2012年07月07日

えりぽん 生誕15周年!

 今日、7月7日は、えりぽんこと、新垣さんを応援する会会長、生田衣梨奈ちゃんの15歳の誕生日です
 おめでとうーーー!!!

eripon15_1s.jpg


 え?、やっと15歳か・・・と思っちゃいますね(^^;。まだ中学3年生なんですよね〜。そうしてみると、えりぽんはなかなかに大人びた顔立ちだということですね!

 そう、もともと”美少女”なのですが、ファンの間でも、最近特に可愛くなって、美少女ぶりが高まってきたと評判です。いや〜、この子もまた、すばらしい逸材ですよ!!

eripon15_6s.jpg


 そんな「奇跡の9期」のひとり、生田さんの14歳は、とにかく「新垣さん大好き少女=ガキさん激推しヲタ」としてのキャラを強烈に印象付けた歳でしたね。

 普段からガキさんにベッタリ、ことあるごとにガキさんの話題を口にするのはもちろんのこと、ガキさんの生写真をはじめとするグッズを”ファンとして”直買いし、その写真のファイルや写真集までも遠征先まで持参し、挙句の果てには、ガキさんのFCバスツアーに”ファンのひとりとして”参加するという驚異の「伝説」まで残しました(^o^!

 やってくれますね〜(笑)。モーニング娘。15年の歴史の中でも、こんなメンバーは他に類を見ません。彼女自身は一途な気持ちだけで突っ走っていたのでしょうけど、結果として、いまだかつてない特異なキャラを発揮してきたわけです。

 それによって、生田衣梨奈の存在感もファンの間で着実に強まったし、「えりぽん推し」の増殖にもつながったでしょう。

 現役アイドルとしてはまことに異質なベクトルではありますが、それによってファンに強烈なインパクトを与えたことは、この一年のポジティブな成果だったと言えましょう。

eripon15_4s.jpg


 さて、上述しましたように、まだ中学生とは思えないくらいに、美少女ぶりに磨きがかかってきたえりぽん。加入当初、P氏から「底抜けに明るい笑顔」がチャームポイントとして評価されていましたが、最近はそれだけではなく、MVなど楽曲中に見せる、シリアスな表情で、キリッと前を見据える強い目力の”イケメン”ぶりも話題になってますね。

 特に今年初頭に髪をバッサリ切って、可愛くショートにしてからは、その笑顔と”イケメン”にやられちゃってるファンが急増!いよいよ彼女の魅力が本領発揮するときが来たようです!

 かくいう私もそのひとり(^^;;;。もともとショート好みの私としても(もちろん髪型だけではありませんが)、今年あたりから衣梨奈の可愛らしさ、まっすぐでいじらしいキャラにかなり惹かれています。

eripon15_5s.jpg


 2度目となるバースデーボイスメッセージでは、「15歳になって、一歩成長した姿を皆さんに見てもらえるように」という言葉に続いて、「新垣さんを応援する会会長として、活動の幅を広げていけるように」(笑)なんて言ってますよ〜(^−^;

 これはこれですごいですね!ガキさんを応援する会の幅を広げるって(笑)・・・彼女の中でどんなイメージなんでしょう。彼女自身が「永遠のガキさん推し」であることはもちろんですが、応援する会として、衣梨奈が企画・プロデュースして、何かイベントでもやらかしてくれたら、かなり面白いムーブメントだと思いますね〜(^−^!

 そんなことも楽しみにしつつ、これからますます大きな存在となっていくえりぽんを見続けていきたいですね。

eripon15_3s.jpg


 さらに、ボイスメッセージにも出てきましたが、彼女が再三口にする夢、「世界一のアイドルを目指す」・・・その実現性はどうでしょうか。

 衣梨奈自身がどのくらい本気でそれを言っているのかはわかりません。それほど本気でないなら、標語だけに終わるでしょう。でも、ホントに本気で目指すなら・・・。

 彼女の言う、「世界で誰も知らない人がいないくらいに」なることは極めて可能性が低いとしても、今、それこそ世界中にいると言っていい”日本のポップカルチャーファン”、その中でも「日本のアイドルファン」の間で一番の知名度を得ることは、充分可能性のあることだと私は思うのです。

 YouTubeなどの動向を見ると、世界の「日本アイドルファン」の間で一番人気・知名度が高いのは、やはりモーニング娘。でしょう。ならば、娘。の中での存在感、知名度、人気を上げていくことが、最終的に「世界中の日本アイドルファンの間で生田衣梨奈を知らぬものはない」という夢に近づいていくことになるんじゃないでしょうか。

eripon15_7s.jpg


 15歳。まだまだ夢や希望にあふれた、眩しいくらいの可能性にあふれている青春期。その真っ只中にいるえりぽんには、だから本気でその夢を目指してほしい。

 たとえ叶わなかったとしても、その一途でまっすぐで、いじらしい生田衣梨奈の姿が、何よりも魅力的だから。

 


posted by 麗夢 at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | solo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。