2012年07月27日

11期のゆくえ?

 10期の加入から1年もしないうちにまたしても行われている”モーニング娘。新メンバーオーディション”。その名も・・・、

 11期メンバー『スッピン歌姫』オーディション

 なんか、つんく♂氏の”娘。若返り変革情念”がすさまじい気が・・・(^^;

 今現在は、二次審査に進む子が決まったところ、のようですね。


 我々ファンにとっては、去年から今年にかけて、娘。の変貌ぶりに翻弄されそうですが・・・、実際のところ、9期、10期ともファンに大好評!!

 しばらく離れていた人たちの心にも再燃の火を灯しているわけなので、P♂大将のひらめきと直感と眼力は、今のところ冴え渡っていると言えましょう。

 特に、9期の4人はまさに奇跡!15年を迎えようとするモーニング娘。の、衰えを知らぬ享楽を確信させるに充分な収穫です!


 さて、というわけで、今回の11期にもファンとして当然期待したいのですが、果たしてどんな”新娘。”が誕生するのか、もちろんまだ誰にもわからないけど、ついつい考えちゃうのがファン心理です。

 まず注目したいのは、『スッピン歌姫』というタイトルワード。ネーミングセンスのない(^^;つんく♂がなんとなく勢いでつけた・・・ということもありえなくはないですが、ちゃんと意味が・・・というか、今回のオーディションにおいてプロデューサーが目指すものが示されているとすると・・・。

 素直に考えれば、ズバリ、「ヴィジュアル的に優れているよりも、飾らない素顔の魅力があり、なおかつ、歌がうまい子」を獲得したいという意思表示に受け取れます。


 だとすると、愛ちゃん、ガキさんという大きな存在が卒業して、不動のエースれいなと、待望の大型新人りほりほのツインボーカルとなっている今の娘。に、「第3のボーカリスト」を加えたい、ということになりましょうか。

 つまり、一気に若返りを図った分、パフォーマンス力という点ではちょっと後退したと言わざるを得ない現モーニング娘。を、歌唱力の面で一層レベルアップさせたい、ということですね。

 これは私としても歓迎!ハロプロはもちろん、今のアイドル界全体でも最高の歌唱力を持つといえる田中れいなのすばらしい安定感は何も言うことはないですが、豊かな才能を持っていることは間違いないけど、まだまだ幼いりほりほがそのれいなと並んでメインの一角を担う現状は、正直ちょっと危うい感じがしているもので(^^;

 もちろん、里保のこれからの成長を考えれば、1,2年後にはそんな違和感はなくなっているかもしれませんが、展開の速いアイドル界においてはあまり悠長でもいられない・・・とすると、なるべく早い段階で、”第3の有望なエース級ボーカル”の登場を望む気持ちが高いです。

 それには、なっち、ごっちん、愛ちゃんクラスの逸材が望まれるということになってしまいますが・・・。

 はてさて、そんな希望にかなう”歌姫”を発掘できるかどうか?・・・ドキドキしながら見届けたいところ。


 ときに、今回もハロプロ研修生のオーディション参加が可能であり、金子・宮本・高木・田辺・それに小数賀までがオーディション受けてるって情報があります!これは面白くなりそう。

 特に、ファンの間でその処遇について気をもまれている宮本佳林ちゃん。昨年夏のスマイレージオーディションにも参加し、大方の予想に反して受からなかった彼女に、今度こそメジャーへの道が開けるか!?

 昨年の落選は、カリンという超逸材を旗艦ユニットであるモーニング娘。に加入させるための予定調和・・・なんて憶測までまことしやかに飛び交っているようですが、いずれにしても、あれほどの才能を埋もれさせるにはあまりに惜しい。

 真野ちゃんやきっかのように、ソロでの展開を考えていて、その期が熟するのを待っている・・・というなら話は別ですが、そういうわけでもないのなら、上述したような、新生娘。をさらに強力なボーカルユニットに昇華させるための試金石として、ぜひカリン様がほしいところです。


 とまぁ、いろいろ書いたところで、所詮は一ファンの妄想に過ぎない。実際にどうなるかは、結局のところ、P氏(およびアップのその筋の方々?)の胸三寸。

 ファンとしては、ハラハラしながら、ただ見守ることしかできないんですよね〜。毎度のことながら、やるせない(^^;;;

 11期は・・・そして、まだ新体制の船出をしたばかりで揺れ動くモーニング娘。は・・・一体どうなっちゃうんでしょうね〜。

 きーにーなぁってしょーがなーい♪

 


posted by 麗夢 at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月13日

さゆ 生誕23周年!

