2007年08月16日

公開練習、初観覧!

 というより、お台場冒険王なるものに行ったのが今回初めてだったんですよ、実は!

 真夏の炎天下だし、家族連れとか人々がごちゃごちゃいるし、などと思ってなんとなく敬遠していたんですが、今回、ちょうど夏休みになったので行ってみようということで初観覧となりました。

IMGP0624s.jpg


 時は8月12日。まずは”場慣らし”・・・ということも兼ねて、公開練習を見ました。開場より30分ほど早く着いたので、『GATAS Cafe』に立ち寄ります。もちろん、ここに入るのも初めて。この店がお目見えしてから3年目でしたっけ?一度入ってみたいと思っていましたが、ついに叶いました(笑)。

 とりあえず食事は買ってきたパンとオレンジジュースで軽く済ませるとして、グッズ売り場を覗いてみます。今回は2L写真とユニフォームキーボルダーがメインですが、例によって売り切れのメンバーが・・・。2L写真の紺ちゃんが買えたから良しとしましょう(^−^; あと、14日発売予定となっていたadidasコラボTシャツがこの日売っていたのでgetしました。

IMGP0614s.jpg


 さて、灼熱の特設客席に着いてしばし後、10:30、Gatasの面々がコートに入場。この日は、Berryz、℃-ute、よっすぃ〜、梨華っち、まいちゃんが不在(^−^;;; まぁ、もともとフルメンバーがそろうことは難しいでしょう。私的にはもちろん、紺ちゃんの元気な姿が見られるのが一番です!

 メニューは日によって違うみたいですが、この日は、体をほぐしたあと、2チームに別れて、椅子を飛び越え、ジグザグ走、バック走、コーンを回って中央に置いたボールを先に奪い、シュートする、というミニゲーム。紺ちゃんも参加し、笑顔で走っていましたが、さすがにちょっと動きが重いかな(笑)。是ちゃんは相変わらずスピードと切れがあり、客席からも感嘆の声が。ミキティと柴ちゃんとの対決など見所もあり、またエッグの4人もまだまだ青い?ながらも元気な動きをしてました。

 エッグ4人が基本練習をしている傍らで、メインメンバーはパスワークからのシュート練習。一方、紺ちゃんは、古庄コーチとキャッチング練習。「まだちょっと勘が戻らない」と本人が語るように、すこ〜し動きは硬めだったかな?でもすぐに取り戻すでしょう、紺ちゃんなら。

 その後、紺ちゃんをキーパーに、メインメンバーとエッグとが交互にシュート練習。エッグは当然、ボールコントロールも、スピードも、キーパーに詰められたときのかわしもまだまだ(^^; メイン組はさすがに鋭いパス回しでしたが、やはり気になるのはゴール前でパスを受けたあとのシュートの決定力不足(涙)。絶好のパスを生かせないミキティに対して、場内から「エ〜〜〜っ!?」という声が上がり、ミキティが唇に人差し指を当てて「シーっ」のポーズをする、なんて場面も(笑)。これを試合に置き換えてみれば、いい形でフリーでボールを受けながら、シュートがミートせず、あるいは不正確になり、得点に結びつかないという、このところのGatasが抱えている得点力不足を垣間見る思いでした。この点が大きな課題でしょうね。

 この練習のさなか、よっすぃ〜の不在によりこの日のリーダー的な存在であった柴ちゃんが、シュートが決まったとき、キーパーの紺ちゃんに対して「どうだ!」というような表情で、挑戦的な仕草(笑)で詰め寄ったりして、会場を沸かせていました。この辺はエンターテイナーとして優秀な柴ちゃんらしいです。逆に紺ちゃんがセーブしたとき、お返しとばかり柴ちゃんに迫る紺ちゃんが可愛らしく、場内の歓声を誘っていたのが微笑ましかった(^o^!

