2011年02月20日

2級!

http://blog.sina.com.cn/s/blog_6713d81a01017kwh.html(李純)
http://blog.sina.com.cn/s/blog_6713f0d4010183e4.html(銭琳)


 いや〜、すごいですね。なかなかできることじゃありません。立派ですよ。

 いくら好きな道とはいえ、家族の元を離れて、一人異国の地に来て、ネームバリューのあるアイドルグループに所属してのアイドル活動。

 うまくできるか、言葉の壁を越えられるか、日本のファンに受け入れてもらえるか・・・いろいろ不安や悩みもあったことでしょう。

 でも、それを乗り越え、その頑張りでファンに愛された二人!

 日本語検定まで受けていたとは知りませんでしたが、何よりもその心意気がすばらしいじゃないですか!

 これから、母国でのタレント活動が始まるわけですが、日本での、モーニング娘。というファミリーでの経験を糧として、きっと成功してくれるでしょう。

 そして、その日本語力を生かして、日本と中国との文化的な架け橋になれたら、もっとステキですね。

 そんなジュンジュン、リンリンに、タオの導きあらんことを。

 


posted by 麗夢 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | solo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月16日

SAKI STUDIO 開幕〜!

 清水佐紀ちゃんのオフィシャルブログがついにスタート!!!

 これは予想外(^^;;;まさかそうくるとは思ってませんでした。


 ℃-uteブログがだいぶ前から先行していて、Berryz工房ブログが一向に立ち上がる気配もないので、「うーん、ベリメンは文章書くのが苦手な子ばっかなのかな〜」などと失礼ながら想像したりしてたのですが・・・(^^;。

 たしかに、セレンドを見た限りでは、佐紀ちゃんはかなりフランクなトークを文章で展開するのが得意、というかスキだというのが伝わってきていました。逆に、しゃべりがあれほど得意な桃子が意外に書くのは苦手だったり(^_^;;

 まぁ、人のキャラクターはそれぞれです。だからこそ、ブログが立ち上がるとしたら、℃-ute同様、「Berryz工房ブログ」という形で、ひとつのブログを7人が持ち回りで書くようなスタイルになるだろうと、なんとなく予想してました。


 それがなんと・・・!

 Berryzメンバー初の公式ブログがついに誕生した、と思ったら、それはキャプテン佐紀ちゃんの個人ブログだったじゃあ〜りませんか!

 というわけで、佐紀ちゃんダイスキな私としては、「楽屋裏的な話」とか、「意外な子たちとの交流」とか、「キャプテンから見たベリメンの素顔」といったお話が聞けるのがとても楽しみです(^−^)v

 2/14にスタートしてまだ三日目ですが、今の時点で早くも8エントリー!かなり多い更新頻度は、それだけ佐紀ちゃんの「いろんなことを書きたい、書いてみんなに伝えたい、そうしてみんなとつながるのがスキ」という気持ちの表れなんですよね。


 そしてもちろん、キャプに刺激されて、他の子たち・・・たとえば、文章が得意そうなのは・・・みやとか熊井ちゃんあたりかな〜、彼女たちもブログをやってくれたら、さらに面白そうですね。



 ただちょっと、(おかしなことを言うようですが)気になることを挙げますと・・・。

 佐紀ちゃんが、さゆや舞美、愛理みたいに、ほんとにプライベートなこと・・・家族や家庭でのこと、学校のことなどを書くかどうかはわかりませんが、そういう記事を読み、そしてそれにコメントをつけることで、アイドルを身近に感じたいと欲求するファンは多いようです。

 セレンドなどの例でも、何気ない日常やプライベートな話題に触れることで、タレントという特別な世界から降りてきて、一人の女の子としての佐紀ちゃんを近くに感じられるという心情や、まるで友達感覚でコメントをつけることで、アイドルと親しく会話している気になって悦に入るという自己満足が存在することは確かです。

 でも・・・私はそれは望みません。やはり佐紀ちゃん(そしてハロプロアイドルたち)は、自分のいる世界とは別次元の住人であって、テレビやラジオやネットで見聞きし、ライブステージで歌い踊り、躍動する彼女たちは、まるで違う世界から来た「アイドルという名の生き物」なのです。

 たとえ彼女たちが、イマドキの女子中高生のような言葉でフランクに日常を綴ったとしても、私にとってそれは”アイドル”という特別な存在の、はるか遠くから聞こえるつぶやきであって、まるでワームホールから別次元の宇宙を覗き見ているような、そんな非現実的な感覚なのです。

 やれやれ、やはりこれも歳のせい・・・じぇねれーしょんぎゃっぷ、ってやつでしょうか(笑)。



 ヘンなことを書いてしまいましたが・・・、それでもやっぱり、佐紀ちゃんのブログ開設はめでたいことですし、彼女なりの言葉で、彼女の周りのこと、彼女自身の出来事をどんなふうに語ってくれるか、これからが楽しみです。

 特に、佐紀ちゃんの考えや想い・・・メンバーのこと、家族や友人のこと、自分自身のこと、そしてファンとのつながりのことなどを披露してくれたら、とてもうれしいですね(^−^。


 ・・・と、この記事を書いている間にも、また更新されたっ!!この早さについていけるだろうか(^o^;;;

 
posted by 麗夢 at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | solo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月07日

マイマイ 生誕15周年!

