2011年12月11日

ゲキの真髄

「モーニング娘。の田中れいな 2011年、最も心に残ったバラード」

 こういう評論を書くような人が、ここまで熱い言葉で、ハロプロのクオリティ、そしてハロプロ娘たちのポテンシャルの高さを見事に理解し、それを世に伝えてくれるのは、まことに嬉しいことです。

 ですが同時に、私はこの文章を読んで悲しくもなります。
 それは、身勝手な言い分ではありますが、その賞賛されるべき舞台をどれも観る機会に恵まれなかったからです。


 特に、「リボーン・・・」に関しては、奇跡の9期の初舞台という話題性を遙かに超えて、感動的で、見る価値の高いゲキだとの評判があちこちから聞こえてきていました。

 まぁ、それほど言うなら、いずれDVDでゆっくり確認しておこうか、くらいに構えていた私にとって、この文章は衝撃です。

 ガキさんのみならず、れいなにも、それほどまでのミュージカル女優としてのポテンシャルがあろうとは!

 人を鳥肌が立つほど感動させる歌が歌えるまでになった、れいなという才能の成熟に、改めて感慨を深くする思いです。


 ライブコンサート同様、舞台演劇もまた、ナマで観賞してこそ味わえる醍醐味、感動、思い出があろうというもの。

 その境地を感受できなかった我が身の不遇を、詮無きこととは知りながらも、嘆かざるを得ない年の瀬でございます。


 来年はさて、その不遇をどれほど回避しうるでしょうか?





追伸

 ナマでこそ味わえる醍醐味が味わえないとは知りつつも、過ぎ去った舞台をとにかくも観賞するためには、DVDに頼るしかない・・・。

 ということで、あまぞんを探ってみたりしますが、ゲキハロ制覇への道はあまりに険しい(ToT)

 


posted by 麗夢 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | theater | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。