2011年11月14日

すーさんの正体?くどぅーは小学生全開!そして、えりぽん特攻!

 またまた、だいぶ遅れて観てしまいました。時間の都合もあるけれど、まぁポジティブに考えれば、リアルタイムのコマ送り状態で観るよりはいい、としておこう!


  道重さゆみの『モベキマスってなに??』

 第6回(11/10)のゲストは、あいりん、やっしー、くどぅーの3人。いわゆる”可愛くって癒される〜”タイプ(さゆ談)の3人がそろいました。

 たしかに、可愛い子好きのさゆにとっては、ヤバイくらいの回ですね(^−^

 では、いつものように感想を。

1.ファッションチェックのコーナー・・・ってほどでもないけど、それぞれの子のいでたちに注目するファンサービスタイム(^^;

 愛理は非常に珍しいですね。私服ということですが、普段(アイドルとしてファンから見られる場でも、学校いったり出かけたりするときも)ほとんど着ないであろうような服装でした。スベスベ生地の水玉ワンピってちょっと大人すぎ?というか、愛理のキャラには合ってなかったと感じましたけど(^^;;;

 里保はファッショナブルなイメージがあるけど、そのとおり、まるでステージ衣装みたいな姿。愛ちゃんからもらったという半袖の上に、白い士官服みたいな(?)感じのジャケットは、エースのオーラをまとった里保によく似合ってました。

 遙の服は、小学生としてみればちょっとおしゃまというか、背伸びした感じもあったけど、とにかく可愛いから許される(笑)。それになんといっても「小学生体型」がヤバイ(^o^;;。「ほそ〜い」と言ってたけど、そうじゃなくて、小学生女子らしい・・・典型的なロリータ体型なのですよ!これはヤバイです!

2.モベキマスBOXコーナー!

 愛理が引いたのは田中れいなさん。「ヴァンパイアストーリーズ」の時に、同じハロプロ仲間として、いてくれて安心した・・・という話でしたが、それよりも愛理の滑舌の悪さにさゆがツッコミまくり(笑)。
 私は言ってることはわかりましたけど(^^、たしかに、慣れないと・・・いや慣れたメンバーでさえ聞き取りにくいのを実感しました(^^;;;
 ヤッシーやくどぅーには優しく、お姉さんぶりを発揮しているようで微笑ましい。さすがに10歳近くも年下の子だと、れいなも丸くなっちゃうようです(笑)。

 ヤッシーは10期メン佐藤優樹を引き当て。まだまだ知られていないまさきですのでこれは貴重な情報源。
 ”問題児”と呼びたくなるほどの天然ぶりはホンモノのようで、同い年でもエッグで鍛えられたくどぅーと違い、メンバーや段取りなどに配慮する感覚が身についていない模様ですな〜(^^;;;。これはますます先輩方の教育が必要ですね。
 ただ、バレエをやってたという新事実も発覚。爪先立ちや手のフリなどがキマってるとのことで、期待できそうな情報が得られましたよ。

 くどぅーは田村めぃめぃ。これまた、情報の少ない新メンの話が聞けるのはありがたい。グループは違えどほとんど同じ年頃なので、モベキマスみたいな企画でいっしょになると、すぐ仲良くなれちゃうのが微笑ましいですね。
 やっぱり、めいめいは人懐っこい子のようで、その天真爛漫さが可愛いです。デコ出しのイメージが強いですが、初期の新垣さんのような「まゆげビーム」を目指しているらしい(^−^!

3.「私の○○な哲学」のコーナー!

 愛理ちゃんは「筆記用具の哲学」。以前から0.3mmのシャーペンを愛用していることは知っていて、私も真似したいと思っているのですが(^^;、色を塗るのも「カラー筆ペン」なるものを使うというこだわりが。ちょっと高級そうな絵の具を使うあたりが愛理らしいといえば、らしい。
 それにしても、「すーさん。」が個体の名前ではなく、生き物の種類(種族)名であるという事実が判明!・・・って、つまりは天然愛理が深く考えずに、なんでもありのキャラを作ったってことみたいです(^^;;

 りほりほは「部屋をキレイに保つための哲学」。もともとキレイなイメージがあったけど、そうでもなかったらしい。でも、キレイに保とうと工夫するところがいいじゃないですか。分類仕分け、というのは、確かに見習いたいところです(^^;;;

