2011年11月11日

れいにゃ 生誕22周年!

 今日、11月11日は、れいにゃ、田中れいなちゃんの22歳の誕生日です
 おめでとーーー!

reina22_8s.jpg


 13歳でモーニング娘。に加入。当初からヤンキーと言われるほど(^^;、ちょっと小生意気な雰囲気を漂わせた少女が22歳と言う妙齢に!

 いつも同じ言葉しか出てきませんが、加入当時の幼い頃から見てきているファンとしては、感慨深いし、時の流れを感じます。

reina22_2s.jpg


 ・・・と言いましたが、実は時の流れを感じさせないのが、「れいな」というキャラなのかも(^^

 その要素をいくつか挙げるなら・・・、

 小中学生のころと二十歳前後とでは、ずいぶん顔つきが変わったね〜と思う子が多い中、れいなほど変わらないのも珍しい!ホントに、あの頃の顔のまま、そのままオトナになった(^^!

 それから、声。いかにも小中学生の女子っぽい、キャンキャンしたトーンの高い声がよく響いていましたが、その声をハタチ過ぎても持ち続けているのは、ある意味ユニークかも。

 そして、博多弁。数年で福井弁を(少なくとも対外的には)使わなくなった愛ちゃんとは対照的に、チャキチャキの方言で、臆することもなくしゃべりまくり、ブログ記事まで博多弁で書いちゃう。

 これらはみな、自分らしさ・・・ブレない”れいな”らしさ、をしっかり持ち続けていることの現われなのでしょうね。

reina22_9s.jpg


 なんといっても、13歳のデビュー曲でいきなり、衝撃的な出だしのソロパートを歌って注目を浴びて以来8年間、不動のメインボーカルとして君臨し続けているのもすばらしい!

 生まれながらにしてエースの資質を備えていたことは間違いないでしょう。

 そして、その歌唱力はさらに磨かれてきました。耳に残る、胸に響く声の力。ビブラートを効かせられるのも今の娘。では彼女だけです。

 また、つんく♂Pいわく、「声のキンキンしたところが取れてきた」ということで、よりオトナの歌唱表現力も高まってきた。ハイビートの迫力から明るくカワイイ歌、しっとりバラードまで、どんな歌でもハイレベルで歌いこなせる実力はお見事!

reina22_6s.jpg


 今年のモーニング娘。は、いきなり8人もの新人、しかも若い子ばかり、が加入し、そして絶対エースの愛ちゃんが卒業・・・と激動に揺れました。

 気付けば、れいなも”お姉さん組”です。若い娘たちをリードし、将来的には彼女の後継者を育てるためにも、れいな自身のパフォーマンスをもって、後輩たちに「モーニング娘。のDNA」を伝えていく。そんな使命をも担う存在になった、と言えましょう。

reina22_5s.jpg


 とはいえ、そんな気負いなどどこ吹く風な、飄々としたところも、また”れいならしさ”!

 ボイスメッセージでも、22歳の抱負とか、これからの娘。を引っ張っていく決意とか、そんなものは微塵もなく(^。^;;、「11,11を足すと22になるので、特別な感じがするので、なにかいいことがあればな〜と思います」なんて、お気楽なことを語っちゃってます(笑)。

 やっぱり、それがれいなだね。肩肘張った気負いとか使命感とか、そんなのは彼女には似合わない。

 これからも、我々に勇気を与えるような、見ててスカッとするような、”田中れいな”を味わっていきたいですね。

reina22_10s.jpg


 この間、さゆが言ってました・・・今まで絵里とばっかりいて気付かなかったけど、れいなも優しくカワイイところがいっぱいある良い子だと。

 そんな知られざる(笑)、れいなの魅力が醸し出されていくのも、これからの楽しみです。

 


posted by 麗夢 at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | solo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。