 今日、2月7日は、マイマイ、萩原舞ちゃんの15歳の誕生日です
 おめでとう〜〜〜!!

mai15_4.jpg


 キッズ組最年少の舞ちゃんは、やっぱり、「まだ15なの〜!?」って感じですね〜(^−^;

 学年的に遅生まれなので余計そう感じるのですが、15の今年はいよいよマイマイも高校生になっちゃいますよ〜。これで、全員が小学生で加入したハロプロキッズメンは、全員が高校生以上になります。おお〜、時の流れを感じますね〜(´ー`)

mai15_2.jpg


 さて、℃-uteのマスコット的存在の舞ちゃんも、最近はちょっとメイクが濃くなったせいか(笑)、少し顔つきが変わってきたように思うのですが、気のせいでしょうか?

 大人びた・・・というのとはちょっと違うのですが、上手い言葉じゃないですが、なんか精悍な感じというか・・・。表情や目つきに迫力が出てきたと申しましょうか^^;。

 それもまた、15歳という成長の階段をまた一歩上る彼女の、変化の証なのかもしれませんね。

mai15_1.jpg


 つまり、今年のマイマイは、また新たな一面を魅せてくれるかも・・・ということで。℃-uteの中での位置づけが大きく変わることはないでしょうけど、中学を卒業するという、彼女自身の環境、そして心情の変化が、我々ファンにもなにかしらの印象の変化となって伝わってくることは考えられますね。

mai15_3.jpg


 ボイスメッセージでもやはり、高校生になることに言及してましたね。「精神面も大人になって、大人の女性を目指したい」と宣言もしてくれました(^^。

 童顔に幼い声、しゃべり方のあどけなさ・・・まだ遠い道のりではありますが(笑)、そういう気持ちの変化が、アイドルタレントとしてはもちろん、一人の女の子としての萩原舞を成長させていく・・・。

mai15_5.jpg


 今年はそんな彼女を見るのも、楽しみになりそうです。

 
posted by 麗夢 at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | solo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まいみぃ 生誕19周年!

 今日、2月7日は、まいみぃ、矢島舞美ちゃんの19歳の誕生日です
 おめでとう〜〜〜!!

maimi19_1.jpg


 ぉぉ〜、ついにまいみぃも19歳というお歳を迎えましたね〜。もともとオトナっぽい舞美ちゃんにはなにかしら似合ってる年齢のような気もします。

 今のキッズ組では2番目の年長さんですが、オトナの雰囲気という点では彼女がダントツでしょう!ますます”美人さん”に磨きがかかってきたと思いますよ(^o^!

 おととしの秋に、トレードマークとも言えた長い髪をバッサリショートにした時は驚きましたが、その髪型は今、セミロングくらいにまとまっていて、余計にまいみぃのオトナっぽさを引き立てています。

maimi19_4.jpg


 ただ、イロケというかセクシーさというか、そういうものを放っているかというと・・・そうでもない(^^;;;

 天然系のちょっとトボけたキャラがそう感じさせるのか、あれだけの美人なのに、あどけない、お茶目なところがたっぷり!子供っぽいというのとは違って、なんと言いますか、そう・・・”アイドルらしさ”がたっぷりなのです。

 それはもちろん、℃-uteというアイドルグループのリーダーにとって、とても大切な要素だと思います。だからこそ、舞美ちゃんはこれからも℃-uteのリーダーにふさわしいし、そうあり続けるのです。

maimi19_3.jpg


 つまり、まいみぃはまいみぃのまま変わらない。そこが大きな魅力でもあるのです。

 しかしながら、そのような心情やキャラとは無関係に、時は流れ行くもの。舞美ちゃんもボイスメッセージで語るように、「十代最後の年」。この言葉の響きは誰にとってもある種、期するものがあるわけですが、”アイドル”としてはなおのことかもしれません。

maimi19_2.jpg


 「あと一年でハタチ・・・」とも語ってましたが、社会的にオトナの年齢目前となったという、独特の心情が彼女の中にあることは確かでしょう。でも、ハタチを過ぎたからってアイドルでいられないわけじゃない。何も、世間的なイメージにとらわれることはない!

maimi19_5.jpg


 舞美が舞美であり続ける限り、そして、℃-uteのリーダーであり続ける限り、彼女を見続け、応援していきたい。そう気持ちを新たにしながら祝う、まいみぃの19歳です(^−^。

 
posted by 麗夢 at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | solo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月05日

なっきぃ 生誕17周年!

 今日、2月5日は、なっきぃこと、中島早貴ちゃんの17歳の誕生日です
 おめでとーーー!!

nakky17_4.jpg


 メジャーデビュー4周年を迎える℃-uteにあって、2番目の年長さんとなったなっきぃでも「まだ17なのか〜」って感じですね〜(^^;。

 最近、グッと大人びた雰囲気が漂うなっきぃですが、まだまだアイドル旬な年齢なのには、ちょっとしたオドロキです。

nakky17_1.jpg


 ℃-uteでの存在感も増してきて、人気も高い早貴ちゃん。最近では、演技のほうでの活躍も目立ちます。

 昨年、主演映画があったと思えば、今年も早々に舞台出演が決まっていて、これも主役のようです。やはり、MCや司会などが得意ななっきぃは”演技派”なんじゃないかな(^^。

nakky17_2.jpg


 そんななっきぃはブログで、やっと17歳になった、もどかしかった、と書いてました!つまり、早く17になりたかったってことですよね。これはどういう心境なんでしょう(^o^。

 ボイスメッセージでも、「16歳はあまり変わらなかったので、17歳はもっといろんなことにチャレンジしていきたい」というコメントをくれました。その前向きな視線・・・なんかウラヤマシ〜。そして眩しい!

nakky17_3.jpg


 舞美や愛理も語るように、ちょっと淡白な印象の表向きと違って(^^;、実はかなり気遣いの細やかな、しっかり者の”お姉さん”ななっきぃ。まさに℃-uteの”サブリーダー”的な存在です。

