2011年07月26日

あやちょとアート

 あやちょは本当に美術、特に絵が好きなんですね。

 こんな企画が始まりましたよ!
 【夏休み特別企画 スマイレージ・和田彩花のアートマイレージ】

aya_yumeji.jpg


 それも、漫画とかじゃなくて、いわゆる有名画家の名画を、しかも美術館という静粛な空間で鑑賞するのが好きということで、普段の○ホ○ホキャラ(^^;とはまるでイメージが違うのですが・・・、

 こういう美少女が絵画鑑賞が好きなんていうと、なんか昔クラスに一人ぐらいいた美術の得意な女の子をちょっと特別な目で見たりした感覚を思い起こさせ、なんか甘酸っぱい気分になります(^−^。


 華やかで可愛らしくステージに立つ彼女もいいですが、こういう別の顔のあやちょも、一人の人間性の面白さを感じさせて魅力ありますね。

 ルーブル美術館に行く夢、ぜひかなえてほしいね。

 ていうか、きっとかなえるでしょうね、あやちょなら。

 


posted by 麗夢 at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | solo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月13日

さゆ 生誕22周年!

 今日、7月13日は、さゆみん、道重さゆみちゃんの22歳の誕生日です
 おめでと〜〜〜!!!

sayu22_4.jpg


 さゆが、あのさゆが・・・とうとう、なっちが独り立ちしたときの年齢になったんですね〜(^。^d 22歳・・・普通なら、大人の世界に仲間入りする歳、なんてイメージですが、14歳の加入時から見続けてきた者として、毎度のことながら、感慨深いものがあります。

 モーニング娘。になって8年・・・。加入直後は(3人とも)心配になるくらいおとなしかったですが、すぐに「自分が一番かわいい!」と公言してはばからないナルシスキャラを発現!そしてすぐに、「かわいい顔して毒舌」というキャラも確立していきました(^^;。

 当時放映していた重要番組「ハロモニ。」では、あの中澤姐さんにも、にっこり微笑みながら平然と毒を投げかけるさゆが面白く、「度胸あるなぁ、こいつ」くらいに思ってました。若気の至り・・・かと思いきや、そのキャラを貫き通し、今ではそれでバラエティの人気者へと大躍進!

sayu22_2.jpg


 さゆは本当に変わらない。いや、正確に言えば、自分の特長である独特のキャラを維持し、発展させ続けているということでしょうか。つまりは、さゆは常に”さゆらしく在り続ける”ということですね(^^;

 これは実はすごいことです。以前にも書きましたが、外見の幼さとはウラハラな、しっかり芯の通ったハートの強さがないとできないことでしょう。ましてや、さゆの発現するキャラは「ナルシシスト」とか「毒舌」といった、ともすれば人に、特に同性に好かれない種類のもの。

 それを自分のキャラとして貫き通すには、強い気持ちと寛容な心が必要でしょう。たとえ、「嫌いな女性タレントランキング」で上位に位置しようとも、それに落ち込んだりいじけたりすることもなく、「それは道重さゆみという存在が世に認知されている証拠」くらいに、究極的なポジティブシンキングで受け入れてしまう強さ!

 それは、決してぶれない、しっかりとした「自分」というものを持っている証左であります。それこそが、彼女を革新的なバラエティタレントとして開花させたのであり、これも以前にも述べましたが、それこそが、私がさゆに最も惹かれるところなのです。

sayu22_3.jpg


 さて、22歳というと、やはり“アイドル“としては微妙な年齢でありますが、可愛らしい童顔で、なにより、加入当初から変わらない”アイドルらしさ”を持ち続けているさゆにとっては、ほとんどハンデにはならないように思います。

 とにかく気持ちが若々しい!まぁ、幼いといってしまえばそれまでですが(^^;、そういう少女の心を持ち続けられるのも、これまた以前にも評しましたように、「アイドルとしての才能」なのでしょう。そういう意味で、さゆは”アイドルになるべくして生まれた子”であることは間違いありません。

sayu22_5.jpg


 そして、もうひとつさゆらしいのは、アイドルでありながら、アイドル=かわいい女の子ダイスキを公言していること(^o^!同じハロプロの子、たとえばスマイレージの彩ちゃんとかには、まるで一ファンのようにはしゃいでみたり(笑)・・・。某フジ系グループのような、部外のライバルまでファンと言ってはばからなかったり・・・(^^;

 今は9期メン、特にヤッシーに夢中らしい。こんなところも、さゆみカラーが鮮烈で面白いですね!後輩たちにもぜひ彼女の強烈な個性を・・・それは無理かもしれないので(笑)、彼女の心の強さを模範としてほしいと思います。

sayu22_6.jpg


 ボイスメッセージでは、「21歳はめまぐるしい変化があったので、22歳は自分にやさしくなろう」みたいなことを語ってました。その変化とは、おそらく彼女自身のことよりも、親友の絵里の卒業や9期メンの加入といった、自分を取り巻く環境の変化ということでしょうし、それに少し翻弄されたところもあったことをうかがわせますね。

 だから、”自分に優しく”とは、22歳の年はじっくり自分自身を見つめて、娘。としての自分の時間を大切にしていきたい、との気持ちなのだと感じました。

 さらに、「一日一日を大切にして・・・ファンの皆さんとも楽しい思い出を作っていけたら」と続けます。ありきたりなようですが、これが一番大事なことです。そして、ファンも一番望んでいること。そう、さゆはファンの気持ちを感じる鋭敏さでもピカイチなのです。

sayu22_1.jpg


 彼女の意思に反して?、今年は愛ちゃんの卒業という重大事を迎えてしまうわけですが、そんな荒波にも負けず、22歳もまた、さゆらしく大活躍してくれるのを楽しみに見続けていこうと思います。


 今年もやっぱり・・・、

 うさちゃんピ〜〜〜〜〜ス!!!

 
posted by 麗夢 at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | solo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月08日

七夕デビュー!

