2007年10月14日

文化祭の秋!

 というわけで、先週の日曜日(7日)に、パシフィコ横浜に行ってまいりました。
モーニング娘。”熱っちい地球を冷ますんだっ。” 文化祭2007 in 横浜』です。
今年で4年目の文化祭ですが、実は、行くのは今回が初めてでした(^−^;。

 ひとつ心配だったのは、ハローステージが無事に見れるだろうか、ということでした。何しろ初めてだったので。。。ほとんどのお客さん=大きなお友達のお目当てはそれですからね〜(笑)。

 開場30分ほど前に到着すると、すでにものすごい列が。しかもそれは、1回目のステージを見るための列で、1回目の整理券の配布はすでに終了していました。私のような甘ちゃんには恐るべき世界です。

 とりあえず入場の列に並びますが、これもまたすごい列です。それも、そのほとんどは2回目以降の整理券を狙う人々の列だと思うと、ステージを見られるのは夕方くらいになっちゃうかも?と覚悟をしはじめていました。

 10時過ぎ。そろりそろりと動き出した列に続いて入場すると、案の定、2回目の整理券配布の列が。すかさずそれに並びますが、意外に余裕を持ってゲットできました。しかし、1回目が始まろうとしているときに、観覧スペースの外側をぐるりと取り囲むような人垣が出来ています。何気なくそれに混ざって立っていると、1回目ステージがいよいよ始まり、みんな拍手で迎えます。

 どうやら、整理券は観覧スペースに入るためのものですが、それがなくても、その外側からステージを見ていられるようなのでした。どちらにしても立ち見には違いないし、距離がちょっと遠いというくらいで、イベント自体を味わうことは出来そうですので、それならこれでもいいやと、そのままそこで観覧となりました。結局、ステージは1回目と3回目を外側で観ることになったのでした。

 さて、初めて味わう注目のステージですが、最初は「エコクイズ」です。モーニング娘。、Berryz工房、℃-uteのメンバーが入り混じり、3人ずつ5組に分かれて、クイズを競います。考えてみますと、この人気ユニット3組が同じステージに一堂に会するのはハロコンくらいですから、ハロプロファンにとって、これは結構豪華な光景といえましょう!

 クイズは、真剣に考えた答えあり、わからないときはボケもあり、のいつものパターン(笑)。一番印象に残ったのは、「去年、横浜で削減できた二酸化炭素の量は、横浜にある有名なもの4杯分でした。その有名なものとは?」という質問に、れいなのチームが「ガキさんが言う、いいビル!」(笑)。これは笑えましたね〜。この話はファンの間では結構有名なのでしょうが、娘。たちの間でもスタンダードになっているみたいですね。ちなみに正解はランドマークタワーでしたが、正解したガキさんが「私の”いいビル”にはランドマークも入ってるので、田中っちも半分はあってるんですよね」とフォローしていたのが微笑ましかった!ガキさんらしいです。

 「HAND IN HAND」のコーナーでは、”ともいき 木を植えたい”が登場。このユニット、私はまったくノーチェックでしたので、このときはじめて観られたのでした(^−^;;。のっちだけは音楽ガッタスで知るところでしたが、他のメンバーは初見でした。若いうちから有意義な活動に参加できるのはイイことですね。そして、初めてともいきの歌も聴けました。エッグとしてハロコンなどで踊っているので、その辺は慣れたもの。なかなかキマっていてよかったです。

 「SAVE THE SEA」では、映像によって、海で起こっている危機について紹介。特にサンゴなど、温暖化の影響を敏感に受ける生物の姿は、まさしく”自然からの警告”と受け止めねばならないですね。我々もそうですが、ベリキューなど若い世代がその実態を知る機会を持てることは、大いに意味のあることだと思いました。

 続いて、大きなお友達が最も盛り上がるコーナー、「アニメ広場」!トップバッターは、Buono!これも私はナマで観るのが初めてでした。ネットなどでビジュアルは見ていましたが、曲を聴くのも初めて。あの3人らしい、元気のある曲でイイ感じです。衣装も可愛い。こりゃあ、ベリキューファンが大喜びするのも当然です。

 ネクストは、アテナ&ロビケロッツの登場!ののに替わってアテナ役を務めるガキさんと、みっつぃ〜、なっき〜、ちっさ〜の4人で、このアニメの主題歌のために結成されたスペシャルユニット。これはまさに異色ですね〜。飛び跳ねるような元気一杯の曲で、聴いてるだけで元気になるようです。アテナのコスプレのガキさんが注目なのですが、私的にお気に入りの岡井ちゃんにもやはり惹かれちゃいました。

