2009年12月31日

2009年 ハロプロ10大ニュース☆

 さぁ、今年もこの日が来ました。 四度目の今回も『2009年 私的 ハロプロ10大ニュース』を書き記して、ハロプロへの想いに浸ってみましょう(^^。



☆1 Buono! ファーストコンサート

 私としてはこれを1位にもってきちゃいたい!FC限定ライブ参戦の幸運に恵まれなかった私にとって、2009年は初めて、最愛のBuono!の単独ライブを堪能できた年でした。
 奇蹟のような2月。超名盤のセカンドアルバムを引っさげての(一般向け)ファーストコンサート。あの感動の名曲が次々に披露される夢の舞台!生バンドを従えての圧巻のロックライブ!!
 そして12月には、初の東名阪ツアー。魂ごと熱狂の世界に惹き込まれる最高のライブ時空!Buono!は最強ですね〜(^−^!オーラスの『-Winter Story-』はBuono!からの熱いメッセージ。そして、来る未来のキラメキまで届けてくれた贈り物です。

☆2 梅さん卒業

 ℃-uteからもついに卒業者が・・・。夏の発表を聞いたとき、とうとうこういう日が来たかと寂しさに暮れました。少女はいつか大人になる・・・アイドルもいずれは大人の世界へと旅立つ時がくるのですね。
 その先陣を切ったのは梅田えりかちゃん。モデルになるという自身の夢のために決断した卒業ですから、ファンとして素直に祝福し、これからの活躍を願いたいと思います。
 長身で美人の梅さんなら、きっとステキなモデルさんになれますよね(^^!

☆3 小春卒業

 今年一番驚いたニュースはこれだったでしょう。モーニング娘。から次に卒業するとしたら・・・想像をめぐらせていたファンも少なくないでしょうが、まさか小春とは、誰も予想できなかったでしょう。
 なにしろ、今の娘。の中で、2番目に若い子が卒業するというのですから!ミラクルエースとまで言われた7期メンバーの小春ちゃんも、モーニング娘。の中では”エース”にはなりきれなかった感がありますが、アニメキャラ「きらり」と一心同体となった活躍で、実質的なソロとしてシングル6枚、アルバム3枚をリリースするという驚異の記録を残しました。
 その実績を評価して、ソロのほうがより彼女の資質を開花できるという判断なのかもしれませんが、なんだか唐突な、ちょっと不自然な感じがします。正直なところ、卒業後の方向は明確に決まってはいないようですし。
 小春のこれからも見守っていきたいですね。そして、ぜひ成功してほしいです。

☆4 ハロー!プロジェクト 大改編

 昨年の10大ニューストップに、この大改編発表のニュースを入れましたが、2009年4月、それが現実となりました。3月31日をもってエルダー組がいっせいにハロー!プロジェクトを卒業。ハロプロといえば、若いアイドルたち=モーニング娘。・Berryz工房・℃-ute・真野恵里菜・ハロプロエッグの集団となりました。
 同時にファンクラブも改編。ハロプロファンクラブに加え、あややとメロン記念日はそれぞれ独立のクラブとなり、娘。OGを中心としたそれ以外のエルダーメンバーはM-lineという名で統合されました。
 つまり、今まで同様に幅広く応援しようとすると、複数のファンクラブに入る必要があり、私的には対象限定の決意を余儀なくされました(^^;;;。
 エルダー最終公演を見届けることはできませんでしたが、こんこんと音楽ガッタス、そしてなっち・・・胸熱くしてくれた娘たちのこれからの活躍を願います。

☆5 佐紀ちゃんイベント in 仙台

 Berryz工房の、それも清水佐紀ちゃんの、ほぼ単独イベント・・・それだけでも超レアなのに、こともあろうに、それが田舎都市・仙台で開催されるという、佐紀ちゃんファンの私にとっては奇蹟のような大ニュース!!!
 その名も『Berryz工房 清水佐紀による清水佐紀のための○○ 清水佐紀・菅谷梨沙子(アシスタント)』
 しかし、このイベントに参加できたのは、運命のいたずらのおかげでした(^。^;。イベントの規模は小さなものでしたが、災い転じた結果的な幸運によって行くことができた貴重なイベントということで、私にとっての大きな思い出です。
 もし握手会があって、佐紀ちゃんと初めての握手ができていたら、これが1位だったでしょう(^^;;;。

