2012年09月20日

波濤のスマイレージ?

 今月下旬から始まる、スマイレージ1年ぶりの単独ツアー。そのリハーサルの模様がYouTubeの公式チャンネルにて公開・・・。

 と、ここまでは最近のアップの宣伝活動としてわかりますが、その内容がどうも腑に落ちない。ネット上でも批判や疑問の声が相次いでいます。


 コンサートのチケットが売れてない。観客動員が少ない。同じ時期にハロプロの仲間になった、いわば広い意味で同期と言ってもいいモーニング娘。の9,10期に比べて、その差が顕著である・・・。

 VTRでつんく♂プロデューサーが登場し、不安な面持ちでその映像を見つめる6人にそのことを告げた上で、その原因(と明言はしてないけど)として、メンバー一人ひとりに、「こういうところが足りない。こういう個性をもっと発揮してほしい」みたいなことを語る内容です。

 そして、それに対して、メンバーたちがインタビューに答えますが、あやちょリーダーがいつにない真剣な表情で「(このままだと)いつか見捨てられると思った」などとギョッとする発言をしたり。

 また、他の子より歌もダンスも上達が遅く、自分がみんなの足を引っ張っている、と言われたと受け止めたかななんが「みんなに申し訳ない」と大粒の涙を流す姿も胸が痛い。


 現時点では、かななん、めいめい、りなぷ〜の3人についての映像までですが、めいめいやりなぷ〜がP氏から言われたのは、「楽屋でうるさい」とか「(目立つために)一発ギャグを身に付けるように」とか比較的軽い提言だったようで、まだ冷静に受け止めているようでした。

 ただ、細かいことよりも、問題なのは、今、ツアー開幕直前のこのタイミングで、このような公式映像を公開する意味はなんなのか?ということ。

 この映像を見たら誰だって、「スマイレージが売れないのは、メンバーの頑張りが足りないからだ」と叱咤されていると受け取るでしょう。実際そうでしょうけど、それを世間に、ファンに対して公開する必要があるのか?


 いえ、それ以上に批判すべきは、売れないことをメンバーだけのせいにしている(と受け取れる)姿勢でしょう。

 たしかに、実際にパフォーマンスを披露して、その魅力を伝えるのは、メンバーたち自身が体を張ってやることです。でも、それを企画し、準備し、パフォーマンスを精一杯披露する環境を用意するのは、プロデューサーや事務所の役目です。

 売れない、集客力が弱い、世間的認知度が低い・・・それらに関しては、プロデュースやプロモーションの仕方にも原因があるはず。つまり、つんく♂Pやアップフロントに大きな責任があると解するのが常識的ではないでしょうか。


 それを、幼い(初期メンのふたりは高3だけど)メンバーたちの力不足だけが原因であるかのように、彼女たちを責めるような映像を世間に公開するなんて、アップの失態、あるいは醜態としか感じられません。

 スマイレージの6人、特に新メンの4人だって、それぞれに頑張っています。たしかに、その頑張りはまだ足りないかもしれない。

 学芸会のようだとつんく♂氏自らが批判し、そこに喝を入れるためとして加入させた新メンバーも、いつのまにか元の「ぬるま湯」体質になっていたのかもしれない。

 同じ年頃でも、パフォーマンスレベルの高いモーニング娘。に加入した子たちに比べて、向上心やプロ意識といったものが弱かったかもしれない。

 でも、だからといって、そのメンバーたちを公然と叱責するかのごとき振る舞いは、まだ幼いアイドルたちを預かる側としてはなはだ不適切だと思います。


 そういう叱咤激励は、楽屋とかレッスンの場やリハーサルスタジオでやればいいのであって、世間やファンに向かっては、むしろ逆に、
「スマイレージたちはこれだけ頑張ってますよ。ファンの皆さんにいいパフォーマンスを披露して、好きになってもらえるように一生懸命奮闘してますよ。だから皆さん、応援してあげてください。そして、コンサート会場に足を運んでくださいね」
とプロモーション活動に励む・・・。

 それこそがアイドルを支える周りの大人たちの役目であり責任ではないでしょうか。


 アップのやり方などにはこれまでも批判がありましたが、ここ最近は、ファンや世間の興味・関心を引くような宣伝とか、テレビや雑誌などの登場機会も増えるなど、そこそこプロモーションがうまくなってきたかなと思っていたところだけに、今回の映像公開は非常に残念至極。