 ラストはもちろん、月島きらりstarring久住小春!ボンキュッツアーでも披露している新曲「チャンス」を熱唱。きらりちゃんもハジケテいました。これは小さいお友達も感激だったことでしょう。きらりとして、小春ちゃんのソロにも磨きがかかってきた感がございます。

 定番コーナー、「STOP!温暖化教室」も結構興味を引かれました。地球の平均気温の上昇カーブは、大気中の二酸化炭素濃度の増加カーブと見事に一致します。その増加は産業革命以降に急激に始まります。つまり、地球温暖化をはじめとする環境破壊は、いかに”人災”かを如実に物語っているのです。繰り返しますが、アイドルである少女たちが、こういう実態を学べる機会を与えられていることにも意義を感じます。

 お次はなんと、このステージの司会の一人である白井貴子さんの歌!若いお友達の中には知らない人も多いみたいですが、我々の世代にとっては、白井さんといえば女性ロックシンガーの大御所。ギター一本の伴奏で、往年の名曲「Chance」を披露するのも感激ものです。貫禄がありますね〜。まだまだお若い!そんな貴子さんも環境問題には積極的に取り組んでいる模様。老若男女みんなが同じ意識を持つことが大事なのですよね。

 フィナーレは、「SAVE THE EARTH、今、わたしたちにできること。」と題して、娘。たちが薄暗くなったステージで、環境問題への関心の重要さと、今私たちに出来ることを、一人ひとりが実践していこうと呼びかけます。そして、ベリキューが加わり、みんなで文化祭のテーマ曲、「HELP!〜熱っちい地球を冷ますんだっ。〜」を歌います。この歌がその歌詞とともに、来場者の胸に残ることも、このイベントのひとつの意味でしょう。

IMGP0645s.jpg


 こうしてハローステージは終わりました。いいものを見させていただきました。でも3時間近くも立ちっぱなしだったので、体はくたくたに(^^;。その体を引きずって次に向かうはプッチミュージアム&ハロプロマーケット。まずは目当ての公式ガイドブックと、特典に引かれて?10年記念本を購入。あと、文化祭限定B.L.Tもついでに。グッズは、予想通りというか、日替り写真は売り切れていましたが、TシャツとDVDはゲット。ハロショの会場記念写真も入手。この辺で疲れと空腹で一休みですが、フードコートは混んでそうでしたので、一度だけ再入場できるということで、外へ。

 歩くのもなんなので、隣接するコンビニでおにぎりとお茶の昼食。秋の日差しを浴びながらのお昼は、貧しいけれど(笑)ほっといい気分です。

 場内に戻ると、各ブースをさらりと一回り。ウォーキービッツはちょっと惹かれるものがありましたが、控えました。3回目のステージもちゃっかり観覧。アニメコーナーをぜひ再見したかったのですが、他のコーナーも新鮮味があり、見た甲斐はありました。フードコートでは、花畑牧場のソフトクリームを食しました。娘。のご当地寿司というのにも惹かれたのですが回避。ちょっと後ろ髪ひかれました(笑)。

 最後にスタンプラリーで、「オリジナルチーム員パス」をゲット!子供っぽいと笑うなかれ。これもエコへの意識付けです。そう思い込むことが大事なのです。


 初めて参加できた文化祭でしたが、まぁ、やはりハロプロファンにとっては、ハローステージが中心になるのは否めなきところ。でも、動機付けは何であれ、地球が今直面している環境問題を知り、それに対する行動を少しでも意識できたならば、このイベントは成功でしょう。とかく、刹那的快楽に生きる若者たちに、彼らが大好きなアイドルたちをきっかけとして、地球の未来について関心を抱かせることが出来るなら、このイベントも意義深いものになります。

 『HELP!!』の歌詞に、「22世紀の地球は、いったいどんな色だろう?」という言葉があります。22世紀の色は、22世紀の人が決めるのではない。今、現代を生きる我々が、いかに事実を知り、それに対してどう行動するか、あるいは何もしないのか。それによって、100年後の未来の色が決まってくるのではないでしょうか。帰路につく人々の、一人でも多くの胸に、そんな気持ちが芽生えたなら、これはとてもすばらしい文化祭になります。

 
posted by 麗夢 at 17:05| Comment(0) | TrackBack(1) | event | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

berryz工房 ブログ関連 最新トピック
Excerpt: 文化祭の秋!Berryz工房、℃-uteのメンバーが入り混じり、3人ずつ5組に分...
Weblog: Berryz工房(ベリーズ工房) 画像動画情報ブログ
Tracked: 2007-10-15 15:11
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。