 さて、なっきぃの”待望の”17歳はどんな年になるでしょうか。どんなことに挑戦し、どんな「なっきぃオーラ」を魅せてくれるか、楽しみですね。

 
posted by 麗夢 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | solo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月03日

こなっちゃんの行く先・・・

 このたび、”こなっちゃん”こと、古川小夏ちゃんの「研修課程修了」がオフィシャルより発表されました

 う〜む・・・またしても、ちょっと複雑(^^;;;。


 私のイメージでは、こなっちゃんといえば、「ともいき・木を植えたい」での活動だったりします。

 当時、もう4年以上前でしょうか、まだエッグメンの名前もあまりわからなかった頃、のっちに率いられた「ともいき・・・」の中で、なぜか(私的に)目立っていたのが彼女でした。

 ちょっと高めの身長と、クリクリとした大きな目が印象的でしたね。舞台演劇でもちょくちょく出演していて、そちらの方面でのパフォーマンスは発揮していたようですが、それだけに、いわゆる”アイドル”としての特筆すべき活躍の場が用意されなかったのは残念な感じです。


 エッグには2004年加入組なので、モリサキと同様、いわばエッグの”一期生”。こなっちゃんもまた、「ベテランエッグメン」だったわけです。

 その間、多くの「ハロー!プロジェクト新人公演」の舞台を踏み、そのほか、「デリバリーステーション」や「ノリメンライブ」といった、エッグとしての発表の機会は経験していますが、それらを観る機会に恵まれなかった私にとっては、正直、こなっちゃんの歌やダンスなどのパフォーマンス力や、エッグ内での人気・認知度がどのくらいのものだったか、よくわかりません。

 彼女についてよくわからないうちに、エッグを「卒業」してしまうことが心残りではあります(;;。

 気付けばもう18歳。ベリで言えば雅たちと同学年です。そういう歳になるまで”研修生”に甘んじていたことを思うと、もう少し早く、彼女に適した道を用意してあげられなかったものかと思わないではいられません。 




 それにしても・・・アップさんはハロプロエッグをこれからどうするつもりなんだろう?

 「研修制度の変更」とか言ってましたけど、何をどう変えるのか?

 いえ、それよりも、その「変更」とやらに伴って、古参&年長のエッグメンが次々と、「修了」という名の下に追い出されているような気がするのは、思い過ごしでしょうか?


 きっかのような、見事なソロデビューの道が用意されているなら良し・・・。

 でも、それはわずかの例であって、他の多くの子たちは、なんとなく「修了」させられて、とりあえず目の前にある舞台のオファーをこなしていく・・・。

 そんなビジョンしか描けていないのが実情なのではないでしょうか?


 繰り返しになりますが、若く未来あるタレントの卵たちの”これから”について、周りのオトナたちは真剣に、かつ誠実にケアする責任があると思います。

 
posted by 麗夢 at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | solo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月30日

きっかの大きさ!

 なんとなく流し見ていましたが・・・、

 よくよく見ると、きっかのソロデビューCDの発売元は・・・、
 「ユニバーサル ミュージック」

 ええっ!?
 これってすごくありません?

 ZETIMAとかじゃないんですよ。
 ついこの間まで、ハロプロの研修生集団にいた子が、いきなりビッグネームからのデビューリリース!



 しか〜も!

 5月に公開されるというきっか主演の映画って・・・、
 なんと、きっか自身のデビューまでの軌跡を描いた、本人主演のドキュメンタリーだというじゃあ〜りませんか!

 こりゃまた、すごい!!



 今まで、こんなデビューの仕方をしたハロプロアイドルがいたでしょうか?

 報道では「期待の大型新人」という呼ばれ方をしてましたが、まさにそういう扱いですよね。

 またまた予想以上の展開!

 みっつぃ〜を超えるどころじゃない、これは本格的なビッグアイドルの誕生を目の当たりにするかもしれない。


 なんか急激にワクワクしてきました(^o^!

 繰り返しになりますが、新生娘。をはじめとして、ほんとに今年のハロプロはかなり面白い(^−^!

 存分に楽しませてくれそうな予感たっぷりです。

 
posted by 麗夢 at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | solo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月26日

きっかの躍進!

 今日、「吉川友応援プロジェクト」についての記者会見がありました。

 メールでその要点が送られてきましたが・・・なんと!!

きっか初主演の映画が5月に公開
その主題歌『きっかけはYOU!』で3月にソロ歌手デビュー

 これは〜・・・予想以上にすごいじゃないですか!
 大躍進じゃないですか〜!!

 ついこの間まで、ハロプロエッグ=研修生だった彼女が、約一ヶ月のオープニングアクトのアピールを経て、いきなり3月30日にメジャー歌手デビューですよ〜(^^


 これほどのプロジェクトが秘密裏に温められていたとは、正直オドロキました。

 ある意味、約一年間のインディーズ期間でたっぷり助走をとった上で飛び立った真野ちゃんやスマイレージよりも電撃的であり、その実力や期待値はもしかしたらかなり高いのかも(@@!


 このいきなりの大出世は、さらには、今のエッグたちに大きな希望を抱かせるものと言えましょう。

 いつか華やかなメジャーのステージに立つことを夢見て”研修”しているはずのエッグたち・・・。しかし、実際にメジャーへの道が開かれたのはごくわずか。

 しかも、もっと年長さんやエッグ在籍の長い子たちが、日のあたる機会を得ないまま「エッグを卒業」させられる不遇・・・そんな事態に、ファンとしてヤキモキしていた矢先・・・。

 フクちゃんのモーニング娘。への大抜擢に続いて、「研修課程修了」したばかりのきっかの見事すぎるソロデビュー劇!

 これはエッグの子たちにも、エッグの未来に期待と不安を抱いていた多くのファンにとっても、大きな朗報です(^o^!