 こんこんが早くもアナウンサーデビュー!

konkonana.jpg


 7月7日の生放送でリポーターをやったらしいですが、デビューの日にいきなり3つの番組に出演とは、テレビ東京さんの期待度もなかなかのものかと思われたり。。。

☆情報番組「7 スタ Bratch!」
☆ミニ番組「FINE!オープニング」
☆ニュース番組「NEWS FINE」

 さらには、同期の植田萌子アナ(23)とともに、11日深夜3時にスタートする情報番組「もえ×こん」(月〜日曜深夜)にレギュラー出演することも決まってます!


 あの、決してしゃべりが得意とは言い難かったこんこんが、どんな女子アナぶりを発揮しているのか大いに興味あるところですが・・・。


 地方の田舎じゃ、テレ東系の番組を見れない罠(ToT;

 
posted by 麗夢 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | solo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月07日

えりぽん 生誕14周年!

 今日、7月7日は、えりぽんこと、生田衣梨奈ちゃんの誕生日です
 おめでとうぅ!

eripon14_2s.jpg


 娘。9期メンで今年2番目に誕生日を迎えるは、えりぽん。七夕が誕生日なんてちょっとロマンチックだし、覚えやすいですね(^^。

eripon14_1s.jpg


 さて、私のイメージでは、えりぽんもフクちゃん同様、ちょっと大人びた・・・というか、実年齢よりも上に見える雰囲気があるので、「まだ中2!」と思うと、軽い違和感を覚えたりします。

 「笑顔と頑張り」をつんく♂氏から評価されたえりぽん。今はまだ、ヤッシーの陰に隠れて?、その存在感が発揮されていないように見えますが、加入して半年ですから、まだまだこれから。

eripon14_3s.jpg


 結構、独特なキャラを持っているようですので、1年2年と経つうちに、意外に化けるかもしれませんよ。少しおとなしそうに見えますが、すでに「KY発言」(笑)というキャラができつつあるようですし、春のコンサートのMCなどでは一番声が大きく、はっちゃけてる様子でしたし(^o^。

 こうしてみると、9期メンって4人ともそれぞれ違うベクトルを持っていて、今後の行方が面白そうですね。

eripon14_4s.jpg


 初ボイスメッセージは少し緊張した様子でしたが、「今、頑張ってることがいっぱいあるので」・・・今はまさにそういう時期でしょう。何もかも、精一杯頑張らないとついていけない、一日も早く先輩と並んで、モーニング娘。の一員に名実ともになれるように、がむしゃらに前に進む・・・きっとそんな毎日なのでしょう。

 それをやりこなす「頑張り」が彼女にはあると思います。外見に似ず(^^;、タフなタイプかも。

 さらに、「もっと歌が上手くなれるように」・・・これ、とても大事です。愛ちゃんの卒業が決まってしまった今、娘。にはメインボーカル候補が一人でも多くほしいところ。つんく♂氏がサビのパートを誰に歌わせようか、パート割の人選に迷うくらいになってほしい!

eripon14_8s.jpg


 とまぁ、夢は膨らみますが、ホントにまだこれからの子です。

 今秋には早くも”先輩”になっちゃいますが、P氏の言うように、あえてそういう状況もこなしつつ、歌にダンスにキャラクターに、自分を磨いていって、”化ける”えりぽんをぜひ楽しみにしたいと思います。

 
posted by 麗夢 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | solo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月03日

まぁ 生誕19周年!

 今日、7月3日は、まぁ、須藤茉麻ちゃんの19歳の誕生日です
 おめでとーーー!!

maa19_2s.jpg


 Berryz工房の肝っ玉母さん、まぁもなんと19ですよ!これで、ベリメン7人のうち、4人が19歳!!繰り返しになりますが、この事実は、長年Berryzを見続けてきた者にとって、感慨を通り越してオドロキです。

 現時点で、ハロプロのユニットの中で、メンバーの平均年齢が一番高いのがBerryz工房だということも、その驚きを加速させます。常にメンバーの若返りを図りつつ存続してきた娘。に対して、結成時から固定したメンバーで7年間以上活動してきたベリですから、いずれこういう状況が来ることは予想されることですが、実際に来てみると、なんとも不思議な気分(^^;;;

maa19_3s.jpg


 そんなBerryz工房にあって、ちょうど真ん中、中堅どころの茉麻は、高校生くらいの時からその年齢に似ず、「しっかり者」、「みんなのまとめ役」、「頼れる力強さ」(笑)を感じさせてきました。

 もちろん、今もそれは同じ。茉麻がいるだけで、安定感、というか安心感がグループに生まれる・・・そんな気がします。19歳になって、その存在感はますます大きくなるでしょうね。

maa19_5s.jpg


 その”恰幅のよさ”(笑)も私は気に入ってます。一見、アイドルらしからぬ雰囲気かもしれないけど、そこが茉麻の魅力!その潔さがいいのです。

maa19_4s.jpg


 昨年は、なんと映画の主役デビューも果たし、その方面でも彼女らしい存在感を見せてくれました。そして、今年の「劇団ゲキハロ第10回公演」では、(私は観られないのですが、聞くところによると)病弱の少女を演じ、演技の面でも新境地を開きつつあるようです。

 ボイスメッセージでも、映画主演以来、演技も好きになってきたので、10代最後の今年もドラマとか映画に「挑戦したい」との抱負を述べています。もともと、トークはベリ随一との評価も高い彼女ですので、熱のこもった演技をまた魅せてくれそう。

maa19_1s.jpg


 さぁ、まぁもついに10代最後の歳を迎えました。彼女の魅力はまだまだあると思います。”新しい茉麻”の発見も、これからの楽しみですね(^−^!

 
posted by 麗夢 at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | solo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月21日

ちっさー 生誕17周年!