 くどうちゃんは「ず〜っと元気でいる哲学」。熱があっても外に出たいくらいアクティブな子らしい。学校休んでるのに、外で縄跳びしてたというエピソードには、さゆから「バカじゃない?」と厳しいツッコミ(笑)。でも、ちょっと外に出るだけでも調子がよくなるというのはわかる気がする。アウトドア派ということだね(^^

4.”さゆのかわいさをじっくり見てもらおうコーナー”(^^;;;

 ・・・さすがのさゆも本気で恥ずかしいらしく、ついにはナルシストキャラを忘れて、「この3人映してたほうが絶対可愛いのに〜」などという始末(笑)。
 「なにもしないからね」の言葉通り、いつものフリまねはなく、愛理たちの言葉に合わせて適当なポーズを付けてるだけ(^^;;。なんかぜんぜんさゆらしくないぞ!もっとナルシズムを炸裂させてくれないと物足りない(^^;



 そして、いつの間にか恒例になった、さゆ一人のコーナー。

 3人の可愛さがヤバかったことを繰り返しつつも、ただ可愛いだけでなく、これからのハロプロを引っ張ってくれる存在と期待を込めた言葉もありました。

 また、愛理は「鈴木愛理」として出来上がっていて、長年やってきた「自信」が見られた、さすが!と褒め称える、そんなさゆもさすがです。

 3人それぞれ持ってるものが違い、自分の出さなきゃいけないもの(=役割)をわかっている、との分析も、年長者として後輩をしっかり見ているさゆらしくて、感じ入りますね。


 すばらしくきれいにまとめたな〜・・・と思ったら、突然、生田えりぽんが乱入!!これはビックリ。たぶん同じ場所(アップ本拠地)で収録でもあったのでしょう。℃-uteパーカーを着て登場です!

 (この番組に)出たかったけど呼ばれなかった・・・でも、今やってるよって言われて、「これは行くしかない」と思って来た!というえりぽんの意気やよし!あと2回しかないから、その間に出ないと、自分として納得いかない、と語るえりぽんがいいですね〜(^^

 USTREAMUSUME。をさゆが羨ましがってたように、衣梨奈も羨ましがってたということで、「私たちってかわいそうね。同じメンバーを羨ましがるなんて・・・お互いにがんばっていこうね」と語るさゆ。これは半分本音でしょうね〜(^^;

 とか言ってたら、なんとなっきぃとまいまいまでやって来ました!「舞よりも、なっきぃが来たときのほうがめっちゃ嬉しそうじゃないですか」などといきなり発言する舞・・・ここ最近の度重なるコンプレックス発言は相当ヤバイレベルなんじゃないかい?

 まぁ、それはスルーするとして(^_^;;、この二人はモベキマスの撮影の合間ということで、モベキマスドレスで登場。何も話題がないということで、逆に道重さんから観て私たちはどうですか?といきなり振るまいまい。

 この難しいフリにも、すぐ話を進行していくさゆ。ベリキューの歌が可愛いとか、生田は「おはスタ」頑張ってるね、とか、スッと話題が出てくるところはさすがです。

 娘。は新しいメンバーが入ってきて、どんなことしゃべるかドキドキしているのに対し、℃-uteはずっと同じメンバーでやってきて、役割とか決まってるよね、というくだりでは、「人気のある子がしゃべる・・・あの二人・・・」みたいな、またしても劣等意識発言する舞。胸の奥にかなりドロドロしたものがあり、それを口に出すことを抑えられない感じ。気にしすぎかもしれないけど、最近気にせざるを得ない。ことあるごとにこういう発言をしてるからね〜。一度ちゃんとしたカウンセリングでもしたほうがいいんじゃないかな?

 これにはさゆも「何もフォローできない」と困惑。流してくれれば大丈夫、となっきぃがフォローしてくれたので、やはりスルーしますけどね(^^;マニアックなえりぽんが舞の可愛さをアピールして救われてましたけど。

 えりぽんが先に去って、3人になってからのトークはとりとめがないので割愛(^^;

 やっと一人になったさゆ。「衣梨奈ちゃんが出たいと思ってくれたのが嬉しい」と微笑ましい言葉・・・に続いて、ゲストの3人が癒し系だったのに、急に”ガツガツ系”が来たから、覚悟が決まってなかったというか、ついていけなかったけど、改めてモベキマスって楽しいなと思った・・・と見事なまとめ!

 さすがのさゆクオリティで、安心の「おやさゆみん」を聴けました(^o^!



 いやはや、すごい回だった。まぁ、これも、さゆが言ってたとおり、個性派集団の楽しさですよね。残り2回も期待しましょう!

 


posted by 麗夢 at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | program | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。