 さらにタブーなことに言及しちゃうと・・・(^^;

 モーニング娘。の「Happy8期オーディション」で落選した吉川友が、ただ一人合格したものの娘。の中でいまだに存在感を勝ち得ていない光井愛佳を超えた・・・そう言ってしまっても過言ではありますまい。

 娘。オーディションで落選しながら、その実力を買われて、後にハロプロの一員となり、やがてソロデビューして、合格者以上のパフォーマンスと存在感を発揮する・・・そんな藤本美貴伝説を継ぐ者としての可能性を感じさせる、新たなサクセスストーリーの誕生!

 今はそれを素直に祝福したい。そして、これからの活躍を大いに期待しつつ、見守りたいです。



 いや〜、2011年スタート早々、驚きのニュースの連続ですね。

 特に、今年のハロプロエッグの動向はかなり面白いことになりそうな予感です(^−^。

 
posted by 麗夢 at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | solo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月17日

モリサキの行く先・・・

 このたび、”モリサキ”こと、森咲樹ちゃんの「研修課程修了」がオフィシャルより発表されました

 う〜む・・・またまた、ちょっと複雑(^^;;;。

 正式なメジャーデビューもないまま、”エッグ卒業”を告げられるのは、のっち、みーこ、きっかに続いて4例目となりました。


 きっかは”修了”後にソロプロジェクトが始動したりして、いい感じですが、みーこ同様、モリサキの「今後の活動」として紹介されているのは、当面、出演が決まっている演劇舞台のみです。

 確かにモリサキは、自分自身が「女優」を自認するほど、舞台演劇の経験が豊富です。新人公演のような歌って踊って・・・よりもむしろ、役者が本業じゃないの、っていうくらい、モリサキと言えば舞台、のイメージがありました。


 もちろん、歌やダンスでもしっかりしたアピールができる彼女。気付けばモリサキもエッグの中では年長組。”ベテラン”の域に入っていると感じていました。

 なので、やはり前の3人同様、「年齢的にもお姉さんになり、エッグの在籍期間も長くなり、そこそこの舞台経験も積んだことだし、研修生という感じではなくなったから、とりあえずエッグからは出てもらいましょう」といったネガティブな処遇のような気がしてならないのです。


 なにしろ、2004年にエッグ加入ですから、いわばエッグの”一期生”。6年間も「研修生」という位置づけだったことになるわけで、これはさすがに引っ張りすぎじゃないかな〜?

 せっかく才能ある素材なのだから、もう少し早く、独り立ちの機会を、ちゃんとした形で与えてあげてもよかったと思うのですが・・・。


 いずれにせよ、「研修修了」が発表されたからには、モリサキも”一人のタレント”としてのスタンスを得たということですから、事務所なりプロデューサーなりがしっかりした方向付け、プロデュースをしてほしいというのがファンとしての願いです。

 何とかベクトルを得られた、または得つつある、のっちやきっかのように、みーこやモリサキにも「ソロプロジェクト」を始動させて、独り立ちへのバックアップをしてあげるのが、育ててきた大人たちの責任ではないかと、繰り返しになりますが、提言したい。


 そういえば、彼女が所属するユニット「ともいき・木を植えたい」からの脱退は発表されていないので、こちらはまだ続いている・・・のかもしれませんが、うーん、なにぶんにもこのユニット自体の活動が休止状態だからなぁ(^_^;;;

 とにかく、モリサキはアイドル性が高いと私は評しているので、アイドルとしての活動の場がほしいですね。これも繰り返しますが、みーこ、モリサキ、こなっちゃんあたりの年長さんで新ユニットを結成して、アイドルデビューしてくれないかな〜。絶対ファンは喜ぶと思うけどな〜(^−^。


 見守るしかできない一ファンとしては、モリサキにもぜひ成功してほしいと、ただ願うばかりです。

 
posted by 麗夢 at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | solo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月12日

みっつぃ〜 生誕18周年!

 今日、1月12日は、みっつぃ〜、光井愛佳ちゃんの18歳の誕生日です
 おめでと〜〜!

mitsui18_4ss.jpg


 さて、みっつぃ〜もついに「お姉さん」になるときが来ました。いえ、歳のことではなく、彼女にもついに後輩ができるのです。
 娘。に加入して丸4年を経て、ようやく・・・という感じでしょうか(^^;。みっつぃ〜自身はどう感じているかな?

 いずれにしても、今年のみっつぃ〜には、今までにない役割が求められるでしょう。
 すなわち、先輩として、「お姉さん」としてのポジションです。

mitsui18_1s.jpg


 現在の娘。において、5期・6期メンバーはみんなハタチを超えた”オトナ”だし、そこへ入ってきた新メンバーは12〜14歳という若さ(幼さ?)。
 新人にとっては、ゴロッキーズはあまりに年上で、ちょっと畏れ多いというか、気軽には接しにくいところもあるんじゃないかと思ったりします。

 そこで重要になるのが、みっつぃ〜です。

 18歳の彼女こそ、その両陣営の間の架け橋、あるいはパイプ役になる存在ではないか・・・いえ、そうあるべき存在だろうと思うのです。

mitsui18_2s.jpg


 モーニング娘。になって5年目を迎える愛佳ですが、残念ながらまだ、目立つ存在になり得ていません。
 楽曲においては、歌、ダンスともサブの位置だし、その代わりキャラが立っている(さゆのように)というわけでもない・・・。

 もちろん、みっつぃ〜には彼女なりの良さがあるはずですが、今のところそれが充分に引き出されてはいないようです。

mitsui18_3s.jpg


 だからこそ、これから、です。
 年若い後輩を得て、そして18歳になり、中堅メンバーとなった今年こそ、光井愛佳の色を魅せつけていく好機ではないでしょうか。

 「今は私の魅力に気付かない」人々に、”愛佳ここにあり!”を印象付ける絶好の年になりえると思いますよ。

mitsui18_5s.jpg


 このところ、ちゃきちゃきの関西弁でしゃべりまくり、染めた髪をちょっと古風に結わえたりして、若干オバサンっぽい雰囲気も漂ったりしてますが(^^;;;、
 今年は待望のファースト写真集もリリースされることだし、18歳の若さを全開にして、愛佳らしい愛佳を今年はぜひ魅せてほしいと思います。

 
posted by 麗夢 at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | solo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月11日

スマイレージを踊っちゃった!