 今日、6月21日は、ちっさー、岡井千聖ちゃんの17歳の誕生日です
 おめでとーーー!!!

chisato17_4s.jpg


 高2組の一人、千聖もついに17歳になりました。普通ならピチピチのアイドル旬の年齢なのですが、小学生でデビューした℃-uteをずっと見続けてきた者としては、なにやら、ずいぶんオトナになっちゃったな〜、みたいな気分になるから不思議です(^^;

 そう、あのボーイッシュキャラなイメージの、一部では「岡井少年」とさえ呼ばれていた千聖が、いつの間にかオトナへと近づいています。幼い頃からの芸暦を考えると感慨深いものもありますが、毎度のことながら一抹の寂しさも覚えたりしますね〜。

chisato17_10s.jpg


 最近のちっさーは、オトナっぽくなった・・・というよりは、”オトナっぽくなろうとしている”ように見受けられますね。髪も長く伸ばしてますし、髪型とか服装、メイクにもずいぶん気を配っている様子。

 それはまぁ、年頃の女の子として当たり前、と言ってしまえばそのとおりだし、ましてや”アイドル”であるからには、そういう”観られること”に人一倍気を遣うのも当然なのでしょうけれど、ボーイッシュで快活なイメージが定着し、そしてそれこそが彼女の大きな魅力と感じている私にとっては、なにかちょっと方向が違うような違和感を感じてしまうのです。ただのわがままですけどね(^_^;;

chisato17_11s.jpg


 さて、そんなちっさーの成長ぶりは、もちろん外見だけにとどまりません。℃-uteのブログで時折みせる、自分自身をしっかりと見つめ、時には客観視する姿勢。ファンやスタッフの気持ちを理解し、仕事を自分のものとして咀嚼し、自分らしい形で表現するパフォーマンス。それらに、オトナへの成長が見て取れます。

 たとえば、去年、大好評を博した、YouTubeでの「踊ってみた」シリーズなども、子供っぽいことをやってるようですが(^^;、自分のキャラを生かした、彼女らしいやり方で、自分の新たな魅力をアピールする・・・そんな境地のひとつを開いたものと、私は受け止めています。

chisato17_7s.jpg


 さらに成長著しいのがその歌唱力!伸びやかな歌声、力強い声量、ビブラートも交えた表現力・・・。それまでサブボーカルだった彼女のそんなレベルアップをつんく♂氏もさすがに認めたのでしょう、昨秋の『Danceでバコーン!』あたりから、サビの重要なパートを任されるようになりました。最新アルバムでは千聖メインの曲もありまし、『Kiss me 愛してる』のサビの迫力満点の歌唱も印象的ですね。

 「ハロカバ」でも、往年のハロプロの名曲を見事に、魅力的に歌い上げています。そういえば、この「ハロカバ」って、上述の「踊ってみた」シリーズの中で、ちっさーがあややの「LOVE 涙色」を生歌で歌いながら踊って大好評を得、その歌を改めて録り直してキレイに音源化したのが始まりでした。そういう意味では、彼女の独特のキャラが新たなムーブメントを生み出したと言えましょう。

 そして今年初めには、なんと、「岡井千聖ソロライブ」まで開催しちゃいました!!これこそまさに、ボーカリストとしての千聖の成長と、歌に対する彼女の熱い気持ちが成し得た快挙ですね。

 もちろん、℃-uteのコンサートでの、小さな体でステージ狭しと躍動するちっさーの、元気いっぱいな姿はいつもすばらしい!まさにファンの我々も元気をいっぱいもらえます。

 ハロー!プロジェクトの中でも、岡井千聖の存在は今や、かなり大きなものになっているんじゃないかな(^o^!

chisato17_1s.jpg


 それにしても、ボイスメッセージの「17歳は永遠の17歳というので、17歳の若さを永遠に保てるように、毎日若さ溢れる一日を過ごしたいと思います」・・・って(^o^;

 「オトナっぽくなれるように・・・」とコメントした16歳の時とずいぶん違うなぁ(笑)。でも、アイドルとしてはその気持ちでいいと思いますよ。年齢は黙っていても重ねていってしまうもの(岡井ちゃんも「17歳になってしまった」という言い方をしてました)。でも、ココロはいつまでも17歳の若々しく、純粋で、情熱的なままで・・・それでいいのです。

chisato17_9s.jpg


 容姿や年齢はどう変化しようとも、千聖は千聖であり、彼女自身の赴く道で、”ちっさー”の魅力をこれからもっともっと花開かせてくれればいいな〜と思います。

 
posted by 麗夢 at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | solo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月28日

ヤッシー 生誕13周年!

 今日、5月28日は、ヤッシーこと、鞘師里保ちゃんの13歳の誕生日です
 おめでと〜〜〜!!!

yasshi13_8s.jpg


 さぁ、ついに来ました、ヤッシー!

 モーニング娘。9期メンバーで最初に、さっそく「バースデーTシャツ」が作られたのが里保ちゃんというのも、なにか「持ってる」って感じですね〜(^^!


 そして、ヤッシーといえば、娘。が長〜く待ち望んだ、”エース候補”。現時点では、間違いなく、そう目されています。アップからも、ファンの側からも。

 なにしろ、オーディションの模様を伝える映像が「美女学」で公開された時点で、「これは・・・!久々の、なっち、ごっちん、愛ちゃんに続く、待望のエース登場か!」とファンの期待を膨らませたのですから。

 確かに私も、彼女の存在を知ったとき、衝撃でした。小学生とは思えない、ダンスのすごさ、しっかりした歌唱・・・!

yasshi13_5s.jpg


 −ズブの素人を、その才能や将来性を見抜いて加入させ、娘。の中でじっくり育てることで、アイドルとして開花させる−

 というのが、モーニング娘。のスタイルだと思っていたし、実際今までそうでした。だから、里保ちゃんのような、すでにかなりの”実力”を備えた子(しかも当時小学生!)が加入することは、娘。史上初の快挙なわけです!

