2011年08月17日

スマイレージ新メンバー その2

 地方住みの悲しさよ、わずかな情報をネットで漁って、見たり読んだりした内容で状況を推し量るしかない身のもどかしさ・・・。

 ・・・とか言っても詮無きことなので、スマイレージ新メンバーについて新たに知った情報について記しておきたく思います。



 加入した5人のうち、2人はエッグ、1人はすでに芸能活動の実績のある子・・・というところまで前回書きましたが、新たに知った驚きの事実が!

 コアな情報に疎いことが露呈してしまいますが、なんと、中1の田村芽実ちゃんは、「しゅごキャラ!」のミュージカルですでにスマイレージの高2組3人と共演していた!!


 「しゅごキャラ!」の舞台に和田、前田、福田の3田・・・いえ3人が主役級で出演したものらしいので、それは3人が佐保ちゃんとともにやっていた「しゅごキャラエッグ!」の流れを汲むものですね。

 つまり、3人とも、まだエッグメンバーであって、メジャーデビューに向けたユニットを結成して間もない頃に、将来自分たちが活動するメジャーユニットに追加メンバーとして加入する子(エッグではない外部の子)と同じ舞台に立っていた、ということですよ!

 これはまさに、運命の導き。芽実ちゃんは会うべくして会い、仲間になるべくしてなった運命的なメンバーなのではないでしょうか。

 この田村芽実ちゃん、調べると、なんと2006年、つまり8歳の頃からミュージカルの舞台を踏んでいたそうな!エッグ並みに芸暦のある子だったんですね〜(@。@!

田村芽実10tr.jpg

Meimi Tamura  10 years old


 その場に居合わせなかった者としてはありがたいことに、14日のハロコンの模様を伝える映像がJIJIPRESSで公開されましたが、サブメンバーに決定した子の名前が順に呼ばれた時、芽実がコールされると、高2組3人が飛び跳ねて喜んでいる場面がありました。

 歳は4つほど離れてますが、その舞台のときにかなり仲良くなったのでしょう。「あっ!あの時のあの子が仲間になるんだ!」という素直な喜びが見て取れました。

 一人蚊帳の外、という感じのサキチィーがちょっとかわいそうな気もしましたが・・・。事実、そんな複雑な心境のためか、つんく♂に感想をフラれても、ボロボロ涙がこぼれて、何も言えないサキチィーの姿がちょっと物悲しかった。


 それにしても・・・エッグの2人は、時期は多少違っても、おなじ研修生としてともに活動した仲のはずですから、もっと歓迎ムードというか、安心感みたいなものがあってもよさそうですが、意外に淡白な反応だったのもちょびっと気になったりして(^^;


 ネット上の記事によると、このとき、現スマイレージ4人ともかなり泣いてたということです。新メンバーに決まった子が感激して泣くならわかりますが、新メンを受け入れる側がそんなに泣くってことは、やはり4人とも内心は複雑だったのでしょうか。

 現メンバーより多い5人もの新人が一気に入り、突然大所帯になることへの戸惑い。これから自分たちのグループがどうなっていくのか、先の見えない不安。そんな感情が胸の奥には渦巻いていたのでしょうね、きっと。

 彼女たちもまだ純真。これからの子たちです。だからこそ、この新生スマイレージ、ぜひとも成功してほしいです。



 しかし・・・!そんな彼女たちに、またしてもつんく♂プロデューサーから過酷な一言が!

 「サッカーで言えば、J1とJ2が入れ替わるみたいな・・・」感じで、サブメンバーが正規メンバーに昇格するだけでなく、現メンバーがサブに”降格”することもありえる!?そんなことをさらりと匂わせたではありませんか。

 インディーズ時代の「メンバーは確定ではない」発言といい、メジャーデビュー直前の試練といい、つんく♂氏はスマイレージにかなり緊張感を強いる、厳しい状況を与えたがっているようです。

 でもそれは、彼がスマイレージに対して、相当な「本気モード」になっていることの表れではないかと私は思います。


 リーダーあやちょはこれまでも度々口にし、今回のステージでも「モーニング娘。さんやAKBさんより有名になって、アイドルの天下というか、1番になれるよう頑張りたい」と大きな宣言をしましたが、これをつんく♂氏は本気で実現しようとしているのではないか。

 つまり、ちょっと頭の弱い(失礼)リーダーの”大言壮語”に終わらせるのではなく、プロデューサーとして、ハロプロで一番フレッシュで自由度も伸びしろも大きいスマイレージを、アイドル界の1番にしたいとマジメに狙ってる。

 そのために、「ぬるま湯につかったサークル活動」体質をぶち壊し、「ゆるくなったら落とされる」という緊迫感を常に持たせ、メンバー間でもライバル意識を持ち、切磋琢磨せざるを得ないような環境に追い込む!

 まだまだ幼さの色濃いアイドルたちにはかなり厳しい愛のムチですが、それがつんく♂Pの本気の意図ではないかと感じられます。

 それを発現させたのが、今回の大幅増員、”改革”とも言える大胆なユニット体制の変貌なのでしょう。



 はてさて、波乱に満ちた新生スマイレージの航海はどうなっていくのか?どんな予想もつかない展開が待っているのか??

 これもつんく♂大将の思惑のうちなのか、我々ファンもまた、緊張感を持った応援を迫られそうです(^^;;

 


posted by 麗夢 at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。