2011年05月28日

ヤッシー 生誕13周年!

 今日、5月28日は、ヤッシーこと、鞘師里保ちゃんの13歳の誕生日です
 おめでと〜〜〜!!!

yasshi13_8s.jpg


 さぁ、ついに来ました、ヤッシー!

 モーニング娘。9期メンバーで最初に、さっそく「バースデーTシャツ」が作られたのが里保ちゃんというのも、なにか「持ってる」って感じですね〜(^^!


 そして、ヤッシーといえば、娘。が長〜く待ち望んだ、”エース候補”。現時点では、間違いなく、そう目されています。アップからも、ファンの側からも。

 なにしろ、オーディションの模様を伝える映像が「美女学」で公開された時点で、「これは・・・!久々の、なっち、ごっちん、愛ちゃんに続く、待望のエース登場か!」とファンの期待を膨らませたのですから。

 確かに私も、彼女の存在を知ったとき、衝撃でした。小学生とは思えない、ダンスのすごさ、しっかりした歌唱・・・!

yasshi13_5s.jpg


 −ズブの素人を、その才能や将来性を見抜いて加入させ、娘。の中でじっくり育てることで、アイドルとして開花させる−

 というのが、モーニング娘。のスタイルだと思っていたし、実際今までそうでした。だから、里保ちゃんのような、すでにかなりの”実力”を備えた子(しかも当時小学生!)が加入することは、娘。史上初の快挙なわけです!

 公式には公表されていないのに、なぜかファンの間では知れ渡っている(^^;ように、若干6歳から広島アクターズスクールでタレントの養成を受け、特にダンスにおいてハイレベルに磨かれているヤッシーがエース候補なのは、だから必然と言えましょう。

yasshi13_4s.jpg


 そのポテンシャルはさっそく、アイドルとして、モーニング娘。として初参加した今回の春ツアーで披露されましたね。

 なんと、娘。のトップメンバー、愛ちゃん&ガキさんと3人で『Moonlight night 〜月夜の晩だよ〜』をパフォーマンス。”娘。レベル”を超えたダンスに、場内からはどよめきにも似た歓声!これはホンモノ!!

 歌のほうでも、円熟の域の5期メンに一歩も引かない歌唱を魅せ、その潜在能力の高さを知るとともに、何よりもヤッシー自身の「いつか自分がエースに(彼女の言葉で言えば”リーダーに”)なるんだ」という、意気込みさえも感じさせました。

 これはお見事!まさに、大器を確信させるデビューステージでした。


 初のバースデーメッセージでも、「オトナっぽい曲もたくさん歌いこなせていけるようにがんばります!」なんて発言して、12歳から13歳になったばかりの子とは思えないほど、”歌手”としての自覚に溢れている様子。

 これはやっぱり、エースの座、狙う気満々!・・・と見ました(^−^。

yasshi13_7s.jpg


 ビジュアル的にも充分”アイドル性”豊かな可愛らしさがありますが、これはまったくの私見ですが、生写真などの中の彼女の表情には、ちょっとふてぶてしいまでの自信が漂っているように思えます。

 若干小学生(この春でやっと中1)の小娘の、不遜とも感じられる表情(あくまでも写真を見る限りでの私見です)に多少の抵抗感を覚えなくもないですが(^^;、それは上述したような、確かな実力に裏打ちされたものであるからには、充分許容されるべきものでしょう。

 平たく言えば、「私は、そんじょそこらの小学生(今は中1)とは格が違うのよ」と自尊心を持つに足るほど、歌&ダンスのレベルが高いことは間違いない。そんな子が娘。に入ったことは、繰り返しになりますが、娘。始まって以来の快挙と言ってよいでしょう。

yasshi13_1s.jpg


 誤解のないように付け加えますが、上記の”私見”はあくまで写真を見る限り、の話であって、動画で見る、あるいはコンサートのMCなどでしゃべっている彼女は、あどけない、無垢な少女ですね〜(^−^。

 同期の子によれば、ヤッシーはむしろ、クールなくらいおとなしい雰囲気らしい。でも、我々の知らないような、子供っぽくて純真な、愛らしい一面もいっぱいあるんでしょうね〜。さゆが「萌える」のもわかります(^^!

 その里保が、娘。の中で磨かれ、この先、どれほどのハイパフォーマンサーに覚醒するか、これは大いなる楽しみです。

 


posted by 麗夢 at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | solo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。