2008年03月14日

リゾナント ブルー PV

 待望の映像公開!
 モーニング娘。の新曲『リゾナント ブルー』のPVが、いち早く「DohhhUp」で配信されました。

 さて、その感想は・・・これまた言葉にするのが難しい(^−^;

 まず、その衣装。カラフルやフリフリといったアイドル的要素をまったく無くし、シックな白と黒のモノトーンで統一されたその容姿は、まるでアムロ系アーティストのバックダンサーを思わせます。

 あえて萌え系の要素を挙げるとするなら、肩出しの白いシャツとか、ミニスカートに黒のオーバーニーストッキング、辺りでしょうか。アイドルのイメージより、明らかに曲のイメージに合わせた衣装ですね。

 ダンスは予想通り、高難度ウルトラD!逆に言えば、非常に真似しにくい(笑)。フリまね派な私にとっては辛そうです(^o^; これまた本格的なダンサーを髣髴とさせる、ヒップホップ系なクールさが漂います。
(ダンスには詳しくないので、そんな気がするだけかも?)

 また、全員が一体となったユニゾンダンスではなく、3段階くらいのパート割があるようで、それが難易度を増しています。やはり「真似るダンス」ではなくて、「魅せるダンス」ということなのですね。

 そして、特に注目なのはボーカルです。メンバー全員がそれぞれ短いソロパートを歌うという、いつものパターンはなく、ボーカルは愛ちゃん、れいなっち、小春ちゃんの3人に固定。Bパートで、ガキさん&亀ちゃんがコーラス気味に絡む、というスタイルです。

 こういう、ボーカルが数人に限定されるというスタイルは、アルバム曲を含めれば、それほど珍しいものではないのですが、賛否が分かれるかもしれませんね。。。

 最近の娘。の曲ではもうすっかり恒例化?した感があるのですが、高橋愛&田中れいながメインボーカリストの2トップで、小春ちゃんやガキさん辺りがミッドフィルダー、そのほかはディフェンダー、みたいな、ポジション分けが定着しつつあるように思えてなりません。

 楽曲のレベルが高度になればなるほど、そのボーカルには、歌唱力のある、”歌える子”をメインに据える・・・というのもわかるのですが(小春ちゃんがメインになるのは別の理由でしょうけど(^^;)、それでは他の子、特にさゆとか、8期メンバーの成長が促されないのでは?と危惧してしまいます。

 今回の新曲でも、メインボーカルは一応3人固定の形ですが、前述の「白いシャツ」を着ているのは、愛ちゃんとれいなだけで、黒(たぶん)を基調とした衣装の中で、この2人だけがクッキリと目立っています。つまり、この2人がメインボーカルであることを、衣装の面からも明確に主張しているのです。

 全体を通して見ると、モーニング娘。というアイドルユニットのPVとしては、ちょっと「?」な要素もいくつか感じました。

 ひとつには、メンバーの格差が大きい、ということ。これはボーカルポジションと関係するのですが、愛ちゃんとれいなの存在感が断然際立っていて、顔がはっきり見えるくらいアップになるのはその2人と小春ちゃんだけ。サブボーカル的なガキさんと亀ちゃんでも、バストアップより引き気味でしか映りませんし、さゆは後半の「へるぷみ〜」で一瞬アップになるだけ(^^;。みっつぃ〜とリンジュンに至っては、ほとんど存在感がありません(>_<。たとえば、さゆやみっつぃ〜ファンにとっては、物足りなさを感じるかも知れませんねぇ。

 また、このPV自体が今までのものと比べると、完成形っぽくない気がしちゃいます。カメラが正面に固定され、全体の引きアングルと、中ぐらいの寄り、あとメイン2人のアップという、比較的単調な構成。メンバー一人ひとりの別撮りアップはまったくありません。あるいは曲のイメージに合わせた”敢えて”の演出なのかもしれませんが、シングルVにおまけで入っている、いわゆる「Dance Shot Ver.」を見てるみたいな、ちょっと淡白な印象を受けました。

 それから、衣装がシックなのはいいのですが、照明が全体に暗めで、紫の光も混じっているので、どこか妖しいムード(^^; それも演出なのでしょうけれど、曲調からしたら、もっとギラギラした派手目の照明のほうがよかったと思います。。。だって、薄暗いほどの照明で、引きのアングルが多いから、アップにならないと表情も確認できないんだもん!やっぱり、歌っているみんなの可愛い顔をもっと見たいじゃないですか〜!!


 とまぁ、注文もつけましたが、モーニング娘。のシングル曲としては、かつてないほどの「大人びた」色を湛えた『リゾナント ブルー』。その深みをさらに引き立てるような、新境地的なPVに仕上がりました。

 その映像からも、楽曲同様、モーニング娘。を「アーティスト」の領域に踏み込ませようというメッセージが汲み取れます。

 これまでになかった新たな世界への挑戦!このPVも、そんな飽くなき進化を続けるモーニング娘。の、華麗なる1ページを飾る野心作になりました。

 


posted by 麗夢 at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。