2008年10月25日

如果星球不下雨

 今年の夏のハロコン『避暑地でデートいたしまSHOW』のラストを飾った珠玉のバラード、「雨の降らない星では愛せないだろう?」がDohhhUp!で公開されてしばらく経ちました。(とか言ってるうちに、本チャンのDVDも発売になりましたが(^^;)この歌への反響、かなり大きいですね〜。

 「感動的だった」「ハロプロに残る名曲」・・・などの声が聞こえております。これまでも、つんく♂氏はこのような曲をいくつか残しておりますが、自身の子供へのメッセージという気持ちも込められたこの曲は、その思いもひとしおのように思われます。

 大人数のユニットがそろいながら、なかなか見られない”合唱”であることも、この歌の雄大さを演出して、いい感じですね。私はかねてから、モーニング娘。やベリキューには、たとえばアルバムの中の一曲でも、ハモリ(もちろんメンバー自身による)があっていいのにな〜、と思っているので、久々にそのハーモニーを聴けたのも嬉しかったです。

 そして、なんと言っても一番の話題は、ジュンジュン、リンリンが歌うソロパートですね!曲のクライマックス、合唱の合間に艶やかに挿入された二人のソロ歌唱。特に、普段あまり目立たない(^^;リンリンの歌のうまさに、改めて驚き、感じ入りました。さすが、つんく♂氏に見出された逸材の一人。その歌唱力を娘。の歌でももっと生かしてほしいですね。じゃなきゃ、もったいない!

 当然のように、その歌詞はなんて言っているの?と気になっている声も多いようです。私も正確にはわからないのですが、表題のような言葉で始まり、要は「雨の降らない星では・・・」というサビの日本語の歌詞を中国語にしたもののようです。でも、リンリンが歌ったパートの最後には、日本語にはない言葉もあります。
 我們大聲唱 垪命的唱出 我的愛
「私たちは大きな声で、精一杯歌います。私の愛を」・・・未来のために、愛するもののために、”私の愛を”歌う・・・これがこの歌の最大のテーマなのでしょうね。

 この中国語の歌詞を含めることによって、この歌が日本のファンのみならず、娘。やBerryzなど進出が著しいアジアへも向けられた大きなメッセージソングであることが示されていると感じました。それこそが、リンジュンがハロプロに加わった意義のひとつでもあり、アジアを展望するプロデューサーの強い意思でもあるのでしょう。

 そんな「雨の降らない星では愛せないだろう?」が、ワンダフルハーツの若い子たちによって歌われたのも、意味深かもしれません。エルダークラブの大勢卒業が発表されたのはつい先日ですが、もちろんこの夏のコンサートの時点で、それはプロデューサーの胸の内にあったことでしょう。

 それを思うと、来年以降のハロー!プロジェクトを担うモーニング娘。、Berryz工房、℃-ute、そしてエッグたちに、日本の、そして広くアジアのファンに夢や希望を発信していく思いを託したとも受け止められます。

 そんなことも感じつつ、あの日の感動を呼び起こしながら、じっくりとライブDVDに浸る夜もいいものです。(まだ買えてないけど(^−^;)



 P.S.
 なんと、この曲はモーニング娘。の歌唱で、ちゃんとレコーディングされた音源が存在します。現在ツアー中のコンサートでも、”娘。版”として披露しているようですし、もしかしたら・・・次の娘。のシングルはこの曲かも??

 


posted by 麗夢 at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。