 岡井千聖ちゃんの大好評映像、「踊ってみた(本人)」の新作がついに登場!

 新年一発目はスマイレージの『夢見る 15歳』。
 キタコレーーー!


 まったく同じ部屋で同じ服装なので「おや?」と思いましたが、冒頭に、
「スマイレージ!!! レコード大賞最優秀新人賞 受賞記念」
とフリップを出したということは、大晦日以降に収録されたということ。

 ハロコンの準備とかで大忙しの中、いつのまに他ユニットのフリを覚え、収録までしたんだろう(^o^;;
 岡さん、お見事!!

踊ってみた「夢見る15歳」s.jpg


 スタッフのコメントに、
「フレッシュさに挑戦です!!!(岡-井千聖は16歳です)」
とあったのには笑いました(笑)。

 そう、岡井ちゃんはスマイレージの3人と同学年なんですよね〜。
 なんか不思議な感覚です。
 もちろん、年季を積んでいる分、ちっさーのほうがお姉さんに思えるという意味で。


 とにかく、今回もかなりいいです(^−^。
 見てるみんなを楽しませよう、という岡井さんの意気(あるいは粋)が伝わってくる快作!

 
posted by 麗夢 at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | solo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月28日

ゆうかりん 生誕16周年!

 今日、12月28日は、ゆうかりん、前田憂佳ちゃんの16歳の誕生日です
 おめでと〜〜〜!

yuukarin16_3s.jpg


 まだまだ幼〜いイメージのゆうかりん、16歳とは思えないような、ピンと来ないような感じです(^^;;。

 さて、ゆうかりんにとっても今年は大きな年でしたね。昨年結成されたフレッシュユニット「Smileage」が5月に正式にメジャーデビュー!ハロプロのアイドルとしての活動が本格的に始まりました。

yuukarin16_4s.jpg


 そして、今年は「スマイレージの年」といってもいいくらいの怒涛の活躍。メジャーシングルも3枚リリースし、年末にはファーストアルバムも出しちゃいました。

 さらに、CD発売記念にとどまらず、テレビ局の催しなどイベント出演が盛りだくさん。ついにはファースト単独ライブも開催!その活躍が認められて、日本レコード大賞の新人賞も受賞!!

yuukarin16_2s.jpg


 高校生になったこの一年は、ゆうかりん自身も飛躍した年として忘れられないものになったでしょう。高校生・・・そう、憂佳は高1なんですよね〜(@o@!どうしても実感がありません(笑)。

 生来の童顔に加え、声も驚くほどに幼いまま。High-Kingであまりのギャップに驚いた、あの声のままです。それが彼女をひときわ幼い印象にしているのですが、それこそ憂佳ちゃんのチャームポイントなのですから、ぜひそのままでいてほしい。

yuukarin16_5s.jpg


 ボイスメッセージでは、「方向音痴で彩花ちゃんに連れて行ってもらってたので、一人で歩けるようになりたい」という驚愕のコメント(^o^;;;。それはぜひ達成したい16歳の目標です。

 こんなことも言ってました。「心は15歳のままで、オトナになれたらいいな〜と思います」・・・アイドルたるもの、その精神は持ち続けてほしいですね(^−^。


 あと、ゆうかりんといえば長い黒髪が似合う清楚な美少女というイメージでしたが、この秋ごろにバッサリとショートカットに変身!次の新曲に合わせたイメチェンとの見方もありますが、これから来年に向けて、更なる飛躍を誓う、彼女なりの気合入れもあるのかもしれませんね。

yuukarin16_6s.jpg


 真野ちゃんのときも言いましたが、2年目となる来年がスマイレージにとって、そしてゆうかりんにとっても、より重要だと思います。アイドルタレントとしての真価が問われる16歳の一年です。

 アイドルとしてのパフォーマンスを磨きながら、自分らしさをよりアピールしていければいいですね。

 ゆうかりんにとって、大切な16歳の時となりますように。

 
posted by 麗夢 at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | solo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月24日

きっかの行く先・・・

 このたび、”きっか”こと、吉川友ちゃんの「研修課程修了」がオフィシャルより発表されました

 う〜む・・・これまた、ちょっと複雑(^^;;;。

 正式なメジャーデビューもないまま、”エッグ卒業”を告げられるのは、のっち、みーこに続いて3例目となりました。


 確かに、みーこ同様、吉川さんもエッグの年長さんとして堂々のパフォーマンスをしていると聞き及びますし、舞台演劇へも出演するようになり、開花間近、と思っていました。

 きっかといえば、メジャーなスポットを浴びたのは、やはり「Milky Way」。”きらりブレイク”の小春と組むことで、CDデビューもできたし、ライブでメインメンバーとして歌うこともできた!多くのハロファン、そして、きらりファンの少女たちに注目されました。

 小春と同じ学年とは思えないほど、大人びた容姿で、どちらかといえば(私の知る限りでは)おとなしめのキャラでしたが、Milky Wayでは躍動的なダンスを披露し、ポテンシャルの高さを魅せつけてくれました。


