2008年09月13日

Cutie Circuit 2008 は真夏の匂い

 天気予報と舞美ちゃんの存在に反して(笑)、暑い日差しが照りつけた9月7日、行ってきました有明へ。

 『℃-ute Cutie Circuit 2008 〜江戸の手毬唄U〜』です。これは、シングルCDに封入の応募券で当選すると参加できるというイベントなのですが、なかなか当選確率がシビアで、私にとっては『都会っ子 純情』以来です。

 この日は一日三回まわしの公演で、全国ツアー中だというのにこのハードなイベントまで難なくこなしてしまう℃-uteたちに改めて感服仕ります(^^!私は2回目、15:30の部への参戦です。

 ちょっと早めに、開場の1時間前の13:30ごろに「DIFFER有明」に到着すると、もうそこにはかなりの人だかり。ハローの現場ではいつものこととはいえ予想以上でした。まぁ、1回目を終えた参加者も混じってのことでしょうけれど。

 今回のイベントの1回目は(おそらく初の試み?)女性限定ということでしたので、そのせいか、中高生くらいの女子の姿がかなり目に付きます。ベリキューがそういう方面にも高い人気があることは知ってましたが、限定しちゃうとは思い切りましたね。耳に入ってきた会話によると、参加者は会場の半分くらいだった、そうです。

 当の℃-uteたちはどんな気持ちだったのでしょうね〜。野太い声援に慣れている彼女たちも、女の子の黄色い声で応援されるのは、また違った嬉しさがあるのかもしれませんね。

 さて、開場までマッタリ待つ予定でしたが、意外にも外にグッズ売り場ができていましたので、早めに購入しておくことに。いつものイベントVと写真セット。2Lは売り切れもいくつか出ていたので回避です。

 そのうち列ができ始めたので、早めに並び、早め入場。中は弱い冷房が効いていましたが、それでも汗が出てきます。まさに真夏の日でした。ワンダコンの℃-uteTシャツにCHISATOリスバンをつけてスタンバイOK。

 例によって、席はランダムでしたが、ここでもラッキー!6列目の、さらに通路際。もちろん、ステージ上の彼女たちの表情もはっきり見てとれるくらい近いです。それにしても、今年のライブにおける通路際率はきわめて高い(^o^。


 さぁ開幕・・・の前に、恒例の前座です。千聖&舞、そして、「今日は代打ではなく正式に登場です」と紹介されて、いつもの愛理に代わってなっきーが登場。その名も”なっきーガールズ”です!その内容は微妙すぎるので割愛しますが(笑)、ちょっと違った雰囲気で新鮮でした。

 なっきーガールズのみなさんが下がると、場内暗転していよいよスタート。まるでコンサートのように、いきなり一曲目。歌うはもちろん『江戸の手毬歌U』です。この曲用の着物ドレス衣装で軽やかに。メインステージまでは距離のあった合同コンよりも断然近く、つまり今までで一番近くで、江戸の手毬をナマで楽しめました。

 一曲目が終わるとMC。自己紹介+夏の思い出を語るというものでした。細かいところは省きますが、印象的だったのは、最後にリーダー舞美ちゃんで、雨女を自認する彼女が、マイマイと遊園地に行ったらやっぱり雨で、カッパを買って着たら雨が止んで、脱いだらまた降って・・・だったという話。「今日も雨にならないようにお祈りしてたら、降ってきて・・・」(笑)。そういえば、入場した直後にパラッと降ってたような(^^;。「雨女を克服したい」舞美ちゃんでした。

 二曲目はなんと、このイベントで聴けるとは思わなかった『EVERY DAY YEAH! 片想い』。この歌は℃-uteの楽曲の中でも特に好きな歌のひとつですが、こんなに近くでナマで観て聴けたのは嬉しかったです。(℃-uteに関してはまだまだ初心者なので(^^;;;) この曲のフリもちょっと覚えました。

 続いて、これは当然予想していた『忘れたくない夏』。まさに今真っ最中のツアータイトルでもあり、ほんとに夏のさわやかな思い出を感じさせるアップチューンですね。衣装は手毬のままでしたが、真夏の情景が浮かんできました。


 2回目のMCには、なんとなく予感がしていた”ヤツ”が登場!・・・と思ったら、名前は「ドエース」でした(笑)。合同コンや「キューティ☆ランド」に現れた「ドエーム」さんの、たぶん親戚でしょうか。またまた見事に℃-uteたちをいじってくれました(^−^。

 この日の話題は、なんと前日(9月6日)に℃-uteメンバーがファッションショーに呼ばれた、というもの。これは初耳でしたので驚きました。センチュリーさんによると、事前の報道などもなかったようです。後で知りましたが、それはh.NAOTOのファッションイベントで、他には紺ちゃんやまこっちゃん、梨華っちといった、信じられないような面子。どんな経緯で呼ばれたんでしょうねぇ〜。。。

 ま、それはおいといて、そのショーに出られなかったなっきーとカンカンに、ファッションショー気分で歩いてみるよう促すドエース。二人が歩き終わると、さっそく攻撃開始(^^! 「なに、岡井!モデルはそんなんじゃないよ、って顔して」とか言いつつ、ちっさーにもモデルウォークを強要(笑)。恥ずかしげに歩いた後、「こんな背が低くて、モデルやっちゃってよかったのかな〜」とか言ってるちっさーが可愛かった(^−^。

 その後も、「なんか足りないな〜。そうか、BGMが足りないんだよな、梅田」とか、「鈴木、そんなBGMじゃなかった、みたいな顔してるけど」といったふうにいじりまくり(笑)。いや〜、おもしろいね。最後に、ドエースが「おまえらももっと磨いて、どんどん世の中に出て行ってくれ」と、激励の言葉で締めます。ちなみに、彼はその後、八王子(Berryz工房のコンサート会場)に向かったそうです。


 すばらしいMCのあと、これまた私の特に好きな歌のひとつ、『タイムカプセル』を披露。いやはや、無料のイベントでここまで聴けるとは、すごいお徳感いっぱいですね!ラストは、『めぐる恋の季節』でハジケて、楽しいイベントのエンディングです。会場でサイリウムも売ってましたが、ほんとにサイリウムを振りたくなるほどの、まるでコンサートの一部を切り取ったようなイベントでした。去年の「都会っ子・・・」のときもそうでしたが、℃-uteのイベントはすごいです!

 いつもの握手会をロビーにて行い、お開きとなりました。やっぱり、℃-uteのイベントは楽しいですね。充実感がたっぷりです。そして、なんといっても、全国ツアー中にもかかわらず、こういうイベントもしっかり盛り上げて、楽しませてしまう℃-uteたちのすごさ、すばらしさを実感しました。ますます染まってしまいそう(^^;;;。またいつか、幸運に恵まれますことを。

 


posted by 麗夢 at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | event | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。