 公式には公表されていないのに、なぜかファンの間では知れ渡っている(^^;ように、若干6歳から広島アクターズスクールでタレントの養成を受け、特にダンスにおいてハイレベルに磨かれているヤッシーがエース候補なのは、だから必然と言えましょう。

yasshi13_4s.jpg


 そのポテンシャルはさっそく、アイドルとして、モーニング娘。として初参加した今回の春ツアーで披露されましたね。

 なんと、娘。のトップメンバー、愛ちゃん&ガキさんと3人で『Moonlight night 〜月夜の晩だよ〜』をパフォーマンス。”娘。レベル”を超えたダンスに、場内からはどよめきにも似た歓声!これはホンモノ!!

 歌のほうでも、円熟の域の5期メンに一歩も引かない歌唱を魅せ、その潜在能力の高さを知るとともに、何よりもヤッシー自身の「いつか自分がエースに(彼女の言葉で言えば”リーダーに”)なるんだ」という、意気込みさえも感じさせました。

 これはお見事!まさに、大器を確信させるデビューステージでした。


 初のバースデーメッセージでも、「オトナっぽい曲もたくさん歌いこなせていけるようにがんばります!」なんて発言して、12歳から13歳になったばかりの子とは思えないほど、”歌手”としての自覚に溢れている様子。

 これはやっぱり、エースの座、狙う気満々!・・・と見ました(^−^。

yasshi13_7s.jpg


 ビジュアル的にも充分”アイドル性”豊かな可愛らしさがありますが、これはまったくの私見ですが、生写真などの中の彼女の表情には、ちょっとふてぶてしいまでの自信が漂っているように思えます。

 若干小学生(この春でやっと中1)の小娘の、不遜とも感じられる表情(あくまでも写真を見る限りでの私見です)に多少の抵抗感を覚えなくもないですが(^^;、それは上述したような、確かな実力に裏打ちされたものであるからには、充分許容されるべきものでしょう。

 平たく言えば、「私は、そんじょそこらの小学生(今は中1)とは格が違うのよ」と自尊心を持つに足るほど、歌&ダンスのレベルが高いことは間違いない。そんな子が娘。に入ったことは、繰り返しになりますが、娘。始まって以来の快挙と言ってよいでしょう。

yasshi13_1s.jpg


 誤解のないように付け加えますが、上記の”私見”はあくまで写真を見る限り、の話であって、動画で見る、あるいはコンサートのMCなどでしゃべっている彼女は、あどけない、無垢な少女ですね〜(^−^。

 同期の子によれば、ヤッシーはむしろ、クールなくらいおとなしい雰囲気らしい。でも、我々の知らないような、子供っぽくて純真な、愛らしい一面もいっぱいあるんでしょうね〜。さゆが「萌える」のもわかります(^^!

 その里保が、娘。の中で磨かれ、この先、どれほどのハイパフォーマンサーに覚醒するか、これは大いなる楽しみです。

 
posted by 麗夢 at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | solo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月22日

ちぃ 生誕19周年!

 今日、5月22日は、ちぃ、徳永千奈美ちゃんの19歳の誕生日です
 おめでとーー!!

chinami19_4s.jpg


 そういえば・・・震災のゴタゴタで思い至りませんでしたが、Berryz工房の同学年3人組は、この3月で高校を卒業してたんですね〜!
 つまり現在、ベリメンバー7人のうち5人が”高卒以上”なんですよ!これはちょっとオドロキ・・・時の流れをあまりにも感じさせますねぇ(@@

 その3人の中で、先頭切って19歳になった千奈美。19歳というと法律的に、の前に、感覚的に”オトナ”って感じがしますよね。特に女は。

chinami19_1s.jpg


 たしかに、ちなはこのところ、ちょっと大人びた表情をすることが増えました。特に目線に”オンナ”を漂わせたりもしてます(^^; 歳月はまず、人の表情を変えていくようですね。

chinami19_8s.jpg


 では内面は・・・というと、これはあんまり変わってないかな(^o^;; ちょっと頭ワルそうなwとぼけたしゃべりや受け答えとか、童顔ならぬ童声、初期の頃からのスマイルクイーンそのままの屈託のない笑顔・・・。それらはいい意味で、ちならしい、変わらぬチャームポイントです。

chinami19_2s.jpg


 前回、千奈美の歌声のナチュラルさについて言及しましたが、その童声とも相まって、個性的な声ぞろいのBerryzの中ではやはり今でも、一番”アイドルらしさ”を感じますし、それがアイドルグループとしてのある種の安心感も担っていると思います。

chinami19_6s.jpg


 ボイスメッセージでは、十代最後の歳を、「十代のはっちゃけぶりを出していきたい」と語っていて、まさにそれこそ、千奈美らしいと思いますので、ぜひ”はっちゃけて”もらいたいです。

 そのあと、「がんばってオトナにもなります」なんて付け加えてましたが(^o^;、それは、とりあえずあと一年、おいといてもいいんじゃないかな!

 体はオトナ、笑顔と声は子供(^−^;・・・。そんなちぃの魅力を、19歳になってもずっと持ち続けてほしいですね。

 
posted by 麗夢 at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | solo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月11日

きっかでびゅー!

 今年1月の電撃的なソロプロジェクト発動以来、かなり力の入ったプロモーションキャンペーンを展開してきた、吉川友ちゃん。
 そのデビュー曲『きっかけはYOU!』が本日ついに発売!

kikkakewayou.jpg

『きっかけはYOU!』(初回限定盤A)


 きっかも晴れて、メジャーデビューを迎えました(^−^!