 思い返せば、「モーニング娘。Happy8期オーディション」で最終選考に残った時、彼女も私の目を引いてました。残念ながら、モーニング娘。にはなれなかったものの、その翌年にハロプロエッグに加入したことが発表され、その諦めない気持ちに感じ入るとともに、改めてきっかの才能が認められたことをうれしく思ったものでした。


 しかしながら、やはりきっかの行く先を案じてしまいます。

 Milky Wayとしてのメジャー経験はあるものの、ソロタレントとして活動する上では”武器”が足りないと感じます。ソロ歌手というタイプではないし、インパクトのある”売り”の要素もいまのところ見えていないし・・・。舞台演劇への出演はあると思いますが、とすると、やはりみーこと同じ路線になるのかな〜。。。

 18歳。アイドルとしてはまだ旬な年齢なのですが、今後の展開が何も決まってない状況での”卒業”には、行く末を案じないではいられません。17歳までの娘。オーディションにも参加できなかったし(;_;

 いっそのこと・・・、18歳超の年長さん同士ということで、みーこ、きっか、こなっちゃんでユニット組んでメジャーデビュー!なんて展開になったらうれしいんですけどね〜。ならないだろーなー(´ヘ`;)


 実際どうなるかは、今後の動向を見ることになりますが、いずれにしても、きっかにもぜひ成功してほしいですね。

 ハロプロエッグとしての、そしてMilky Wayとしての貴重な経験を糧として、新たな「吉川友」の花を咲かせてほしいと思います。

 
posted by 麗夢 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | solo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月23日

えりりん 生誕22周年!

 今日、12月23日は、えりりん、亀井絵里ちゃんの22歳の誕生日です
 おめでとーーー!

eri22_4s.jpg


 と、お祝いしたい今、えりりんはすでにモーニング娘。には、そして芸能界にはいません。そのことに、改めて寂しさと喪失感を思う今日の日です。

 でも、深い絆で結ばれた娘。メンバーたちはもちろん、亀井絵里を愛するすべての人々が、この22歳の生誕日も、これまでと変わらず祝福しているに違いありません。

eri22_2s.jpg


 さて、変な話ですが、女性の印象はメイクや髪型などで大きく変わるものでしょうか?18を過ぎたあたりから髪を伸ばし始めた亀ちゃんは、長い髪をクリクリとカールしたり、茶色に染めたり、目元のメイクも濃くなったりと、無理に背伸びしたオトナ顔の雰囲気があり、なんとなく(あくまで私個人のイメージですが)亀らしくない風貌だな〜と感じることが多くなりました。

 中身は”ぽけぽけぷ〜”なままなので、余計にそのギャップに違和感を覚えたりしていました(^^;。まぁそれも、着実にオトナへと近づいていく女の子の、外見的な主張なのかな、とか思ってましたが、その違和感のために、一推しだった亀ちゃんから少し気持ちが離れた時期があったことを、ここで告白しておきます(^_^;;;。

 なぜこんな話をするかというと、今年の春ツアーあたりから、以前ほど短くはないけど、肩の辺りまでに髪を切り、快活な印象が復活し、さらに卒業を発表したあたりからは、そのセミロングヘアをほぼ黒髪近くに戻して自然体な感じになり、さらにメイクもナチュラルになって、”あの頃の亀ちゃん”のイメージが帰ってきたからなのです。

 つまり、卒業という衝撃の発表がなされることになる今年に入ってから、再びえりりんを惚れ直したのでした(^o^;;;;;;。

eri22_5s.jpg


 振り返ってみれば、時すでに遅し・・・。惚れ直したえりりんは私の前から、ファンの前から、”自分自身”へと旅立ちました。連絡をしあい、時には会うこともできる娘。メンバーたちより、我々ファンのほうが喪失感が大きいことは確かでしょう。

 失って初めて、その大切さ、愛しさが本当にわかる・・・というのは、やはり繰り返される世の常なのでしょうか。

eri22_3s.jpg


 自分の弱い部分を発表するのが怖かった、と心情を吐露した彼女でしたが、モーニング娘。という「宝物」の中で培われた自信と強さ、奇跡のように出会えた仲間との絆が、これからのえりりんの「自分の道」を明るく、心強く照らしてくれるのだと思います。

 だからこそ、「亀井絵里に生まれてよかった」と、幸せいっぱいの気持ちで卒業できたのでしょう。

eri22_1s.jpg


 22歳。オトナの年齢(^^;。えりりんはどんな人になるでしょうね〜。私たちの知ってるテキトーキャラは、娘。の一員として意識して作られたものというより、おそらく”素”の彼女でしょうから、たぶんそんなに変わらないかも(笑)。

 それでこそ、亀井絵里らしさというものです。自分自身を大切に・・・って、これはえりりん本人が一番わかっていることですから、周りの心配には及ばないですね。

 そして、また我々の前に帰ってくることがあったら、身も心も「綺麗な女性」でいてほしいですね。そうであることもまた、疑いはないと信じます。

eri22_8s.jpg


 生誕とともに、絵里の未来を心から祝う、今年の誕生日です。

 
posted by 麗夢 at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | solo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月22日

みーこの行く先・・・

 このたび、”みーこ”こと、仙石みなみちゃんの「研修課程修了」がオフィシャルより発表されました

 う〜む・・・正直、ちょっと複雑(^^;;。

 正式なメジャーデビューもないまま、”エッグ卒業”を告げられるのは、のっちに続いて2例目となりました。

 のっちについては、先日の記事でも述べましたように、その独特のキャラや、生粋のアニヲタという”武器”をもって、果敢なソロ活動を展開しているので、安心していましたが・・・、はたして、みーこはどうでしょう?