 今日、7月13日は、さゆこと、新リーダー、道重さゆみちゃんの23歳の誕生日です
 おめでとう〜〜〜!!

sayu23_1s.jpg


 あのさゆみが、とうとう娘。最年長!ガキさんが卒業した歳と同じになりました。去就が気になる妙齢とはなりましたが、愛ちゃんは25を迎えるまでやりましたし、あと2年はいけるかな(^^;

 そんなことより、今はそう・・・ガキさんの後を受けて、ついに!さゆが”念願の”モーニング娘。リーダーに就任しました!!!


 そうなんですよ。この23歳はさゆにとって、「リーダー」としての一年になるのです。さぁて、どうなりますやら。不安でもあり、楽しみでもあり(^^;

 リーダーによってグループ自体の雰囲気が変わるといわれるモーニング娘。ですが、事実、いままで「体育会系」やら「アットホーム」など、いろんなグループの顔を見てきました。

 ”さゆ体制”はどんな顔になるんでしょう?イメージとしては、やはり「可愛さ」を前面に押し出し、特にさゆが溺愛する(笑)愛くるしい後輩たちをアピールしまくる・・・そんな雰囲気が想像されますが・・・。

sayu23_4s.jpg


 もちろん、それだけでは足りないでしょう。グループとしてプロの活動をする以上は、ある程度の厳しさも必要。9期には、お姉さん組と新メンとの橋渡し役も含む中核的ポジションが求められるわけですが、それらのアシストを得つつ、まだ未熟な10期とこれから入ってくる無垢な11期たちをまとめ上げる重要な役割がさゆには期待されます。

 一部には、リーダーとしての資質に疑問の声も聞かれますが、確かに後輩たちを強く叱ったり、ぐいぐい引っ張っていく、というタイプではないように思われます。でも、それだけがリーダーらしさというわけでもないし、自然体に「さゆらしさ」で率いていけばいいかな、とも思います。

 たとえば、厳しさの部分はサブリーダー的な立ち位置のれいなに任せて、さゆは歳の離れた後輩たちの可愛いところ、良いところを褒め、伸ばしてあげる。そんな役割分担もありかなと。お姉さん組のキャラを考えると、そういうのがバランスが良いように私は感じます。

sayu23_3s.jpg


 雑誌のインタビューなどでも、引っ張っていかなきゃ、といった気負いをせず、自分らしくやっていく、みたいなことを語ってますし、そのほうがさゆの良さも活かされるというものでしょう。

 彼女のキャラからしても、「リーダーになったら、テレビや動画などでの紹介やトークで一番しゃべることになるから、一番目立って、一番アップで画面に映って、一番注目されて嬉しい」くらいに考えてるのが、みっしげさんらしくて爽快ですよ(^o^!

sayu23_2s.jpg


 歌やダンスに関して優秀な新人が加入してきた中で、楽曲的にはまだサブ的なポジションのさゆみですが、ここ数年は、サビなどの主要なところでの歌割りもかなり増えてきて、さゆの”歌声”を味わえる機会も増えました。

 歌に関してはまだ声も幼く、歌唱力が高いとは言いがたいのは事実ですが、りほりほも言及してましたように、歌の基礎、発声、そして表現などはこの10年間の積み重ねによって、実はかなりのレベルにあることもまた事実。

 れいなという飛び抜けたディーバの陰に隠れていますが、これからは楽曲の面でも、その曲のメインイメージを構成できるような存在感を魅せてくれるに違いないと思っています。

sayu23_7s.jpg


 10年と言えば・・・、ボイスメッセージでも語っていましたが、13歳で初々しくデビューしたあの頃から10周年を迎える歳でもあります。これは”アイドル”としては「ほんとにすごいこと」(さゆ談)なんですよね〜。