IMGP0629s.jpg


 後半はいつもの紅白戦。お台場での公開練習では恒例のことのようですが、なんとメイン組4人(柴田、藤本、是永、武藤)とエッグ4人+紺ちゃんという対戦。場内からも「これじゃ一方的じゃないか」みたいな声が漏れましたが・・・始まってみるとなかなかどうして、そう一方的でもありませんでした。エッグ4人は、もちろん技術的にはまだまだですが、元気よく果敢にボールに喰らいつくそのプレーは、相手のボールコントロールを自由にさせないものがありました。

 でもそれは、逆に言えば、未熟なエッグに抑えられている正規メンバー、ということになりますねぇ(^_^;; ちょっとその辺が問題ではありますが。。。まぁ、さすがに慣れてきたらしい後半は、メイン組が続けて3本のシュートを決めて勝利しましたが、そこで終わりではなく、見えてきた課題をどう克服していくか、ちゃんとフィードバックして次の練習メニューにつなげていってほしいですね。

 ということで、柴ちゃんの締めの言葉で公開練習終了。最後に場内一周してメンバーが手を振りますが、『GATAS Cafe』の方にも手を振るとは思いませんでした(^^; そのときの店内はファミリー専用席になっているようなのですが、どうもこのあたりが中途半端ですね。チケット無しでも、店内からなんとなくの雰囲気を味わおうと思えばできるわけで、もう少しはっきりさせてもいいのではと思いました。客席側に来たときは、3列目だった私も手を振りながら、久々のこんこんコール!炎天下の1時間半は無事終了です。


 ここからは余談になりますが、

 終わって腹ごしらえしようと、再度『GATAS Cafe』に行きましたが、昼時でもあってか店内満席。好物のオムライスを頼んだはいいけど、とても座ることは出来ず、仕方なく外のテントの下で地べたに座って食べました。

 見渡してみると食堂らしきものは『GATAS Cafe』以外にはない模様です。私としては、『GATAS Cafe』はガッタスを(あるいはフットサルを)見に来た人をメイン対象としたカフェレストランなのかと想像していたのですが、そうではありませんでした。Gatasなんてまったく知らず、何の関心もない家族連れでごった返す店内を見て、「すらいらーくグループさんよ、もうちょっと考えてくれないかな?もう2,3件くらい出店したら?」と思わずにいられない私でした。

 お昼が終わって、ふとある考えがよぎりました。午後からの「交流イベント」のチケットはなかったのですが、先ほど客席から見た感じでは、『GATAS Cafe』店内から大体の雰囲気くらいは味わえるのでは?・・・あまりいい考えではありませんが、せっかく来たんだから、ダメ元で試してみようという気になったのでした。

 カフェ内にいる口実も兼ねて、デザートにキャラメルソフトを食べながら、店の中と外を行ったり来たり(笑)。店内では声は聞こえず、スカイブルーの「音楽ガッタス」用のユニフォームを着たメインメンバーとオレンジユニのエッグたちの姿が見え、逆に外では、声のみが聞こえますので、両方を行き来することで大体の雰囲気を味わおうということなのでした。

 最初の質問コーナーは残念ながらほとんど聞き逃しましたが、「是ちゃんとコレコレ、どっちのニックネームがいいか?」みたいな質問があり、コレコレというのはつんく♂が名づけたという話や、是ちゃんの答えとして「みきちゃんがいい」とか言って場内を笑わせていたあたりが私のメモリーに残っています。また、選ばれたファンとのドリブルリレー対決では、監督?であるミキティが、足のサイズでリレーの順番を決めるといった、彼女らしい”テキトーぶり”で場内を沸かせていたのが印象的でした(笑)。

 最後のおまけは、「交流イベント」の最後に再び場内一周することがわかり、素早くカフェ店内に入ってみると、ちょうど窓際にメンバーが手を振りながら歩いてきて、かなり近い位置で紺ちゃんに手を振ることが出来ました。(向こうから店内はあまりよく見えなかったと思われますが)得した気分を味わえたのでよかったです(^−^)。

IMGP0634s.jpg


 予行演習?は体験できましたので、次は2日後の本番、「冒険王CUP 2ndステージ決勝大会」だっ!

 


posted by 麗夢 at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。