 CDの初回版が3パターンもあるのですが、それぞれカップリングが違うらしいので、これは困惑モノですね〜(^^; オープニングアクトなどで披露していた曲だけに、押えておきたい気もかなりします。おそらく、いずれ出るであろうアルバムには収録されないでしょうからね。

kikkakewayou1.jpg

Last pre-deview event at Tower Record in Shibuya


 いまさらながら、仙台であるはずだったきっかのイベントがなくなったのが悔やまれます。その後もぞくぞくとイベントの追加が発表されているけど、みんな「大都市圏」ばかりで、相変わらず地方の田舎は干されてます(;;


 そんなきっかですが、先日の中野サンプラザで、初めて実物を拝見しました。
 自身主演のプロモーション映画?のチケット販売に立会い、購入者と握手とかしてましたが・・・やはり映画のチケットの売れ行きは芳しくないと見えますねぇ(^^;;;

 その分、本業の歌のほうで、まずはデビューシングルの好調を祈念したいと思います。

 
posted by 麗夢 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | solo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月07日

紺ちゃん 生誕24周年!

 今日、5月7日は、こんこんこと、紺アナ、紺野あさ美ちゃんの24歳の誕生日です
 おめでとう〜ございまぁ〜す!!!


 ついに、夢を叶えて、女子アナとしてのスタートを切った紺ちゃん。迎える24歳は、まさに人生第2弾の始まりの年になりました。

 紺ちゃんに直接会える機会がなくなったことは、正直寂しいです。が、後ろ向きなことはもう語りますまい。

 これからの興味は、紺野アナがどんな番組に、どんな形で登場するか、ですね!

 「元アイドル」という経歴がどう作用するのか、しないのか・・・以前の記事にも述べましたように、そういった”過去の栄光”に影響されることなく、あくまで「アナウンサー紺野あさ美」として勝負してほしい、というのが私の想いです。


 3日に開催された「ドリーム モーニング娘。」のコンサートを観に来ていた、ということからもわかるように、紺ちゃんにとって、モーニング娘。はまさに宝物であり、その中ですごした時代は彼女の青春そのもの。

 そして、一緒に苦楽をともにした仲間たちとの絆、娘。への愛は、彼女の中で決して色あせることなく生き続けるでしょう。


 そういう想いを胸に抱き、思い出を糧としながらも、しかし、これからは、「元モーニング娘。の・・・」ではなく、一人の新人女子アナとして、新たな世界へと飛び立つのです。

 それはきっと、勇気のいること。だからこそ、娘。時代の思い出やメンバーたちとの絆が、彼女の支えとなり、強さになっていくに違いない。

 過去の肩書きなどではない、そういう青春体験の豊かさという意味で、紺ちゃんには異色のアナウンサーであってほしいと思います。

 そして、一生の友との厚い友情が、紺ちゃんをさらに大きくしていくことでしょう。

 麗しき仲間たちに、紺野あさ美の未来に、乾杯!!

 
posted by 麗夢 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | solo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月06日

むあたさん いつかどこかで

 震災復興支援ということで、芸能界卒業後も継続されていた村田めぐみさんのブログが、5月3日でついに終了宣言がなされました。

※リンクを張ろうとしたけれど、閲覧が5月いっぱいで終わりとのことなので、ここに引用させていただきます。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

5月3日
テーマ:ブログ

メロン記念日解散して、今日でちょうど丸一年。


一年前の今ごろは、緊張と高揚感でフルッフルだったのね〜(*´∇`*)

皆さんはこの一年どうでしたか?


わたしはグループ解散したり、30のスタートも迎えたり、11年勤務してたアップフロントを退職したり、大きな変化はたくさんありました。

そして、東日本大震災。


募金活動は退職後だったけれど、最後に地元のために何かしたいという想いのもと、仲間、ヲタモダチにたくさんご協力していただきました。
本当に本当にありがとう!

わたしはまだまだ未熟者ですが、これからも常に積極的に動いて、社会のために何か役立つ人間になるべく頑張ります!



このブログ・Twitterは、引退後震災募金活動のために継続していましたが、今日5月3日をもって終了します。

閲覧は5月いっぱいまでになります。








でも、まだまだ私は止まらない。

どこかでみんなの幸せを祈ってます。




みんな、今までありがとう!!!!


人生、とことん生きていきましょう!
いつかどこかで、また。


村田めぐみ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



 郷土愛に満ちた、我らが星、むらっちの最後の勇姿を魅せていただきました。その意思と行動力を賞賛したいです(^−^!

 でも、もちろん、彼女自身が言うように、村田めぐみは「まだまだ止まらない」でしょう。これからも、むらっちらしく、新しい自分のフィールドで、何かをやってくれると思います。

 そんな村田さんと、「いつかどこかで、また」出会えることを。

 
posted by 麗夢 at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | solo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月03日

さほちゃん!?

 佐保ちゃんのニュース!

※「佐保明梨です♪」(アップフロントガールズ(仮)オフィシャルブログ)

 ・・・ということは、年長者がいなくなったエッグの中で、エース的存在と思われていたアカリもまた、いつのまにかエッグを「修了」してた、ということですね(−−;

 やはりちょっと複雑な心境ですが、これを機に、活躍の場が広がってくれればうれしいね〜

 私としては、エッグにおける同世代の実力者、たとえば、さぁやとかタケちゃんとかとユニットでも組んでくれたら面白いと思ったんですがね〜。2代目「しゅごキャラエッグ!」がそのまま継続、というのも一興だったかも。あ、でも、フクちゃんは見事栄冠をつかんだか!

 アカリは確かな実力と魅力あるルックスがありますから、決して埋もれてほしくはない逸材ですよ。できれば、きっかのように、ちゃんとしたメジャーステージが用意された上での「修了」であってほしかったですが・・・。

 とにかく、アカリという花を咲かせるようなムーブメントであれ、と祈ります。

 
posted by 麗夢 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | solo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月14日

コンな気持ち(^−^

 4月から晴れてアナウンサーとなった紺野あさ美さんのブログがついに登場〜〜〜!