 アイドルグループのメンバーを10年間も続けるって、特に女性アイドルの場合は考えられなかったことでしょう。それを、愛ちゃん、ガキさんに続いて、さゆとれいなの6期メンも達成しようとしている。それだけ、モーニング娘。という稀代のアイドルグループがいかに特異で、比類ない存在かということに改めて感嘆せずにはいられません。

sayu23_6s.jpg


 「初心を忘れずに、前向きにがんばっていきたい」とメッセージで頼もしく宣言してくれたみっしげリーダー。そのさゆの率いる”新新生娘。”が、果たしてどんな新しいモーニング娘。を創り上げていくか、とても楽しみです。

 そして、さゆの言葉通り、「たくさんいい思いで作りましょうね」の精神で、これからも娘。にしっかりついていきたいです。

 「結局道重」(さゆみバースデーT)と言えるくらいの彼女の活躍を大いに期待して!

 
posted by 麗夢 at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | solo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月09日

りほりほ 天真らんまんに表紙を飾るっ!・・・そして、その見事な決意

 7月2日発売の週刊アスキー(増刊号)はホントに表紙だけだから、ゲットするか迷うところ・・・。内容がスマートフォンの特集みたいだけど、スマホとか縁がないし・・・(^^;。


 それにしても、ウェブでのインタービューではすごくいいこと言ってますね〜!さっすが、りほりほ!!

※「モーニング娘。の鞘師里保が、天真らんまんに表紙を飾るっ!」(週アスPLUS)

riho_120702_riho_3_1s.jpg


 それは愛佳の卒業が発表された時から私も思っていたことですが、ハタチすぎのお姉さん組と中高生という年齢差の分かれた構成になった今のモーニング娘。にあって、その間に仲立ちする役割を担っていた愛佳が抜けることで、今度はその役目を9期が担っていくことになる。

 ましてや、11期が早くも入ってくるわけですから、なおさら9期メンは、娘。の中核として位置づけられる存在となってくる。そのことを中2の里保がしっかり自覚しているのがすばらしい!加入当初から大人びてしっかりしていると評判だった彼女らしいなと思いました。

 まぁ、つんく♂大将からもそんな話は言われているのかもしれませんけど、今現在のメンバー10人のうち、実に8人が2年未満の”ニューフェイス”なので、これからの娘。は9期と10期が中心となっていくことは、おのずと意識されるところでしょう。


 でも、それだけじゃない・・・里保はそのあとに続けて、「もっともっと自分がみんなのことを引っ張れるような存在になりたいな」と語ります。言葉で言うのは易いですが、プロとして本気でそう決意できる14歳の精神力はあっぱれ!

 愛ちゃん卒業以降、第2のメインボーカルとして里保がフィーチャーされていることに、「事務所のごり押しだ」といった声も聞かれますが、それはもちろん、彼女にそれだけの才能とポテンシャルがあればこそであり、さらに彼女自身に「自分がリードしていくんだ」という意識が芽生えているなら、周りが何も言うことはない。

 そのあっぱれなりほりほの成長と活躍を、ファンとして楽しみに見守るだけです。


 また、先輩たちについていくのが精一杯という時期を越えて、今はモーニング娘。全体でまとまって、協力していきたい、それによって、娘。をより良くしていきたい、という強い思いをもっているのも、中2メンバーとしてすごい!

 どちらかといえば人見知りでクール・・・そんなイメージだった里保が、同期のズッキや10期のまーちゃんの効果で、キャッキャとみんなではしゃげるようになったというエピソードが微笑ましいですが、それをきっかけに、みんなで話し合い、意見を出し合い、時には議論もして、さらにレベルアップしていこうという気持ちが高まっているんでしょう。

 里保の豊かな才能の中には、リーダーとしての資質も含まれているのかも(^^

riho_20120702ascii_s.jpg


 さてさて、このウェブインタビューを読んでしまったからか(^^;、りほりほの表紙が可愛い週アスを7月7日にゲットしてしまった!

 これは増刊号ということで、「スマホ防水ポーチ」なる付録が付いていましたが、スマホなんて縁がないので付録は使えないかな〜と思っていました。

 でもよく見ると、チケットホルダにもなったり、その他ライブ用品入れとかに、意外といろいろ使えそうな感じなので、ちょっと得した気分だったりします(^^;

 
posted by 麗夢 at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | solo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月07日

えりぽん 生誕15周年!