 確かに、仙石さんはここ最近、舞台演劇への出演も多くなり、エッグの新人公演などでも、年長さんとして堂々のパフォーマンスをしているとは聞き及びますが、残念ながら、それらの活躍を見ることが叶わない私にとっては、仙石みなみといえば「音楽ガッタス」および「Gatas」の彼女しか知らないのでした。

 ガッタスでのみーこは、とてもおとなしく、控えめな印象なので、どうしてもそういうイメージが頭に浮かびます。舞台の上で演技をしているみーこは、正直ちょっと想像つきません(^−^;


 なので、このニュースを知ったとき、みーこの行く先をちょっと案じてしまいました。

 今後は、アップフロント(あるいはハロー!プロジェクト)所属のソロタレントという形での活動になるのでしょうけど、のっちのような強力な”武器”を持たないと、メジャー活動はちょっと厳しいのではないかな〜と。

 ソロで歌を歌うというタイプではないし、強烈な趣味志向の世界でメディアに露出するというキャラでもないし・・・。おそらくは、今まで実績のある舞台演劇の方面で、どこかの劇団公演のゲスト的な出演がメインになるかと思われますが・・・。

 ということになると、やはり舞台にその活動の場を得ている、娘。OGの圭ちゃんや美勇伝OGのみーよのような方向になるのかな〜。。。


 また、音楽ガッタスやGatas Brilhantes H.P.からの卒業ということは触れられていないので、そちらはまだ続くのでしょうね。

 まぁ、音楽ガッタスは事実上、活動休止状態だし、Gatasも準定期的な練習は行われているようですが、試合の機会は激減している現状にて、こんこん去りし後のGatasがどうなるのかも含めて、予断を許さない状態ではあります(−−。


 実際どうなるかは、今後の動向を見ることになりますが、いずれにしても、みーこにはぜひ成功してほしいですね。

 ハロプロエッグとしての貴重な経験を糧として、新たな「仙石みなみ」へと羽ばたいてほしいと思います。

 
posted by 麗夢 at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | solo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月12日

のっち 100曲ライブ!

 最近、情報が遠ざかっていたのっちがこれほどの活動をしているとは!

 ハロプロエッグを卒業したかと思えば、アップフロントエッグなどという、つまりはいまだに”研修生”扱いだと思っていた能登有沙ちゃんですが、実はかなりの「ソロ活動」を展開していたのでした。

 以前からバリバリのアニメヲタクであることを公言してはばからず、「HAPPY STYLE」のころからは嬉々としてアニソンを歌っていました。「ドガドガ7」でも、その”腐女子”っぷりが炸裂してたし(^^;、コミケには出没するし、同人誌は発行するし・・・。

 このまま、アニメ界隈を活動の場としてやっていくのかと思いきや、いつの間にか4枚のミニアルバムをリリース(4枚目は本日発売)。全曲作詞とかまでやってるらしい。さらには、PHOTO BOOKまで出しちゃってます!


 そんなアリが、11月23日に、「アリスタ!スペシャル〜アニソン100曲ライブ〜」を行ったというニュースが遅ればせながら入りました。

 アニソン100曲ライブ・・・って、いくらアニヲタでも、これはすごい!しかも、全部彼女一人だけで!ライブ時間=3時間半!!

 終演後のインタビューでは、「あっという間でした」とケロッとして語ったというから、これまたすごい!これほどのパワーのある子なら、もっとメジャーになってもいいような・・・あ、でも、やっぱり「アニヲタのアイドル」であってほしいような(^o^;;;。


 そいでもって、100曲のセットリストがすさまじい!80年代からつい最近のまで、新旧織り交ぜたアニソンが居並ぶリストは、曲名眺めてるだけでも壮観!

 特に、アリの真髄(笑)でもある「ガンダム」シリーズをはじめとするロボットアニメの曲が、これでもかって言うくらい盛りだくさん。かつてアニヲタであった私としても、思い出すだけで血湧き肉踊るものがございますが、そんな激しい、パワー系の歌を歌いまくった気力と体力には感服の一言。

 もちろん、萌え系の少女アニメもたっぷり。可愛い笑顔でブリブリに歌い踊るのっちの姿が目に浮かびます。さらには、「しゅごキャラ!」や「イナズマイレブン」関係で、Buono!やBerryz工房の歌も披露したとのこと。おお!これもオイシイ!

 ダイスキなアニソンを、これほどまでに歌い倒せるなんて、アニヲタ冥利に尽きるというか・・・、さぞや彼女には幸せいっぱいのライブだったことでしょう。

arista_100.jpg


 うーん・・・これは行きたかったライブですね〜(>_<;

 またの機会があるかどうかわかりませんが、早めの情報と、時間的・財政的なお許しが得られるか、にかかってますね(^^;。

 19日には「1st ソロライブ」が控えているそうです。つまり、アニソンではなく、自分のオリジナル曲だけの、”ソロ歌手”能登有沙としてのライブがついに開催されるということですね。

 あの小さな体に、すごいビッグパワーを秘めたのっちは、なかなか見過ごせない存在だったりする・・・のが、いまさらながら悔しい(笑)。

 
posted by 麗夢 at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | solo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月09日

妖艶な美女、舞美

 ここ最近、ハロプロが女優志向になってるって記事を書いたばかりで、またニュース!

 今度は℃-uteのリーダー、矢島舞美ちゃんがハードサスペンスのヒロインに大抜擢!

