2011年08月18日

partenza

 微妙・・・。



 というか、これは”ミニアルバムならでは”の「遊び」と思いたい。

 どうしても、これはBuono!のアルバムではない、と感じてしまいます。

 せめて、「ミニアルバムだから、コンセプトを無視してちょっと遊んでみました」ということなら、何とか許容できますが・・・。

 このアルバムが、これからのBuono!の方向性を示唆するものであるとしたら、それは単なる「変化」ではなく、これまで築いてきた「Buono!=アイドルロック」というコンセプトの崩壊を意味し、その「アイドルがロックをやる」という面白さを気に入ってファンになった多くの人たちを、悪い意味で裏切るものといわざるを得ません。



 表題曲『partenza』はあまりに突拍子なさ過ぎて、自分の中で消化し切れなくて、コメントできません。

 が、それ以外は、曲としてはいい。


 特に愛理ソロ『My alright sky』は名曲!ただ、Buono!の愛理として歌う歌か、という点では微妙ですが、アルバムの中の一曲ということなら許容できます。

 坂本真綾を髣髴とさせる、切なくて物憂げな詞とメロディ。それを甘く優しい愛理のボーカルが包み込みます。

 詞、曲、アレンジ、そして歌唱・・・すべてが高次に融合したひとつの曲としての完成度はすばらしい!


 雅のソロ『フランキンセンスΨ』も同様に、アルバムの中のお遊び的一曲という解釈でなら受け入れられなくはないですが、Buono!の雅として、なにゆえSI☆NAのカバーなのか??

 このアルバムの制作者の考えがわかりません・・・。

 ただ、雅のイメージには合っていて、彼女のボーカルも冴え渡っているし、曲としての聴き応えはたっぷりです。


 桃ソロ『キアオラ・グラシャス・ありがと』は・・・Berryzの桃がソロ曲を出した、というなら面白いし、この曲自体、明るく元気な彼女のキャラにも似合ってますが、Buono!の桃として歌う必要があるのか?

 これは、シングルのカップリングあたりで、3人のBuono!が歌うのに適した雰囲気です。

 やはり今回のアルバムのプロデューサーの思考が意味不明・・・。


 上記3曲とも、曲そのものはとてもいいのです。でも、ベリキューのアルバムならいざ知らず、その派生ユニットであるBuono!で、それぞれのソロ曲をやる意味は極めて希薄に思われます。

 Buono!のアルバムに収録するのなら、2ndアルバムでやったように、「○○がメインボーカルのBuono!曲」という作り方にできなかったのでしょうか?

 ぜひ、そうしてほしかった(>_<


 『1/3の純情な感情』は、原曲をリアルタイムで聴いていた者としては多少の違和感を感じるものの、”ロック”という意味で、このアルバムの救いと言えましょう。(11thシングルの曲を除いて)

 これがなかったら、このアルバムの存在意義自体を疑ってしまいます。



 とにかく、このミニアルバムを作った意味、制作者の意図がまったく理解不能です。

 もし、これが本当に「Buono!の変化」だとするならば、Buono!は潔く解散して、それぞれベリキューに専念してください。


 ライブでも、リーダー桃は「Buono!はロック!」という発言を何度もしています。Dolceというバンドを従えてのステージングも、そのことを明確に主張するもののはずです。

 つまり、このアルバムは、当のアーティストの意思・志向をまったく無視した、今回このアルバムの製作にかかわった大人たちの勝手な都合の産物と思えて仕方ありません。

 所詮アイドルの悲しさなのでしょうか?自分たちに、自分たちのやりたい音楽の方向性を主張する発言権がない、という・・・。


 もちろん、3人が嫌々アルバム曲を歌っているとは思いません。歌うのが何より好きな子たちですから、今までにないような歌も楽しんでやっていることは疑いません。

 ただ、それを「Buono!として」やる意味があるのか?

 ユニットのコンセプトからまったく外れたアルバムを今リリースする意味は何なのか?

 私にはどうしても理解ができません。

 もしも、「ロックアイドルという看板もそろそろマンネリ化して飽きられてきたので、ここらで大きく方向転換しよう」ということならば、繰り返しますが、いっそのこと潔くBuono!は終了してください、と言うしかありません。

 Buono!が稀有なロックアイドルユニットとして愛され、広く支持されてきた、その根源が失われるのなら・・・、それはBuono!の存在意味自体が失われる時です。


 だから、Buono!を愛する者として、今回のアルバムはちょっとしたお遊び、番外編のようなものだと受け止めたい。

 次のシングル、次回のフルアルバムに一縷の望みを賭けます。

 


posted by 麗夢 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。