 その名も『紺野あさ美のコンな気持ち(ハート)』。

 もちろん、テレ東の女子アナとして、社のサイトに、他のアナウンサーのブログと並列に置かれたもののひとつではありますが、それでも「今の」、「ナマの」紺ちゃんの近況を本人から伝えてもらえる場が設けられたことはうれしいです!


 第一回目の日記(4月13日)では、にっこり微笑む紺ちゃんの最新の写真が(^o^。憧れの場所にいられる幸せをいっぱいに感じているご様子です。

konna.png


 「ブログの操作に慣れなくて、なかなかログインできなかった」なんて語ってますが、パソコンが得意そうなこんこんの意外な一面です(^^;。まぁ、女子大生時代にも結構使ってただろうし、すぐに使いこなしてくれるでしょう。


 本当は、ハロプロのタレントとして、他の子たちと同じように紺ちゃんのブログを見たかったところですが、贅沢は申しますまい。こういう形でも彼女を感じられてよかった。

 あくまで”アナウンサーとしての活動”が中心のブログになるでしょうから、さゆみたいにプライベートなことまで気軽に綴ってくれるかどうかはわかりませんが、自分の思いを自分の言葉で、いろんなお話を聞かせてくれたらいいですね。

 チェックするブログがまたひとつ増えました〜!

 
posted by 麗夢 at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | solo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月12日

あいりん 生誕17周年!

 今日、4月12日は、あいりん、鈴木愛理ちゃんの17歳の誕生日です
 おめでとぅ〜〜〜!!

airi17_3.jpg


 ハロプロでは、なんか”ベテラン”の雰囲気さえ漂うあいりん(^^;。歌手デビューから5年、いえ、「あぁ!」から考えれば8年、芸暦9年・・・!それで、”まだ”17歳!

 キッズ組は、そう思うとすごい子たちばかりですが、その中でも鈴木愛理は着実に「エース」への道を歩んでいます。

airi17_1.jpg


 8歳の頃から歌手としての資質を見せ付けていた愛理ちゃんは、℃-uteでももちろんメインボーカリスト。ソロで歌う機会も増えました。

 そして、神的ユニット、Buono!でも、歌うことに秀でた3人を集めたあのユニットでも、やはりあいりんはエース格。高2という、ちょっと大人びた雰囲気をまとう今年は、ロックボーカルのほうでも、さらにその存在感を魅せつけていくことでしょう。

airi17_6.jpg


 愛理は歌がうまい。でもそれは、テクニックとかよりも、なんというか、聴く者を惹きつける天性の魅力があるのですね。そう、それがいわゆる「才能」というものなのでしょう。

 だから、歌うことがダイスキなのも、ハロー!プロジェクトキッズのオーディションを受けたのも、そしてそれに選ばれてアイドル、歌手への道を歩き始めたことも、偶然ではない。彼女の運命なのだと信じられます。

airi17_5.jpg


 さらに、最近では、「女優」への扉も開こうとしていますね〜!

 初主演DVDドラマがまもなく発売になりますし、そうかと思えば、第2弾出演作がおととい発表されたりして、今年も早々から”あいりイヤー”になりそうな勢いです(^^。

 また、女優とは違いますが、ソロのDVDもリリースが加速してますよ。早くも次回作の7月発売の報が聞こえてきています。

airi17_2.jpg


 アップさんとしても、恵まれた才能を持つ愛理ちゃんを、飛びぬけた存在にしていこうという意図が明らかに見えますね。℃-uteだけではない、まさにハロプロのエース!なっちやごっちんを継ぐような、傑出したタレントに育てようと。

 気が早いかもしれませんが、それはいずれ来るであろう、”ソロアーティスト鈴木愛理”のための布石を今から敷いておこうというムーブメントに思えます。

airi17_4.jpg


 ミューズに愛された子、愛理ちゃんは、17歳の今年、どんなふうに磨かれていくでしょうか。さらに大きくなっていくでしょうか。

 ますます楽しみに、今年もあいりんを見続けていきたいと思います。

 
posted by 麗夢 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | solo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月11日

まのえり 生誕20周年!

 今日、4月11日は、まのえり、真野恵里菜ちゃんの20歳の誕生日です
 おめでと〜〜〜!

mano20_1.jpg


 真野ちゃん、ついにハタチになりました!現在のハロプロの中では後発で、その童顔とも相まって、まだまだ初々しさの漂うまのえりですが、なんともうオトナの年齢になっちゃいましたね。

 自分でもその辺を意識してか、ボイスメッセージでも「もうちょっとオトナの真野恵里菜も出していけたら・・・」なんて語ってます(^^。でも、まぁあまり背伸びをせず、自然体の「まのえりらしさ」で行けばいいと、そう思います。

mano20_3.jpg


 そんな真野ちゃんは、メジャーデビュー3年目に突入したばかり。アイドルとしては安定してくる頃、そして歌手としては力をつけてレベルを上げていきたい頃ですが、果たして真野恵里菜はいかがか?

 2年目に入るあたりに、「2年目こそ、歌手としての真価が問われる」と書きましたが、その点においては、ちょっと控えめ(?)な印象ですね〜(^^;;。

 コンスタントにシングルはリリースしていますが、いまいち目立った活動が伴っていないように思います。テレビ出演などのプロモーションも足りないし、なんといっても、重要な本道のひとつであるコンサート(単独の!)が少なすぎます。

 真価が問われる時期だった去年も、単独のライブはほんの少しだったし、3年目を迎えたこの春も、単独コンサートツアーは2箇所4公演のみ。デビューしたての新人じゃないのですから、もっともっと真野ちゃんの姿を観たり、その歌を聴く機会が増えてほしいです。

 あるいは、デビューの年に活発だった女優としての活動のほうでも、真野恵里菜の名を知らしめるチャンスがさらに望まれるところです。

mano20_4.jpg


 もちろん、本人が一番それを望んでいるでしょう。では、それがなかなか思うようにいかないのはなぜでしょうか?

