2011年04月04日

りぃたむ 生誕17周年!

 今日、4月4日は、りぃたむこと、菅谷梨沙子ちゃんの17歳の誕生日です
 おめでとー!

risako17_1.jpg


 Berryz工房最年少もついに17歳・・・というか、やっと、という感じでしょうか?この辺が普通の(たとえば昭和の)アイドルと感覚が違うところですね。

 なにしろ、メジャーデビュー7周年で、やっと17歳なのですから、いかにアイドルとして早熟だったかということですね。

 これで、ベリも少し前の娘。の如く、”ちょっとお姉さん”なユニットに・・・なりそうな気もしますが、でも、たぶんまだ”アイドル”で行けるでしょう。というか、そうであってほしい!

 上にモーニングさんもいますし、なにより「メインボーカリスト」梨沙子が、アイドル旬な年齢なのだから。

risako17_4.jpg


 そう、今年、というか今季は年長さんがとうとうハタチになっちゃうし、中堅を支える3人が相次いで19を迎えるという、Berryz工房にとってはある意味の”オトナ化”をせざるを得ない・・・かもしれない年になるのでは、と思ったりしてますが、だからこそ、最年少でメインボーカルを張る梨沙子の存在は重要と言えましょう。


 中学生が4人も入ったことで、オトナ化の一歩をたどっていた娘。が、ちょっと前までの”アイドル志向”を取り戻すか!?という雰囲気の中、Berryzがあまりオトナになってしまうと、ハロプロでの音楽性が逆転しちゃうことになりかねない。両者のハロプロ内での立ち位置を考慮すると、それは違和感MAXですからね。

 そう考えると、これからのBerryzでは、楽曲的にはちゃんりーの存在感はさらに増すことも予想されます。ただ、キャプも語るように、彼女は最年少ながら、メンバーの誰よりも(外見上は)オトナっぽい、つんく♂の好みの言葉で言えば「色っぽい」キャラなので、その辺のバランスはかなり微妙な感じもしますけど(^^;。

risako17_3.jpg


 とにかくも、17歳のりーちゃんが、そのキャラどおりセクシーを増長させてオトナの道を行くか、熊井ちゃんとともにBerryzをアイドルらしくあらしめるキーウーマンになるか・・・大いに注目したいです。



 ※「りぃたむ」&「ちゃんりー」は、今のところ、佐紀ちゃんだけの呼び方のようです(^^;

 


posted by 麗夢 at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | solo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。