2009年06月25日

青春バスガイド/ライバル

 Berryz工房の記念すべき20枚目のシングルは両A面。・・・だいぶ遅れましたが、その2曲について書きましょう。

Berryz_rival.jpg


 『青春バスガイド』は、ハロプロの・・・いえ、女性アイドルが歌う歌としては、かなりユニークなものです。おそらく修学旅行でしょう、綺麗なバスガイドさんに男の子が一目惚れ。短〜い恋をしちゃうというお話。

 いままで、男の子目線で歌った曲って、ハロプロにあったかな?つんく♂大将としても初の試み、ではないでしょうか。思い切った曲を書いたものです(しかも、シングル曲で)!これもまた、彼らしい大胆不敵さの現れでしょうか。

 曲は、メンバーたちも語っているように「カッコイイ」メロディ。シャープでスピード感があり、半音を多用することで、その中にちょっと切ない感を漂わせます。でも、アレンジはウラハラに、ブラスっぽいような勇ましさ。これらの一見ミスマッチも狙いなんでしょうね。

 一方、歌詞はコミカル。ガイドさんに惚れちゃった男子が、他のヤツに親切にしたり、話しかけたりするたびジェラシーに燃えちゃいます。
「ひとりじめしたいんだ!」
と。さらには、
「マイクに生まれ変わりたい〜♪」
とまで(笑)。当人は切実でも、傍から見るとおもしろいっていう、思春期の少年の危うい微笑ましさ、とでもいいましょうか(^^;。

 思わず、自分の中学時代を思い出します。似たようなことがあったな〜(^o^;

 ベリたちの歌い方も、”男の子”を意識してか、ちょっと太目の声を出してる(出そうとしてる)感じです。特に桃は、Buono!のときのような太い声だし、雅みたいに安定して変わらない子もいますが(^^、梨沙子の力強い歌声は、この曲の雰囲気をよく表していますね。


 例によってDohhhUpにて先行配信されたPVですが、これまた大胆!なんと、ベリの7人が学ラン着ちゃってますよ!彼女たちはもちろん、我々もこんな姿を見るのは初めて。いや、あとにも先にもこれっきりでしょうね、きっと。一番似合ってた、というか様になってたと感じたのは、千奈美です(^^。なんか髪型も最近の男子っぽかったし。桃もいい味出してたかな。

Berryz_busguide.jpg


 またダンスシーンでは、サンダーバード(古い)みたいな未来的なコスチュームで踊ります。歌の内容とはまるっきりかけ離れた衣装にはもう慣れっこなので(^^;、それほど驚きません。でも、ダンス自体はかなりカッコイイ感じです。Berryzらしいクールなパフォーマンスが光ります。これもまた、Dance Shotをじっくり見たくなりますね〜。

 合間には、逆にベリの7人がバスガイド姿になってる映像もちりばめられます。これはさすがに、まだ子供、って感じ(^^;。バスガイドさんっていうのは、やっぱり”オトナの女性”ってイメージなんですよね。

 そして!今回のPVの最大の話題は、各スポーツ紙でも取り上げられていた、大江麻理子さんの参加です。テレビ東京の現役の人気女子アナが、アイドルのPVにゲスト出演するなんて、これはビックリ!役者さんならともかく、アナウンサーっていうのはかなり珍しいことじゃないでしょか。これもまた思い切りましたね〜。

 その大江アナが、男の子を虜にするような、美人で「みんなに優しい」ガイドさんを好演。いかにも中高生くらいの男子が憧れそうな年上の女性、という雰囲気が見事にキマってましたよ。当人はかなり照れていたらしいですが、結構なりきってました。ウインクするところなんか、おぉ〜!こっちが照れちゃう、って感じ(^0^;;



 もうひとつのシングル曲、『ライバル』は対照的に、可愛くてさわやかな雰囲気になっています。Berryz工房の歌としては、久々に”正統派なアイドル恋愛ソング”と言えるんじゃないでしょか!

 ほぼ均等なパート割りの『青春・・・』に対して、こちらはベリーズ3大ボーカルの梨沙子、桃子、雅の3人がメインボーカルというスタンダードスタイル。このほうがベリらしくて落ち着く、と感じるファンも多いかもしれませんね。

 7人の歌声も、『青春・・・』とは打って変わって、女の子らしい、可愛いものになっています。特に桃子の声を比べて聴いてみると、その違いは明瞭ですね。この辺の表現力もお見事! 

 歌詞は、いかにも現代っ子な女の子が、周りのカップルに焦りを感じながら、恋に恋する・・・みたいな、イマドキの女子高生的なストーリー。でも、サビの
「羽ばたこう 未来は自分の手の中さ」
とか
「ライバルは 弱気で後ろ向きな私 簡単には負けない」
なんて、急に大きくテーマが広がるところがとても印象的です。この辺、つんく♂氏らしさがありますね。

 また、「Go Go Fight」の合いの手?も軽快で、いかにもコンサートでコールして盛り上がることを想定した、これまたつんく♂氏らしい、ライブ向きの曲と言えましょう。


 このPVも明るくてカラフルで可愛らしい!CDのジャケットにもなっているおしゃれな私服衣装で踊ります。Berryzらしいコミカルな場面もいっぱいあって楽しい(^−^。

 また、紙で作った?ギターや鍵盤などを弾き真似してる映像も凝ってて面白いですね。熊井ちゃんのドラマー姿が似合ってた(^o^。ちっちゃなキャプテンにでっかいコントラバスの組み合わせがなんとも微笑ましい(^−^!

Berryz_rival2.jpg


 髪型も前作同様、かなりオトナっぽくなっています。桃はいつものスタイルを貫いてるし、髪を切った雅のショートボブも新鮮ですが、他の5人は背伸びなヘア(^^;。身贔屓な佐紀ちゃんはショートヘアをちょっとワイルドに仕上げてかっこよくキマッテマス!りーちゃんはキャラのためか、大人びたウェーブが似合ってるし、アップで私的にオッと思ったのは千奈美でした。童顔な彼女が”お姉さん”な感じになっててちょっとドキリ!



 20作目となるシングルでも、相変わらずのハイクオリティを魅せてくれつつ、新しいことにも果敢にアタックするBerryz魂を楽しませていただきました。これからも飛躍するBerryz工房がまだまだ堪能できますね!

 


posted by 麗夢 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。