2011年10月09日

さゆ劇場?

 ・・・かと思ったら、そうでもないようでした(^^;

 でも、その場を支配し、リードする存在感はさすが!
 まだまだ、スマっ子たちでは彼女に太刀打ちできません。


 というわけで、6日から始まりましたUSTREAMの新番組、

  道重さゆみの『モベキマスってなに??』

 さゆの独占番組かと思わせるタイトルでしたが、毎回ハロプロからゲストを招いて、MCさゆとトークを繰り広げる、という内容です。

 自分が独り占めできないことを残念そうに語るさゆが、相変わらずすばらしい(笑)!


 初回のゲストはDAWAとかにょん。

 内容を詳しく述べようとするととりとめがなくなりそうなので、印象的なところを簡単に列挙しておきます。

1.さゆは、ハロメン相手でも相変わらず口が悪い(^o^;;;
 ただ今回を良く見ると、毒舌の相手はほとんどかにょんであったことから、
 相手のキャラによって、毒を吐く対象を選んでいるというクレバーな一面も。

2.さゆが和田彩花を「あやちょ」ではなく「だーわー」と呼んでいたのは意外。
 和田好きを宣言しているので、てっきりカワイイ呼び方をしているかと思ってた。

3.そのあやちょは、やはりトークが苦手。
 自身も語るように、人見知りなところがいまだにあることが如実にうかがえる。
 リーダーとして、形式的な挨拶やMCはこなしているけれど、さゆも言ってたように、
 嫌われてるのかと相手に思わせるような距離感は、ファンサービスにも影響しそう?

4.一方のかにょんは、やはりトークが上手い。
 語りも滑らかだし、反応も早い。娘。におけるさゆ、ベリにおける茉麻的存在感。
 しかし、その極度なアイドルヲタクぶりにはちょっと引くかも(笑)。
 ライブMCでもヲタ用語を連発するし。友理奈や里保を見る目はかなりアブナイ!
 でも、そんな大好きなアイドルのすぐそばに(自分も同じアイドル仲間として)
 いられることに、「世界一幸せなアイドルヲタク」だと思う、というのが
 とても印象的な発言であった。

5.めいめいの物怖じしないキャラの話が聞けたのも収穫。
 やっぱり、あの子は伸びるね〜(^^

6.最後の"さゆのかわいさをじっくり見てもらおうコーナー”(^^;;;での、
 さゆが照れながら踊る『ショートカット』のフリは、本人の希望通り、可愛かった!



 なかなか面白い番組でした。また、ハロプロメンバーのキャラ発信の機会としてとても貴重!

 次回以降も期待大です!

 


posted by 麗夢 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | program | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。