 一部には、今回の映像公開は、スマイレージへの同情心をあおり、参戦するファンを少しでも増やそうという姑息な策略だ、との見方もあるようですが、もしそうなら逆効果というべきでしょう。このような身内の印象を貶めるような内容では、ファンのモチベーションを下げこそすれ、上げる効果はほとんど期待できますまい。


 まだ未熟なアイドルたちを適切に指導しつつ、その頑張りを最大限に生かせるように、明快で効果的なプロモーションをしていく。それに応えて、アイドルたちもレベルアップしていく。それによって、応援するファンも増えていき・・・。

 そんな心地よいサイクル、環境が築かれるように祈るばかりです。

 


posted by 麗夢 at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月15日

モーニング娘。11期メンバー決定!

 我々ファンがオーディションの様子を伺い知ることができる唯一の情報源番組「ハロー!SATOYAMAライフ」のついこの間の放送で、最終合宿に残った6人が紹介されたばかりなので、合格者発表は予想通り今月末くらいかな?と思っていたところに、突然のニュース!!

 14日の夜、そのニュースは早速ネット上を駆け巡りました。この秋ツアー中にお披露目があるだろうとは想像してましたが、まさかツアー初日の前日に行われた「公開ゲネプロ」の場で、わずか数百人の”招待客”の前でサプライズ発表されようとは!

 まぁ、いろいろと”大人の事情”もあったのかもしれないけど、ホントにこういうの好きねぇ〜、つんく♂大将(^^;;

 この日は、公開ゲネの前に、「モーニング娘。15周年の記念セレモニー」があったようなので(情弱の私はまったく知りませんでした)、発表にふさわしい舞台と言えば言えますけどね。


 さて、注目の第11期メンバー合格者は・・・、たったひとり。

 小田さくらちゃん!中学2年生、13歳!

 ハロプロ研修生出身。しかも、研修生になってわずか1年足らずで、旗艦ユニットへの”大昇格”。これはすごいです!!

 歌手としての、またアイドルとしての、かなりの才能の持ち主であることの証でしょう。


 上述の「SATOYAMA・・・」、および発表後に公開された公式動画を観ますと、そのことがよくわかります。

 まず、彼女の最大の魅力は、歌唱力!今回の11期オーディションは「歌姫オーディション」というタイトルどおり、「ボーカリスト重視」とつんく♂Pも公言していました。

 なので、さくらちゃんが合格に至った最大の決め手は、やはりその「ボーカル力」であろうと思います。実際、公式動画の中での歌声を聴きますと・・・聴き惚れます(^o^!つい惹き込まれる歌声、とでもいいましょうか。

 これは天性のものなのでしょうけど、発声、声質、声量・・・どれにおいても”聴かせる”ものがあると感じます。まさに、歌手としての才能というものでしょう。


 また、映像ではあまり流れませんでしたが、MC力というか、受け答えの明快さもかなりのものとP氏が評価しています。まだあどけない中学生が、業界の大人たちに囲まれても堂々として、自分の言葉で思いを発言できることは、タレントとして大事なところでしょう。

 さらには、その受け答えの中に、狙ったりしていないのに、印象に残る面白さがある、ということ。P氏は「素で楽しませてくれる”なにか”がある」と評します。これまたアイドルタレントとしての素質を感じさせてくれますね。

 映像には、さくらちゃんがいきなり先輩のモノマネをする場面もありました。くどぅーのハスキー声なんてソックリ!緊張する場面で、メジャーの先輩のモノマネをするなんて、かなりの精神力。度胸という名の武器まで備えているとはすばらしい。

 それに、それだけそっくりなマネができるということは、それだけその先輩たちをよ〜く観察していたということ。ただそのパフォーマンスを観るだけでなく、そのメンバー一人ひとりの個性もしっかり観ていた。それは、メジャーユニットへの憧れ、なりたい気持ちの本気度を物語るものに違いないでしょう。