 今日、7月7日は、えりぽんこと、新垣さんを応援する会会長、生田衣梨奈ちゃんの15歳の誕生日です
 おめでとうーーー!!!

eripon15_1s.jpg


 え?、やっと15歳か・・・と思っちゃいますね(^^;。まだ中学3年生なんですよね〜。そうしてみると、えりぽんはなかなかに大人びた顔立ちだということですね!

 そう、もともと”美少女”なのですが、ファンの間でも、最近特に可愛くなって、美少女ぶりが高まってきたと評判です。いや〜、この子もまた、すばらしい逸材ですよ!!

eripon15_6s.jpg


 そんな「奇跡の9期」のひとり、生田さんの14歳は、とにかく「新垣さん大好き少女=ガキさん激推しヲタ」としてのキャラを強烈に印象付けた歳でしたね。

 普段からガキさんにベッタリ、ことあるごとにガキさんの話題を口にするのはもちろんのこと、ガキさんの生写真をはじめとするグッズを”ファンとして”直買いし、その写真のファイルや写真集までも遠征先まで持参し、挙句の果てには、ガキさんのFCバスツアーに”ファンのひとりとして”参加するという驚異の「伝説」まで残しました(^o^!

 やってくれますね〜(笑)。モーニング娘。15年の歴史の中でも、こんなメンバーは他に類を見ません。彼女自身は一途な気持ちだけで突っ走っていたのでしょうけど、結果として、いまだかつてない特異なキャラを発揮してきたわけです。

 それによって、生田衣梨奈の存在感もファンの間で着実に強まったし、「えりぽん推し」の増殖にもつながったでしょう。

 現役アイドルとしてはまことに異質なベクトルではありますが、それによってファンに強烈なインパクトを与えたことは、この一年のポジティブな成果だったと言えましょう。

eripon15_4s.jpg


 さて、上述しましたように、まだ中学生とは思えないくらいに、美少女ぶりに磨きがかかってきたえりぽん。加入当初、P氏から「底抜けに明るい笑顔」がチャームポイントとして評価されていましたが、最近はそれだけではなく、MVなど楽曲中に見せる、シリアスな表情で、キリッと前を見据える強い目力の”イケメン”ぶりも話題になってますね。

 特に今年初頭に髪をバッサリ切って、可愛くショートにしてからは、その笑顔と”イケメン”にやられちゃってるファンが急増!いよいよ彼女の魅力が本領発揮するときが来たようです!

 かくいう私もそのひとり(^^;;;。もともとショート好みの私としても(もちろん髪型だけではありませんが)、今年あたりから衣梨奈の可愛らしさ、まっすぐでいじらしいキャラにかなり惹かれています。

eripon15_5s.jpg


 2度目となるバースデーボイスメッセージでは、「15歳になって、一歩成長した姿を皆さんに見てもらえるように」という言葉に続いて、「新垣さんを応援する会会長として、活動の幅を広げていけるように」(笑)なんて言ってますよ〜(^−^;

 これはこれですごいですね!ガキさんを応援する会の幅を広げるって(笑)・・・彼女の中でどんなイメージなんでしょう。彼女自身が「永遠のガキさん推し」であることはもちろんですが、応援する会として、衣梨奈が企画・プロデュースして、何かイベントでもやらかしてくれたら、かなり面白いムーブメントだと思いますね〜(^−^!

 そんなことも楽しみにしつつ、これからますます大きな存在となっていくえりぽんを見続けていきたいですね。

eripon15_3s.jpg


 さらに、ボイスメッセージにも出てきましたが、彼女が再三口にする夢、「世界一のアイドルを目指す」・・・その実現性はどうでしょうか。

 衣梨奈自身がどのくらい本気でそれを言っているのかはわかりません。それほど本気でないなら、標語だけに終わるでしょう。でも、ホントに本気で目指すなら・・・。

 彼女の言う、「世界で誰も知らない人がいないくらいに」なることは極めて可能性が低いとしても、今、それこそ世界中にいると言っていい”日本のポップカルチャーファン”、その中でも「日本のアイドルファン」の間で一番の知名度を得ることは、充分可能性のあることだと私は思うのです。

