2012年03月05日

あゆみん凱旋!!

 詳しいレポは後日(時期未定(^^;)書くとして、10期メンが入って最初のモーニング娘。ツアーの、初めての宮城県出身者が加入して最初の仙台でのコンサートの印象を、熱いうちに記しておこうと思います。



 やっぱり「凱旋公演」なるものは、すごい盛り上がりですね(^−^!

 これまで、東京や埼玉、神奈川などでその光景を目にしたことはありましたが、我が郷里にて、それもモーニング娘。メンバーの凱旋公演に参戦できる日が来ようとは・・・感無量です!

 アンコールの時の「あゆみん」コールは定番としても、あれほどまで青一色に染まるとは・・・ハロプロファンの統率は相変わらずお見事(笑)。

 コンサート中のMCなどでも、ことあるごとにメンバーが「あゆみちゃんの地元で・・・」みたいな話をして、観衆のみならず、娘。メンバーたちも、かなりそのことを意識して臨んだライブだったようです。

 あゆみちゃんの、本当に嬉しそうな笑顔が観れて、こちらも幸せな気持ちになりました。



 さて、亜佑美と言えば評判の高いダンス。それがナマでじっくり見れたのも大きな収穫。
 やはり、9,10期の中でも、そのダンスのキレキレ感は抜群。
 観ていて迫力があるし、気持ちいい。
 その自慢のポテンシャルが遺憾なく発揮されたステージでした。

 特に、今の娘。の若き2大ダンスクイーン、里保と亜佑美が、ガキさんソロのバックで共演したダンスパフォーマンスはまさに圧巻!
 (私的に)一番の目玉と言っても過言ではない!

 これは将来楽しみです(^^。あゆみんは当初の予想以上に「伸びる子」ですね。
 娘。の中でも人気者に、そして、センターポジションを獲るのも、そう遠くはないかも。。。



 ところで、ダンスと言えば、私的に心配だった子・・・かのんとか、はるなとか、まさきとか・・・が意外にちゃんと踊れていたので安心しました。

 もちろん、里保や亜佑美のレベルには達しませんが、必死に喰らいついていこうという意気が感じられたのが良かった!

 特にまさきは、あまりにもド天然で「ほけ〜っ」とした感じなので、一番の問題児と見ていましたが、ちゃんと声も出てしっかり歌えていたので、かなりの努力のあとがうかがえました。

 かのんは相変わらず「ぽてっ」とした感じでしたが(笑)、満面の笑顔も含めて、そのカラダ全体に愛嬌があるので、そこが可愛い(^−^。
 『かしまし・・・』の歌詞にもあるように、これからも「3の線」を極めてほしいです(^^;

 注目のフクちゃんは、そのボディの迫力がさらに増してきましたが(^^;、そのせいか、ダンスの迫力もやはりアップしていて、見ごたえたっぷりでした。
 若い衆のリーダー的存在として、パフォーマンスにおいてもますます一日の長を発揮してほしいです。



 そして、アンコールが終わり、全員がはける時、最後にひとり亜佑美が残って、盛大な「あゆみコール」を受けながら、感謝と決意の言葉を述べたのは、仙台公演ならではの時間でしたでしょう。
 これも、彼女にとってはもちろん、参戦した私にとっても、いい思い出となりました。

 それにしても、その突然の独り舞台で、「あのぉ、どーしていいかわからないんですけど〜・・・」とか言いながらも、しっかりとした言葉で挨拶をするところなんて、デビューして半年足らずの中3少女とは思えないほどの見事さ。

 これもまた、あゆみんの才能のひとつと言ってもいいのでしょう。彼女にはアイドルとしてスポットライトを浴びるだけの素質があるし、それを見抜いたP氏の眼力にも改めて賛辞を送りたい。


 というわけで、石田亜佑美のすばらしい才能とパフォーマンス力をナマのステージで再確認できたということでも、この凱旋公演は私にとっても、忘れえぬ記念すべきものとなりましたとさ。

 


posted by 麗夢 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。