

 つまり、初期の頃の「アイドルロック」のスピリットに回帰した感じ。

 『雑草・・・』あたりではかなりロックに傾倒し、そうかと思うと、『夏・・・』は軽すぎたり、「par・・・」では実験的とも言える脱線を試みたBuono!でしたから、ここらで、生来のBuono!再び、という方向は、まことに意義深い。


 YouTubeで公開されたMVへの、フランス人の関心が高いのも見もの。
 当地でのライブへの彼らの期待感が見て取れますね。


 この曲と『DEEP MIND』を引っさげての、来春のツアー、そしてヨーロッパ進出公演がますます楽しみです。

 
posted by 麗夢 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月19日

「良くない!?・・・」

 良くない!? 王様ゲーム・・・ってどういう意味?(^^;;;
 わかる人、誰か教えてください。

 つーことで、この映画がついに公開され、初日舞台挨拶なるものが行われたようです。

シネマトゥデイ

 2011年、かなり”女優”だった愛理はもちろん、熊井ちゃんもこの映画で演技の自信がついたようで、来年以降もっと演技の活躍が増えるかもしれませんね。それも楽しみです。

 そして、こういう場でも、一人暴走した嗣永プロですが、千奈美に「許してニャン」を抹消したい、と言われてしまった(笑)。もちろん、当人は意に介さないでしょうけどね(^^

 一方で、この公の場でも、またしても自虐的発言が飛び出したはぎてぃにはかなり深刻なものを感じます。来年は、ひとつ大人になってもらいたいところ。

 「嗣永が理想のクリスマスの過ごし方を延々と語るシーン」というのはぜひ観てみたい。映像が公開されないかな〜。


 さて、ここまでプロモーションされると、やはりこの映画を見たくなりますが、私はホラーが大の苦手。同じ理由で「ゴメンナサイ」も迷うところ。

 このジレンマをどうしたものかの〜(@@;

 
posted by 麗夢 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | theater | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月17日

「ただ若いだけやろーが〜!」(^o^;

 初めて「ドリーム モーニング娘。」というものを観てみました。

 気付いたら今日の仙台公演が今秋ツアーの千秋楽だったんですね。


 思った以上にすごかった!盛り上がった!ノリノリだった!
 というのが感想です。

 あのお年の方々(^^;が、娘。10年史のスタンダード的ナンバー(しかもノリノリ系)を、あれほど歌い踊れるとは、さすがの一言!

 鍛え方が違う・・・というか、もう体の一部として染み付いてるんでしょうね〜、娘。のパフォーマンスそのものが。

 ステージパフォーマンスも、熟練の妙味というか、ベテランの味わいというか・・・初々しくもたどたどしい現娘。と比べると(比べること自体ヘンかもしれませんが)、安心して享楽に身を任せていられるステージングは、これまたさすがの一言!


 私的に一番注目したのは、やはりなっちですが、しばらく観てなかった彼女が、まったくそのままなのが嬉しかった。

 歌もダンスも、笑顔も、独特のMCも、豊かな表情も、私の知るなっちのままでした(^−^


 『Mr.Moonlight・・・』のよっすぃ〜のかっこよさもいつものとおりだし、何と言っても、中澤姐さんがあのお年であれだけ動けるのは驚異!!

 『女子かしまし・・・』の中の、表題のセリフの凄みも往時のままで、なんか嬉しい(笑)


 全体的に、「懐かしい」気分になれるコンサートでした。
 モーニング娘。にハマりだしたころの娘。を思い出させてくれます。

 そしてなにより、その当時の娘。をここまで再現できるOGたちの、色あせないクオリティはお見事!

 娘。スピリットの伝承者たちは、今もホンモノでした。

 
posted by 麗夢 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月16日

akiba×mano

 アキバなんて、もう1年以上行ってませんが、昔はホームグラウンドだったので、その街並みの情景は隅々まで脳裏に焼きついています(笑)。

 その景色の中に、真野ちゃんがたたずみ、あるいは歩いている姿は、なにか非現実的な違和感を覚えます。

 しかも、その真野ちゃんはただの格好ではない、Barksさんの言葉で言う、「往年の森高千里を彷彿とさせる」衣装を着てたりするのだから、これはもうファンタジーの世界!

「まのえり、アキバに立つ!!!」(Barks)

 新曲『ドキドキベイビー』のMVは、かなり大胆な映像だと思いますよ。

 少なからずその地を知る者からすると、よくあの場所でこんな映像を撮ったものだと、その怖いもの知らずさに驚嘆します(^^;

erinamano_akiba_s.jpg


 撮影はゲリラ的に行われたということなので、周りの通行人や買い物客たちにはまさにサプライズ。

 世間一般の知名度は、正直まだ低い真野ちゃんですが、アキバに限って言えば、そのパーセンテージは結構高いんじゃないかな。

 だから、「お、なんかコスプレの女の子が撮影やってる」というただの野次馬に混じって、「あっ、真野ちゃんだ!!」と驚き喜ぶ反応も少なからずあったものと推測されます。

erinamano_manzei_s.jpg


 この撮影の日は、冷たい雨が降っていたということですが、MVではそれを感じさせないところはさすがです。これぞアイドル魂!

 でも、観てるこっちが怖くなるような(^^;映像は、一種のサイコサスペンスかもしれない。

 あとは、「舞妓さんの存在意図」について、いろいろ考えてみたい。

 
posted by 麗夢 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月14日

「One for YOU!」

 なぜかハロー!プロジェクト所属ではないのですが、吉川友ちゃんの歌はすごくいい。かつ、彼女の歌声もかなりいい!
 私はハマってます(^−^)/。

kikka_konnawatasi.jpg


 そのきっかが、ついに待望のアルバムを来年1月にリリース決定!