☆6 晦日にBerryzコンサート

 これも上述に関連しますが、10/17に行われるはずだった仙台公演が、メンバーのインフルダウンによって延期に。その替わりの日がなんと12月30日!
 でも、おかげさまで、年末までワクワク気分が味わえましたし、しかも結果的にツアー最終公演に参戦できました。これはこの先、もうないかも?
 茉麻も言ってましたように、2009年の最後まで、Berryzのみんなに会えて、心踊るコンサートが楽しめたのはよかった!世の中、何か吉となるかわからないものですね(^.^。

☆7 さゆ バラエティ出まくり

 今年のハロプロ珍事No.1はこれでしょう(^o^!現役モーニング娘。の道重さゆみちゃんが、ものすごい数のバラエティ番組に出演しまくりました。
 しかも、ある一時期だけとかじゃありません。この一年を通して、驚くほどの出演ぶり。あまり売れない芸人など、羨ましがるほどです(笑)。
 きっかけはお正月特番のクイズ番組。そこで、さゆの類稀なるバラエティの才能がテレビ業界関係者に知れ渡ったのでしょう。誰も叶わない強烈な発想のおバカぶりと、可愛い顔した毒舌が彼女を時代の寵児へと押し上げたのです!
 このさゆの意外な快進撃、来年も続きそうな勢いですね〜(^^!

☆8 まのえり メジャーデビュー

 2008年、インディーズ曲とイベントで助走した真野恵里菜が、2009年、ついにメジャーデビュー!歌の記事にも書きましたが、デビューの年にいきなりシングル5枚にアルバム1枚をリリースするという攻めを見せました!
 アップさんもかなり力を入れて売り出そうとしたことがうかがえます。特に今年は、まだエッグのスマイレージたちがバックダンサーとして強烈な可愛らしさを演出し、花を添えました。
 残念ながら新人賞のレースには参戦できませんでしたが、ほんとうの意味でソロになる来年は、真野ちゃんの真価が問われることになるでしょう。

☆9 S/mileage 始動

 ハロプロエッグからついにメジャーデビューへのムーブメントが始動。歌、バックダンス、そして演劇と、特に活躍が顕著で才能を感じさせる和田、前田、福田、小川の4人がメジャー要員としてユニットを結成。
 「メンバーの入れ替えや増員もありうる」というプロデューサーの言葉で程よい緊張感を持ちながら、インディーズシングル3枚をリリースし、イベントも経験。
 そして、その4人が正式にメジャーユニットのメンバーに決定しました。夢が叶った彼女たちの涙は純粋そのものでした!ハロプロの未来をより輝かせるフレッシュなアイドルの誕生を祝福します。

☆10 「チャンプル@」の感激

 今年夏に発売された企画アルバム「チャンプル@ 〜ハッピーマリッジソングカバー集〜」に感激しました。このアルバムで初披露される復活ユニットが気になって買ってみたCDでしたが、予想をはるかに超える充実した内容でした。
 特に、タンポポ♯でのちっさーの歌の魅力にウットリ。初のソロ歌唱を圧倒的な歌唱力で歌い上げたリンリンに驚愕!また、続・美勇伝でギンギンロックを歌う梨沙子の歌声に新たな魅惑を感じました。
 いつもとは違う組み合わせでの歌が聴けることもあり、こういう企画ものCDあなどりがたし、です!


 一応トップテンを挙げましたが、例によって、今年のニュースを振り返るのに10個じゃ足りません(^^;。そういうわけで、以降は次点となりますが、このままカウントアップ?を続けます。


◇11 復活ユニット 夏ハロで乱舞

 上記で挙げました復活ユニットがタイムリーにステージで生披露されたのが、今夏のハロー!プロジェクトコンサートでした。
 特に「あぁ!」、「プッチモニV」、「タンポポ♯」は、なんとこのハロコンのために用意された新曲を披露!懐かしのユニットがフレッシュなメンバーで復活しただけでもウキウキしますが、それが新曲を歌ってくれるのはすごくうれしいですね(^−^!
 これらのユニット、一発で終わらせるのはもったいない。ぜひ存続してほしいです。