 誕生日を祝う記事で厳しいことを書いてしまいますが(^^;;;、ルックスや声のかわいらしさは申し分なし、アイドルとしての資質はバッチリ・・・でも、歌唱力や演技力がそれに追いついていない。その辺に要因があるのではないかな〜と素人ながら思ったりします。

 なっちやごっちんの例を持ち出すまでもなく、歌手としてのポテンシャルが高ければ、「歌」でファンの心を捉え、「ライブ活動」で衆目を惹くことは自然の流れでしょう。すなわち、少なくとも現時点においては、「ソロ歌手」という道は真野恵里菜にとって、かなり険しいものに思えます。

mano20_2.jpg


 しかし、だからこそ私は、彼女のこれからの伸びしろに期待したい!歌や演技がまだ世間に認められる域にないとしても、言い換えれば、それは発展途上ということにもなり、その域まで成長していく過程をファンとして楽しめるということでもありましょう。

 上述しましたように、まのえりにはアイドルとしての「華」というか、オーラは確かにあるのですから、あとはそういうテクニック的なところを伸ばせば、かなりのタレントになれるはず。

mano20_5.jpg


 そして、何と言っても彼女には、ファン思いのココロがあります。ハタチという節目の歳を迎えて、でもまだまだ、アイドルという花を咲かせられる真野ちゃんを、改めて期待を込めて見守りたい一年です。

 
posted by 麗夢 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | solo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月04日

りぃたむ 生誕17周年!

 今日、4月4日は、りぃたむこと、菅谷梨沙子ちゃんの17歳の誕生日です
 おめでとー!

risako17_1.jpg


 Berryz工房最年少もついに17歳・・・というか、やっと、という感じでしょうか?この辺が普通の(たとえば昭和の)アイドルと感覚が違うところですね。

 なにしろ、メジャーデビュー7周年で、やっと17歳なのですから、いかにアイドルとして早熟だったかということですね。

 これで、ベリも少し前の娘。の如く、”ちょっとお姉さん”なユニットに・・・なりそうな気もしますが、でも、たぶんまだ”アイドル”で行けるでしょう。というか、そうであってほしい!

 上にモーニングさんもいますし、なにより「メインボーカリスト」梨沙子が、アイドル旬な年齢なのだから。

risako17_4.jpg


 そう、今年、というか今季は年長さんがとうとうハタチになっちゃうし、中堅を支える3人が相次いで19を迎えるという、Berryz工房にとってはある意味の”オトナ化”をせざるを得ない・・・かもしれない年になるのでは、と思ったりしてますが、だからこそ、最年少でメインボーカルを張る梨沙子の存在は重要と言えましょう。


 中学生が4人も入ったことで、オトナ化の一歩をたどっていた娘。が、ちょっと前までの”アイドル志向”を取り戻すか!?という雰囲気の中、Berryzがあまりオトナになってしまうと、ハロプロでの音楽性が逆転しちゃうことになりかねない。両者のハロプロ内での立ち位置を考慮すると、それは違和感MAXですからね。

 そう考えると、これからのBerryzでは、楽曲的にはちゃんりーの存在感はさらに増すことも予想されます。ただ、キャプも語るように、彼女は最年少ながら、メンバーの誰よりも(外見上は)オトナっぽい、つんく♂の好みの言葉で言えば「色っぽい」キャラなので、その辺のバランスはかなり微妙な感じもしますけど(^^;。

risako17_3.jpg


 とにかくも、17歳のりーちゃんが、そのキャラどおりセクシーを増長させてオトナの道を行くか、熊井ちゃんとともにBerryzをアイドルらしくあらしめるキーウーマンになるか・・・大いに注目したいです。



 ※「りぃたむ」&「ちゃんりー」は、今のところ、佐紀ちゃんだけの呼び方のようです(^^;

 
posted by 麗夢 at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | solo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月06日

ももち 生誕19周年!

 今日、3月6日は、ももち、嗣永桃子ちゃんの19歳の誕生日です
 お・め・で・と・う〜〜〜♪

momo19_2.jpg


 キッズ最年長組で最後に19の扉をくぐった桃。これで、ベリキューに3人の19歳がそろいました。


 それにしても・・・あの桃が”女子大生”っていうのにも驚かされましたが、あの桃が19歳!?っていうのもオドロキです(^o^;

 まぁ、なんというか、背の小ささも相まって、そしてその独特のキャラも相乗して、桃はとにかく子供っぽい!Berryz工房では完全にイジラレキャラだし、リーダーやってるBuono!でも、やっぱりイジラレてます(^^;


 言い換えれば、それは「愛されキャラ」ってことですね!誰もが認めるように、天性の「アイドル」という才能を持った桃は、同時に、みんなに愛される、みんなを笑顔にする天才でもあるのですね。

 ももちはホントに楽しいし、彼女がいるところはいつも陽だまりのように明るい。そんな子はみんなが好きになっちゃうのです(*^_^*

momo19_1.jpg


 そんなももちも、歳月は着実に「オトナ」に近づけていきます。19歳というと、やはり大人の女性を意識する年齢。そのキャラやミニサイズから見過ごされがちですが、桃は結構”オトナな体つき”をしています(^^;

 言ってみれば、”女子大生体型”というか・・・いえ、もとい、体型の話とかじゃなく・・・メンバーやファンに対する気遣いとか、年長者、あるいはリーダーとしての自覚とか、キャピキャピキャラの陰に隠れて見えにくいけど、そういうところも”オトナ”に成長してきてますよね。

momo19_3.jpg


 でも、「子供っぽい」というのは決してマイナスではありません。それは「いつまでも少女の心を失くさず持ち続ける」ことでもあり、「アイドルのプロ」ももちの、それもひとつの才能に違いない。