 YouTubeなどの動向を見ると、世界の「日本アイドルファン」の間で一番人気・知名度が高いのは、やはりモーニング娘。でしょう。ならば、娘。の中での存在感、知名度、人気を上げていくことが、最終的に「世界中の日本アイドルファンの間で生田衣梨奈を知らぬものはない」という夢に近づいていくことになるんじゃないでしょうか。

eripon15_7s.jpg


 15歳。まだまだ夢や希望にあふれた、眩しいくらいの可能性にあふれている青春期。その真っ只中にいるえりぽんには、だから本気でその夢を目指してほしい。

 たとえ叶わなかったとしても、その一途でまっすぐで、いじらしい生田衣梨奈の姿が、何よりも魅力的だから。

 
posted by 麗夢 at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | solo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月06日

えりぽんが黄緑を継承!

 7月4日にUSTREAMで配信された生田衣梨奈のスペシャル番組「生祭り」で、重大発表キターーー!!!

※「モーニング娘。KY担当 愛する先輩“新垣里沙”カラー伝承」(Billboard JAPAN)

生祭りs.jpg


 これは・・・本人にとってはまことに吉報でしょう!敬愛するガキさんのイメージカラーを自分が引き継げる。それも、ガキさん自らに「黄緑を引き継げるのは生田しかいない」とまで言われてのこと!

 新垣さん大好きキャラで売り出し中・・・そして、「新垣さんを応援する会」会長としては、最高の栄誉に違いないでしょう。


 でも、それこそ「えりぽん推し」のファンにとってはちょいと複雑じゃないでしょうか(^^;

 秋の娘。単独ツアーから色変になるというこですが、これまで持っていた紫のTシャツが、今夏までしか着られなくなる!?

 しかも、発売したばかりの、今年のえりぽんのバースデーTシャツに至っては、着れる期間がわずか一ヶ月くらい・・・。


 かくいう私も、その「激単推し」Tシャツが気になっていたのですが、ゲットしようかどうしようか悩ましいところ(^^;;;

 他にも、B.L.T.とのコラボTシャツも、「生田衣梨奈からの推し変禁止」などと書かれたインパクトMAXなもので、これまた悩ましい。。。

eripon_激単推しs.jpg


 まぁ、実際のところ、「着られない」ということはないのですが、ライブ会場などで推しをアピールするという本来の目的からすると、やはり「色」が重要であり、イメージカラーが変わってから、以前の色を着るのはなんかしっくりこないわけですよね。

 ましてや、その以前の色(この場合は紫)を他の新人メンバーが引き継いだりしたら、なおのことややこしくなります。


 そういえば、ネット上では気の早い連中が、「空いた紫を飯窪がもらうんじゃないか」とかなんとか想像をめぐらせたりしてますが、たしかに、この色変に伴って、他のメンバーのカラーも変わるという可能性は否定できないですね。

 たとえば、同じ9期で、ズッキと緑系でかぶるから、ズッキが変わるんじゃないか〜とか、茶色という違和感を覚える色(本人はどう思っているかはわかりませんが)のはるなんがこの機会に別の色にしてもらうとか、あながちありえなくはない。


 ただ、上述した理由で、他の子は変わらないでほしいですね。10期などはまだ自分のカラーのグッズは少ないでしょうけど、それでも、その子を推してるファンにとっては、これまでゲットしたその色のTシャツが着れなく(着にくく)なるのも寂しい。

 娘。ファンならではの些細なことかもしれませんが、その辺の動向が気にかかります。


 それにしても、紫という、ちょっと大人びた、クールな色から、明るく爽やかな黄緑への変化は、彼女自身の特別な想いを別にしても、笑顔のステキなえりぽんに似合っていると思います。

 いえ、クールな表情もイケメンな彼女には、紫も充分似合ってたんですけどね。

 大好きなガキさんカラーを受け継いだえりぽんの、心機一転の活躍が楽しみです(^−^!

 
posted by 麗夢 at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | program | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月03日

まぁ 生誕20周年!

