2011年04月11日

まのえり 生誕20周年!

 今日、4月11日は、まのえり、真野恵里菜ちゃんの20歳の誕生日です
 おめでと〜〜〜!

mano20_1.jpg


 真野ちゃん、ついにハタチになりました!現在のハロプロの中では後発で、その童顔とも相まって、まだまだ初々しさの漂うまのえりですが、なんともうオトナの年齢になっちゃいましたね。

 自分でもその辺を意識してか、ボイスメッセージでも「もうちょっとオトナの真野恵里菜も出していけたら・・・」なんて語ってます(^^。でも、まぁあまり背伸びをせず、自然体の「まのえりらしさ」で行けばいいと、そう思います。

mano20_3.jpg


 そんな真野ちゃんは、メジャーデビュー3年目に突入したばかり。アイドルとしては安定してくる頃、そして歌手としては力をつけてレベルを上げていきたい頃ですが、果たして真野恵里菜はいかがか?

 2年目に入るあたりに、「2年目こそ、歌手としての真価が問われる」と書きましたが、その点においては、ちょっと控えめ(?)な印象ですね〜(^^;;。

 コンスタントにシングルはリリースしていますが、いまいち目立った活動が伴っていないように思います。テレビ出演などのプロモーションも足りないし、なんといっても、重要な本道のひとつであるコンサート(単独の!)が少なすぎます。

 真価が問われる時期だった去年も、単独のライブはほんの少しだったし、3年目を迎えたこの春も、単独コンサートツアーは2箇所4公演のみ。デビューしたての新人じゃないのですから、もっともっと真野ちゃんの姿を観たり、その歌を聴く機会が増えてほしいです。

 あるいは、デビューの年に活発だった女優としての活動のほうでも、真野恵里菜の名を知らしめるチャンスがさらに望まれるところです。

mano20_4.jpg


 もちろん、本人が一番それを望んでいるでしょう。では、それがなかなか思うようにいかないのはなぜでしょうか?

 誕生日を祝う記事で厳しいことを書いてしまいますが(^^;;;、ルックスや声のかわいらしさは申し分なし、アイドルとしての資質はバッチリ・・・でも、歌唱力や演技力がそれに追いついていない。その辺に要因があるのではないかな〜と素人ながら思ったりします。

 なっちやごっちんの例を持ち出すまでもなく、歌手としてのポテンシャルが高ければ、「歌」でファンの心を捉え、「ライブ活動」で衆目を惹くことは自然の流れでしょう。すなわち、少なくとも現時点においては、「ソロ歌手」という道は真野恵里菜にとって、かなり険しいものに思えます。

mano20_2.jpg


 しかし、だからこそ私は、彼女のこれからの伸びしろに期待したい!歌や演技がまだ世間に認められる域にないとしても、言い換えれば、それは発展途上ということにもなり、その域まで成長していく過程をファンとして楽しめるということでもありましょう。

 上述しましたように、まのえりにはアイドルとしての「華」というか、オーラは確かにあるのですから、あとはそういうテクニック的なところを伸ばせば、かなりのタレントになれるはず。

mano20_5.jpg


 そして、何と言っても彼女には、ファン思いのココロがあります。ハタチという節目の歳を迎えて、でもまだまだ、アイドルという花を咲かせられる真野ちゃんを、改めて期待を込めて見守りたい一年です。

 


posted by 麗夢 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | solo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。