 そう、”アイドル”としてみれば、オトナになってしまうことはファンにとって寂しいことでもあります。その意味では、嗣永桃子は、さながら聖子ちゃんのような、”永遠のアイドル”という類稀な資質の持ち主といえましょう。

 それは、我々ハロプロファンにとって、Berryz工房やBuono!がいつまでも続いてほしいと願う者にとって、希望の光でもあるのです。だから、ももちはファンにとって、宝石のように貴重な存在なのです。

momo19_4.jpg


 ボイスメッセージで彼女自身が語るように、アイドルの申し子としては19歳という年齢は「寂しい気持ちとうれしい気持ち」が半々なのはよくわかります(^^;。我々ファンにとってもそうでしょう。

 でも歳月は待ってくれないのならば、ポジティブに、「十代はもうやりきった!と思えるような一年にしたいな」(桃子)という、ももちの言葉は心強いですね(^−^。

momo19_5.jpg


 桃の十代最後の歳がより輝く一年であるように祝福しつつ、いつまでも”今のももち”のまま、変わらないでいてほしいと改めて願う生誕日です。

 
posted by 麗夢 at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | solo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月03日

むあたさんの「旅立ち」!

 今日、3月3日は、むらっちこと、ムラタメグミさんの30歳の誕生日です。
 おめでとー!

 ・・・という記事を書こうとした矢先の、本日0時ちょうど、むあたさんのブログで、突然の「旅立ち」発表!!!


 なんか、この潔さは、いかにもむらっちらしくて、ヘンな言い方かもしれませんが、何だかちょっと心地良い。

 やっぱり、彼女は自由人!そんなところが、彼女らしい、憧れるところでもあります。

 むらっちの言う、「まだ私の知らない世界」とは何か?・・・いずれ明かされる日も来るでしょうが、三十路を機に、「好奇心旺盛に様々なことに挑戦し続け、経験をつんでいきたい」と一念発起する、その心意気がステキです。

 それも、彼女らしい”粋”なスタイル、ですね〜(^−^!


 郷里の星でもあったむらっち。同郷人として寂しくなりますが、新たな人生、村田さんらしく、三十路女の花を華々しく咲かせてほしいと思います(^^。

 いつまでも、永遠のメルヘン担当でいてね♪

 
posted by 麗夢 at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | solo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月26日

”紺野アナ”の話題

 「話題の新人女子アナにあの肩書きの使用禁止令」

 (^_^;;;・・・。

 こういう話題が出るのも、それだけ”元モーニング娘。の女子アナ=こんこん”の注目度が高いということで、それはそれで興味深いのですが・・・。


 永遠のこんこんファンの私の考えを述べますと、「元モーニング娘。の・・・」という肩書きは封印していいんじゃないですか。むしろ、そのほうがいい!


 テレビ的には・・・特にバラエティ中心のテレビ東京の番組プロデューサーやスタッフとしては、世間の関心や注目度を重要視するんでしょうから、「そんなオイシイ肩書きを利用しない手はない」くらいに思ってるんでしょうけど、こんこんファンとしては、そんなことに彼女の過去、言い換えれば”想い出”を利用してほしくない、と切に願います。


 ましてや、紺ちゃん自身だって、モーニング娘。だったという話題性や注目度を踏み台にして、アナウンサーとして成功しよう、などとは考えていないと思います。

 モーニング娘。としての数々の栄光や体験、たくさんのファンに愛されたことなどは、紺野あさ美という女性の、青春時代を飾る輝かしいワンピリオドでありますが、アナウンサーという夢を本気で目指し始めたその時から、それらは青春の大切な宝物として胸にしまいつつ、新しい人生の道を歩き始める・・・そう決意したはずです。


 だから、テレ東のアナウンサーとして番組に初登場した時、そこにいるのは、夢をかなえて、新たな人生のスタートを切った新人女子アナ=紺野あさ美なのであり、”元アイドル”ではないのです。

 あくまで自分勝手な想像かもしれませんが、女子アナとして活動する時、「元モーニング娘。」という肩書きを消し去ることは、むしろ紺ちゃんの望むところだろう、と私は確信しています。


 過去の栄光にこだわるのではなく、あくまで”今の”、そして”これからの”自分として勝負する!

 スポーツ少女として鍛えられた紺ちゃんの精神力は、その信念と潔さを貫くに違いありません。

 
posted by 麗夢 at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | solo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月21日

千聖攻勢!?

 大人気の岡井千聖ちゃんのソロライブも大好評のうちに終了したようですね。
 私は体験する機会に恵まれませんでしたが、いずれ神のお導きあらんことを(^o^!


 そして・・・

 岡井ちゃんのファーストソロライブの模様がDVDに!!

 さらに、ハロカバで歌った『ロマンティック・・・』と『LOVE涙色』がCDでリリース!!


 いや〜、アップさんの販売戦略はまったくすばらしいですな〜(^^;

 ・・・と思ったら、またしてもe-lineUPの限定販売???


 しかも、両方とも発売と同時にSOLD OUT!?


 だからね〜・・・。
 岡井ちゃんはそれほど人気・実力とも高く、そういう商品へのファンの需要がすごく多いことはわかってるんだから・・・!

 その辺をもっと真摯に考えて、限定サイトだけの限定販売なんてセコイコトしてないで、ファンの要望に応えられるように、少しでも多くの岡井ちゃんファンが手にできるように、しっかり配慮した商品化・販売をしてほしいものです。



 とまぁ、こんなことを言うと、買えなかった者のひがみと思われても仕方ありませんが(笑)

 「後日再販予定」なんて書いてますけど、これも即日売り切れるでしょうね〜。
 常にPCに張り付いてるわけにもいかないし〜(^^;


 それにしても、今年2011年は、「岡井千聖大ブレーク」の予感が早くもムンムン漂っていますな〜(^。^v

 
posted by 麗夢 at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | solo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。