 今日、7月3日は、まぁこと、お母さんこと、須藤茉麻ちゃんの20歳の誕生日です
 おめでとーーー!

maa20_3s.jpg


 Berryz工房のお母さん、まぁもついに”ホントのオトナ”になりました(^^!ますます母さんぶりが強くなる・・・かと思いそうですが、後輩が入ったりするならともかく、固定メンバーのベリにはそれはないでしょうか。なにしろ、今年は7人中5人がハタチ越えになっちゃうグループですから。

 そんな中、4人目の”オトナ”となった茉麻。もともと大人びた、というか、しっかりしたキャラの彼女ですからそれほど違和感はないですが、ベリの歴史を振り返ると、さすがに感慨深い。

 全員小学生でデビューした当時は、茉麻も小学5年生。背も小さく、顔も小さく(笑)、子供子供してたあの子がオトナの仲間入りか〜と思うと、Berryz工房というアイドルグループの「深さ」「濃さ」みたいなものを改めて感じます。

maa20_1s.jpg


 茉麻を語る上で、「貫禄」という言葉がよく想起されます。トークは上手いし、機転が利くし、場の雰囲気をリードする存在感は見事。あのよっすぃ〜をして、「貫禄ある」と言わしめるのも納得です。

 それはいいのですが、彼女の場合は「ビジュアル的な貫禄」(笑)も大きい!貫禄というよりは「恰幅のよさ」というべきか(^^;、その点も上述のよっすぃ〜も言及していますが、ある程度の体格の良さは、それも個性と受け止めましょう。

maa20_2s.jpg


 ただ・・・茉麻は増減が激しい(笑)。『ジンギスカン』のあたりに、かなりの恰幅になり、その後ちょっと絞れましたが、昨年後半の『ブスにならない哲学』のころにまたもや”いい恰幅”に(^^;;;

 これは体質的なものもあるに違いありませんが、やはり「アイドル」としては、ある程度のラインは超えないように気を配るべきところでしょう。そういう体格を売りにする芸人ならともかく、アイドルグループの一員として、肩出し、生足出し、ヘソ出し当たり前の衣装を着て、ステージで歌い踊るわけですから、その辺のビジュアルコントロールも、プロのアイドルとしてのたしなみというもの。

 大人になったまぁには、その辺についても期待したい。なにせ、もともとが美人タイプなので、スタイルに気をつければ、充分な美形キャラ・・・美人で且つ面白い、というユニークな存在感をベリの中でも確立できますよ。

maa20_5s.jpg


 ハタチのバースデーボイスメッセージを聴きましたが、まずその声が可愛い!”貫禄”とは裏腹な可愛らしさを持つのも、彼女の魅力のひとつといえましょう。

 そのメッセージの中で、「お芝居が好きなので、演技力をアップしていきたい」とハタチの抱負を語ってくれました。「数学女子学園」でもいい味出してましたし、最近では「ハンチョウ!」というゴールデンの刑事ドラマにゲスト出演するというサプライズも!

 歌の面ではサブポジションの茉麻ですが、演技力はかなりのものだし、そこに「好き」が加われば、”女優茉麻”がこれまで以上に観られることが期待されますね。

maa20_4s.jpg


 どんな”ハタチのまぁ”が観られるか、今から楽しみです。(くれぐれも体系には気を配って(^^;;;)

 
posted by 麗夢 at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | solo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月02日

超HAPPYコラボ!?

 青いのが届きましたが・・・、去年に続き、今秋もBerryz工房、℃-uteそれぞれの単独コンサートツアーがない。

 代わりに、11月にベリキューのコラボイベント
「Berryz工房×℃-ute 超HAPPYコラボ2012〜スッペシャルでバコーン!〜」

・・・ってなんかビミョー(^_^;

 これがKIDS10周年記念企画だとしたらちょっと寂しい。東京と神奈川会場だけで、計4公演のみ。しかも、平日の夜ばかり4週連続。さらに、ベリキュー総出演じゃなく、それぞれの回ごとに違う選抜メンバー?

 これはビミョーすぎる・・・というか、行けない公算が高い(;;


 もろもろの事情が違うかもしれないけど、4年前みたいにアリーナでドーンとお祭り的BIGコンサートとかやってほしい気分だな〜(´ー`;)

 幼い頃から芸能界に入り、グループ結成後、8年、7年と同じメンバーでやってきた、類希なアイドル=KIDSたち。その10周年を祝う祝福の花火は、そのくらい華やかに打ち上げるに値すると思いますよ〜。

 
posted by 麗夢 at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。