◇12 澤ちゃん&のっち エッグ卒業

 これはファンの間でさえもほとんど話題に上ることなく、ひっそりとした卒業でした。
 特に、音楽ガッタスのメンバーとして歌い、Gatasではゴレイロで奮闘した澤田由梨は、Gatasの練習の中で、彼女自身から突然の卒業発表。公式に発表されることはない、静かな旅立ちでした。
 やりたい夢に向かっての進学のための卒業・・・エッグのままタレントの世界を去ることになりましたが、その前途に幸あらんことを祈ります。
 そして、のっちはハタチを過ぎて、おそらく年齢的な理由じゃないかと思いますが(^^;、ハロプロエッグは卒業して、アップフロントエッグに所属するということです。
 音楽ガッタスは続けるということですから、我々から見ると、ハロプロからM-lineに移ったという感じですね。これでますます、”アニヲタ”ぶりに磨きがかかるんじゃないでしょうか(^。^;

◇13 熊さん 衝撃のCM

 絵的に最も衝撃的だったのは、BBBのアルバムのCMでした。さわやかな純白の制服姿の熊井ちゃんが、手にしたレモンをかじると・・・!?
 このインパクトは鮮烈でした。このCMを企画した人に拍手を送りたい。そして、なんといっても、Berryz工房のメンバーがテレビのCMに登場すること自体が超レアです!
 たまにでもいいので、こういう機会も増えると面白いですね。それによって、Berryz工房や他のハロプロユニットの認知度も上がるかもしれませんし、新たなファンの獲得につながる可能性だってあるのですから。

◇14 カンカン 脱退

 2月からけがの療養のためという理由で活動休止していた有原栞菜が7月、突然の芸能界引退を発表。外反母趾のためにしては長い休業に、なんとなくそんな結末を予感した頃でした。
 彼女に何が起こったのか?我々には知る由もないですが(いろんな憶測は流れていますが、その真偽は定かならず)、めぐに続いて、℃-uteから二人目の残念な脱退となってしまいました。
 「・・・めぐや栞菜も含めて、みんなで℃-uteです・・・」というリーダーの言葉がせめてもの救い。その思いの分まで、5人の℃-uteにはますます輝いてほしいですね。

◇15 『しょうがない 夢追い人』 オリコン週間1位獲得

 ようやく、といった感じでした。『歩いてる』以来2年半ぶりの快挙。いい曲を歌っているのに・・・ともどかしい思いをしていたファンにとって、久々の吉報となりました。
 この曲に代表されるような、ちょっとオトナの女性の切ない心情などを歌うようになった今のモーニング娘。ですので、(特に女性など)広い層に聴かれるボーカルグループになっていくといいな〜。

◇16 初めてのソロ写真集

 2009年は、ベリキューにおいて、初めてソロ写真集を発売するメンバーが4人もいました!出してる子は数年前から複数の写真集をリリースしていることを思うと、ようやく来た!という感じです(^^。
 特に、Berryz工房の千奈美と茉麻は、デビュー5年目で初の写真集。それぞれ高2の年ですから、ちょっと遅すぎるくらいです!
 最年少、℃-uteの舞が中学のうちに出せたのは順当だし、このところかなり人気が高まっているなっきぃも、高1でのリリースはグッドタイミング!
 これで、まだ写真集がないのは、佐紀ちゃんと千聖だけになりました。この2人も、さすがに2010年中には出してほしい!!!

◇17 Berryz コリアンコンサート

 6月、Berryz工房が韓国で初のコンサートを開催!モーニング娘。に続いて、本格的なアジア進出への一歩を踏み出しました。
 ライブの詳細は伝わっておりませんが、向こうのファンは日本以上に熱狂的ですから、かなり熱いライブができたんじゃないでしょうか。なにより、ベリーズたちにとって、大きな経験になったことでしょう。

◇18 Q.E.D.

 高橋愛ちゃんの初主演テレビドラマが放送!それもNHKの割としっかりしたドラマでした。高校生という役にもそれほど違和感はなく、制服姿も似合ってました(^^。
 思えば、一昔前のアイドルと言えば、歌のほかにドラマに出るのも当たり前、みたいな感じがありましたね。ハロプロ振興のためにも、彼女たちにもっとそういう機会を与えてもいいかも、です。



 さて、こうして振り返ると、2009年のハロー!プロジェクトにもいろんなことがありました。2010年はどんなことが待っているでしょう。
 ひとつでも多く、その思い出を胸に刻めたらいいな。その想いを抱きながら、来る年もまた、彼女たちを追い続けます。

 


posted by 麗夢 at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。