 一方で、私的にちょっと心配になったことは、”ひとり”だということ。

 つんく♂氏も「最低でも2人は採るつもりだった」と言い、同期がいることの良さは理解しているようですが、「小田ひとりで持ってった」とその理由を語り、さくらちゃんが他の子を引き離して、飛びぬけた逸材であったことを明かしています。

 私としても、6期や9期の子たちの過去の発言を思うにつけ、同期がいるというメンタル的な心強さ、励ましあう仲間の大切さを常々感じていたので、11期もぜひ2人以上は入ってほしいと思っていました。

 ひとりだけの合格、と聞いて真っ先に思い浮かんだのはそのことでした。ひとりで大丈夫かな?・・・優しい先輩が相談に乗ってくれることは疑いないですが、同じ思いを分かち合う存在がいないことに、辛さや寂しさを感じることがあるんじゃないかな?・・・そんなことを思ってしまいます。


 ただ、それを払拭する可能性を彼女には感じます。

 歌唱力が高く評価されての加入、ということは、この時点ですでに「エース候補」ということじゃあ〜りませんか!つまり、モーニング娘。のメインボーカルを担う一人としての大抜擢なれば、同期との差が大きくついちゃうのも考えものですから、ひとりのほうが立ち位置を取りやすい。れいなの言う「一人のほうがおいしい事もある」ってことですね。

 逆に言うと、小田さくらにはメインボーカリストとしてのポジションをしっかり確保してほしい。田中れいなは別格の存在として、今、そのれいなとダブルボーカルを張る鞘師里保だけでは、娘。のボーカル力として充分ではない、と判断してのボーカリスト獲得だと考えられますので、さくらちゃんにはりほりほに匹敵する、あるいは超える”歌姫”になることが求められます。

 さくらちゃんには充分その可能性がありますし、そうあってこそ、たった一人の11期メンバーとして、モーニング娘。の中で確固たる存在感を保っていけると思います。そうなればきっと、一人の寂しさなど飛び越えて、突き進んで行けるでしょう!

 (おっと、もちろん”いいライバル”の登場によって、りほりほのボーカルがさらに高みを目指すことも期待されますよ!)


 公式動画の中で印象的な話としては、1年前のスマイレージのオーディションで最終選考まで残ったさくらちゃんについて、「たまたま自分が見た会場に彼女がいて、その受け答えとかなにからミラクルで、記憶の中にスポーンと入る(存在だった)」とのつんく♂氏の言葉。そのことについて、「あいつには運がある」とも。

 では、なぜその時合格しなかったのかについては、「(まったくの素人として)苦労知らずで、スマイレージの何人かの中の一人として獲るのは、もったいない。それ以上伸びないだろう」という判断で、「一回研修生させて、揉まれてみる」ことを選んだと。

 つまり、スマイレージのオーディション時点で、その才能に惚れこみながらも、”あえて”落とし、研修生としての修行を経験させた上で、満を持して娘。に加入させたという経緯・・・これがまた驚きを誘います。

 さらには、その時点で、1年後に娘。オーディションをやったとき、研修生のさくらもそれを受けるというシナリオがすでにP氏の頭にあったと考えると、彼の深慮遠謀にも感嘆を禁じ得ません。

 小田さくらという逸材の獲得を目指した11期オーディションの構想は、1年前から彼の胸の内にあった・・・そんな想像も現実味があるではありませんか。


 「歌の面での目標は高橋愛さんや新垣さん」といきなりのお披露目の場で堂々と宣言したさくらちゃん。「みんなで歌っていても、後ろにいても、目立つ歌手」になりたいとも。その意気や良し!れいなも言ってましたが、清楚でおっとりした印象に似ず、「肝が据わってる」子みたいですね。

 その精神力とこれからの頑張りがあれば、”れいなを継ぐ者”になれる。15年の歴史の中で輝いた”ボーカリスト”に名を連ねられる。そんな予感バリバリです(^^!


 それと、なんとなくですが、まーちゃんのように、周りを自分の空気に染められる(それも天然で)オーラを持っているように感じました。それもまた面白い!

 とにかく、天才つんく♂氏のインスピレーションを信じ、さくらちゃんの躍進を信じ、何よりモーニング娘。を信じて、これからも追い続けていきましょう。

 いや〜、ますます楽しみです(^−^!

 
posted by 麗夢 at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。