2007年08月19日

Gatasの停滞と新女王の貫禄 〜すかいらーくグループ冒険王CUP 2ndステージ〜

 前回に引き続き、遅ればせのレポートですが、8月14日の『すかいらーくグループ冒険王CUP 2ndステージ』に行って来ました。

 灼熱のお台場での女子フットサル初観戦。しかし・・・。結論から言うと、Gatasの停滞ぶりと、Xanaduの王者ぶりとを強く感じた大会でした。

 開場1時間ほど前に着き、またしても『GATAS Cafe』でオムライスを注文。この日は2日前より人が多く、この時間ですでに満席。仕方なく、外の炎天下のテーブルで遅めの朝食。

 そうそう、その前に、グッズ売り場で、この日発売のGatas生写真26枚組Bの整理券をゲット。(整理券がなくちゃ買えないって・・・なんだかなぁ) さらに2日前の教訓を生かして?クッションを購入。特設客席はかなりお尻が痛くなります。

 そして、開場10:30過ぎに入場するころには、すでに選手入場しちゃってるし。Gatasの入場、見逃しちゃったい。でも、久々にそろったスフィアリーガーたちの姿に、ワクワク感が高まります。

 試合は、全9チームを3グループに分けてリーグ戦を行い、それぞれのグループの1位だけが決勝リーグに進み、3チームによるリーグ戦の末、優勝を決める、というものでした。我らがGatasはグループCで、敗者復活でこの決勝大会に出場を決めた一般の女子チーム2つと対戦です。

 
 さて、大会の感想を記しておきます。あまり記憶力もなく、映像資料もないので、だいたいの印象を綴ります。

◆グループA
 グループAは、FANTASISTA、ASAI、ミスマガで、順位もこの順番で、FANTAが決勝リーグ進出でした。スフィアリーグでもすっかり強豪チームとなったFANTAはやはり強かった!特に要のかりん、蓮、葵のプレーが相変わらず切れていて、その弾ける若さとともに、見ていて気持ちのいいものがあります。2連勝、勝ち点6での進出は、今のこのチームの実力を示していますね。

 一方、ASAIは、スフィアリーグを代表するストライカーのひとり、百恵ちゃんがこの日も鮮やかなミドルシュート炸裂!今年もこの子が魅せてくれそうです。そして、もうひとつの注目は、あのchakuchakuの元エース、ASAIに移籍したばかりの庄子知美ちゃん。起点となるいい動きをしてました。大きな戦力の補強で、このチームも注目です。

 淡いピンクのチームカラーを鮮やかな黄色に変えて登場したミスマガは、やはり主砲の溝口を欠いたのが響いたか、1点も取れず2敗となりましたが、セカンドキーパー中澤の成長とともにこれからも見守っていきましょう。

◆グループB
 XANADU、dream、蹴竹Gの順位となり、XANADUが決勝リーグ進出。結果としてはFANTAと同様、2試合の得点3、失点0の完勝ですが、やはり安定した守備力と強力な得点力は脅威ですらあります。まったく、去年のファイナルステージから続くこのチームの強さを改めて見せつけられました。小由里、美佳里、MANAMIの3大戦力が機能したとき、向かうところ敵無しな感が漂ってます。

 それに対して、昨年の年間王者dreamは今シーズン元気がない模様。パワフルシュートで1点は取った強大な兵器、宇津木も、全体としては完全マークで自由にさせてもらえず、そうなると起点を失った攻撃態勢はいまひとつ決定力に欠けているようです。

 私の個人的なお気に入りである中村摂を擁する蹴竹Gは久々に見れてよかったですが(^^、まぁこのチームらしいというか、気迫あるプレーに光るものがあるのですが、それが結果(=得点)まで結びつかないというもどかしさが。そこがこのチームの愛嬌でもあるのですが(笑)。

◆グループC
 一般の2チーム+Gatasのリーグ戦でしたが、Gatasの結果は残念ながら3位(涙)。1stステージに続いて今回も、Gatas対スフィアリーガーの対決は実現されませんでした。2試合とも完封こそ免れましたが、それも是ちゃんの抜きん出た能力に頼っているのが現状。他の選手、特によっすぃ〜やミキティには、相手ゴール前でのボールキープ、ディフェンダーを抜く技術、シュートの精度をもっともっと磨いてほしい。そうでないと、新リーグのレベルにもついていくのは難しいでしょう。

 3-1とGatasを破ったSHINBA Uというチームが決勝進出でしたが、なかなか強さを感じさせました。特に動きのいい選手が2,3人いて、そうすると全体が活性化され、攻守両面において強くなります。チーム力では上だったかな。でも、これはディフェンスミスだろう、もっと集中していれば防げたゴールだ、と思われる失点がありましたので、その辺は素直にGatasの反省点と受け止めたいところです。

◆決勝リーグ
 ここでもXANADUの強さが際立ちました。2試合で得点5、失点1。この大会を通じて失点はこの1点しかなく、得点は全体で8点。この鉄壁に近い守備力と圧倒的ともいえる得点力。まさに今、スフィアリーグの女王チームといって申し分ないでしょう。いやそれだけではない。Gatasが翻弄されてしまうような一般チームに対しても、それを上回る力があると断言できましょう。そのことを見せ付けた大会でした。

 特にこの日、絶好調だったのはMANAMI。決勝リーグ2試合だけで4得点!名物の前転も炸裂しまくり。本当にこれほど強大なチームになろうとは予想しえませんでした。今年のスフィアリーグにGatasがいたとして、果たしてこのチームに勝てるでしょうか?

 もうひとつ印象的だったのは、FANTA対SHINBAの一戦。先制したのはSHINBAでしたが、FANTAの佐々木蓮が、ひざを痛めながらも執念の同点ゴールを決めて引き分け。PKで惜しくも敗れはしましたが、これは感動ものでした。そう、Gatasにもこの「感動」を期待したい。絶対王者の時代、我々サポーターにたくさん魅せてくれたあの感動を。

IMGP0633s.jpg


 ということで、灼熱のお台場、『すかいらーくグループ冒険王CUP 2ndステージ』は終わりました。ツワモノどもの夢のあと、な感じの静かなピッチを眺めながら、『GATAS Cafe』でチョコソフトをいただき、しばし物思いにふけります。

IMGP0633s.jpg


 2007年のGatasの緒戦であった『ガストステージ』では、是ちゃんもいない、正キーパーも不在という、本来のGatasからは程遠い状態での戦いで不本意な結果に終わっただけに、是ちゃんもいて、守護神=紺ちゃんも復活し、期待の新戦力=武藤ちゃんも加わった今回の戦いにはサポーターとして期待も大きかったのですが、フルパワーに近づくにはまだ少し時間が要るようです。

 Gatasとスフィアリーグチームとの夢の対戦は実現できませんでしたが、まだまだ続く2007年新リーグでのGatasの奮起を期待して、これからもサポーターとして応援していきます。

 


posted by 麗夢 at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。