 これまでのシングルでも、3パターンのカップリングが用意されるなど、続けて聴くとミニアルバムを聴いているような気分になれるのですが、フルアルバムを通して、彼女の魅力がどれほど熟成されているか、大いに注目です。

 いずれ、きっかについての評論はちゃんと書きたいと思いますが、アイドルらしい可愛らしさを備えつつも、艶やかな、伸びのある歌声は、何度もリピートしてしまうほど聴き惚れます。


 今となっては、娘。に入れなかったことが良かったかどうかまでは決め付けられませんが、ソロデビューできたことは本当に良かったと思います。

 相変わらずのイベント攻勢を享受することは叶いませんが、来春には、初の単独ライブも控えているということで、2年目となる来年は、きっかの躍進の年になるといいですね。

 
posted by 麗夢 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月13日

ゴルファーぽん!

 例によって、いまごろですが、ハロチャンのDVD vol.6を観ました。
 それも一部だけ・・・。


 一番目を引いたのは、なんと生田えりぽんが愛理にゴルフ対決を挑む!というもの(^^

 かなりリアルなゴルフゲームでスコアを競うのですが、ホンモノのクラブを打ちっぱなしの要領で、実際に振ってボールを画面に向かって飛ばすのです。


 これはかなりビックリ!

 何がというと、中2のえりぽんのゴルフが、です!

 上手い!!!


 これはかなりやってますよ〜。
 しかも、小〜中学生の女子が、それもアイドルの世界を目指していた女の子が、ここまでゴルフをやってたとはオドロキです!

 お父さんの影響でしょうか?
 プロゴルファーを父に持つ愛理が、実はほとんどマトモなスイングができず、コースにも出たことがないのとは対照的に・・・まるでイメージがなかった生田選手がこれほどできるとは!

 スイングフォームに若干クセがあるものの、ボールにちゃんとミートして、前に飛ぶし、サンドウェッジの使い方まで堂に入ったもので、なかなかに本格的でした。


 さゆ情報によると、あいりんは、このえりぽんのあまりの上手さにショックを受けてたそうですが、確かに頷けます。

 パパの影響で愛理自身もゴルフができるだろうというイメージで、「愛理に挑戦」という企画になったのでしょうけど・・・しかも、えりぽんから望んで・・・

 でも、ふたを開けてみれば、挑戦するのは・・・というより胸を借りるのは、愛理のほうだった(^^;;;


 えりぽんの意外な一面が見れたのが一番の見ごたえでした。
 この企画、ぜひ第2弾を・・・再戦を期待したい!

 
posted by 麗夢 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | DVD・BD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月11日

ゲキの真髄

「モーニング娘。の田中れいな 2011年、最も心に残ったバラード」

 こういう評論を書くような人が、ここまで熱い言葉で、ハロプロのクオリティ、そしてハロプロ娘たちのポテンシャルの高さを見事に理解し、それを世に伝えてくれるのは、まことに嬉しいことです。

 ですが同時に、私はこの文章を読んで悲しくもなります。
 それは、身勝手な言い分ではありますが、その賞賛されるべき舞台をどれも観る機会に恵まれなかったからです。


 特に、「リボーン・・・」に関しては、奇跡の9期の初舞台という話題性を遙かに超えて、感動的で、見る価値の高いゲキだとの評判があちこちから聞こえてきていました。

 まぁ、それほど言うなら、いずれDVDでゆっくり確認しておこうか、くらいに構えていた私にとって、この文章は衝撃です。

 ガキさんのみならず、れいなにも、それほどまでのミュージカル女優としてのポテンシャルがあろうとは!

 人を鳥肌が立つほど感動させる歌が歌えるまでになった、れいなという才能の成熟に、改めて感慨を深くする思いです。


 ライブコンサート同様、舞台演劇もまた、ナマで観賞してこそ味わえる醍醐味、感動、思い出があろうというもの。

 その境地を感受できなかった我が身の不遇を、詮無きこととは知りながらも、嘆かざるを得ない年の瀬でございます。


 来年はさて、その不遇をどれほど回避しうるでしょうか?





追伸

 ナマでこそ味わえる醍醐味が味わえないとは知りつつも、過ぎ去った舞台をとにかくも観賞するためには、DVDに頼るしかない・・・。

 ということで、あまぞんを探ってみたりしますが、ゲキハロ制覇への道はあまりに険しい(ToT)

 
posted by 麗夢 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | theater | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月01日

「笑って言えるような人に・・・」

 「はる」
 (「Hi!ゆうか放送局です。」より)


 あやちょの(いい意味で)ノーテンキな性格も羨ましいですが(^^;、
「自分のコンプレックスを笑って言えるような人に」なれるよう心がけているという、ゆうかりんの精神は見習いたいところです。


 よほど完璧な人間(と自分自身に絶対の自信を持てる人間)でもない限り、多かれ少なかれ、人はコンプレックスを抱いているもの。

 それを完全になくすことができない以上、それとどう向き合い、付き合っていくか、という方向がリアルな対処ということなのでしょう。

 さすが、つんく♂大将もイイことを言うものですが、その言葉を自分の成長の糧にしようとしているゆうかりんの、人生に真摯に向き合う姿勢に感服します。

 やはり彼女は頭もよく、誠実な人なのでしょう。

 だからこそ、別の道を歩むという決断に至った、とも言えますね。


 そんなゆうかりんを観られるのもあと一ヶ月となった今日。

 そのことを思うと、改めて寂しいというか、得がたい才能への喪失感が一層募ろうというもの。


 12月の寒さが、今年は特に身に沁みます。

 
posted by 麗夢 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。