 舞美ちゃんは、℃-uteの中では一番の演技派だし、舞台の主役もやってるしで、このところのハロプロの志向においてはそれほど大きな驚きではないですが、それでもやはり、舞台と撮影モノではだいぶ違うらしいですから、これまた新たな挑戦ですね。

 しかも、報道によりますと、今回のまいみぃの役はなんと、チャイナドレスも艶かしい、美女の殺し屋という刺激的なヒロイン。おお、これだけでも一見の価値アリ(^^!

 ということは、かなりのアクションシーンも予想されますが、そこも、舞台「らん」で鍛えた殺陣の技が生かされるでしょう。また、今まで彼女が演じた中でも、おそらく一番のハードボイルド?な役柄になるでしょうから、その辺も見所ですね。

 まいみぃ自身も「大人の女性をしっかり見せられるように」と、不安もありつつ頑張ったということですし、インタビューでは、「今まで自分が得たすべてのものを出し切ります!」と、これまた茉麻に劣らぬ力強いコメントをしてくれてますので、彼女の入魂の演技に期待大ですね!

 この作品、「ブラック・エンジェルズ」は2011年5月に、セル&レンタルリリース予定ということで、劇場公開ではなくDVD発売モノになるみたいですね。これは、愛理の主演作と同じ形態のようです。

BlackAngels.jpg


 それにしても、ちょっとセクシーな大人の女性の役(^o^;・・・キッズ組でこれができるのは、℃-uteでは舞美、Berryzでは雅くらいでしょう。その中でも、背も高く、美人な舞美ちゃんが最も適役。考えただけでもドキドキモノです(*^_^*;;;。

 これまた、来春の楽しみが増えました!

 
posted by 麗夢 at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | solo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月08日

ヒロイン、茉麻

 意外!?、といっては失礼ですが(^^;、あの須藤茉麻ちゃんが映画の主演をするというニュースを初めて聞いたときは驚きました。

 最近、ハロプロメンバーが芝居、というか映画づいていますね。
 真野ちゃんが映画やドラマに出まくっているのをはじめとして、なっきぃとガキさんがホラー映画に出たと思ったら、みっつぃ〜までホラーに主演(^_^;、愛理もDVDドラマ(劇場公開されるかどうかは未定)に主演するなど、かなり力が入っているよう。

 その中で、まぁの映画主演です!こちらは正統派学園ラブコメらしいですが、高3になり、めっきり綺麗になってきたまぁですから、等身大の学園モノは楽しみですね〜(^o^!

 タイトルは「ライトノベルの楽しい書き方」。12月4日から劇場公開されてます。初日には舞台挨拶もあったようです。

 HiViのインタビューによると、「18年間したこともない」告白のシーンもあるそうで、ちょっとこっちまでドキドキですが、これまでやってきた舞台とはぜんぜん違う、映画の演技に体当たりで真剣にぶつかり、「最初から最後まですべてのシーンで全力を出し切った」と頼もしい言葉を語る茉麻がすばらしい。

 今の茉麻の「持てる力をすべて注ぎ込んでいる」という、その勇姿をぜひ見届けたいですね。

maasa_lightnobel.jpg


 それにしても・・・茉麻は美人さんになりましたね〜(*^−^*)/

 
posted by 麗夢 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | solo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月01日

歌手としての矜持

 これはかなりディープインパクトな記事ですね〜!

 ※「"あやや"を演じていた」松浦亜弥が積年の苦悩と歌手としての矜持を告白」

 さすがにデビューしたての頃は、可愛いアイドルの自分を楽しんでいたでしょうし、そんな自分がダイスキだったはずですが・・・。

 2年、3年と経つほどに、「周りが自分に期待するアイドル像」と、「自分が目指したいアーティスト像」とのギャップに思い煩っていた、ということでしょうか。

 あの”あやや”にそんな心情があったとは、衝撃的ではあります。


 でも、松浦亜弥という稀代の才能の真骨頂は、実は「ソロアーティストとしての強靭な意思と誇り」であった、ということですね。

 平成の歌謡史に残るアイドル”あやや”という栄光を別人格として切り捨ててでも、今の、そしてこれからの”アーティスト松浦”を貫いていこうという精神力は並みのものではないでしょう。


 まぁ、この記事はあくまで”一般の人”向けのものであり、我々ハロプロファンにとっては、彼女の音楽性の変化や、ソロ歌手としてのプライドに満ちた言動は、数年前から周知のことではありますが・・・。


 まのえりに贈る言葉として語られた、彼女自身の歌手としての矜持は、だから決して揺らぐことはないでしょう。

 たしかに、可愛いアイドル”あやや”に恋した人たちは、今の松浦からは離れていったし、あくまで”ソロ歌手”として彼女を評価するファンだけが今も残っているわけですが、松浦にとってはむしろ、それでいいのでしょう。

 今の松浦亜弥の、歌への気持ち、歌手として目指す道・・・それを理解してくれる人たちが、熱いファンとしてこれからも彼女を支えていく。それでこそ、その道がより明確な形を成し、確たるものとして未来へと向かっていくであろうから。

 
posted by 麗夢 at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | solo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月28日

歌って踊ってみた【岡井千聖】(^^!

 キマしたね〜!
 ついに℃-ute以外の楽曲が。

 岡井ちゃんの大人気シリーズ第5弾は、その名も「LOVE涙色を歌って踊ってみた【岡井千聖】」。

 まぁ、正直なところ、「踊ってみた」を冠するには、『LOVE涙色』はちょっとおとなしすぎるでしょうね〜(^^;

 いわゆるアイドルらしい、可愛いフリではありますが、アイドルの振り付けとしては基本的な動作の繰り返しなので、”あの岡井ちゃん”があえてやるには、インパクトが弱いことは否めません。


 しかし・・・いえ、だからこそ、今回のトピックは、表題にある「歌って」の方です!

 そう、ちっさーがナマで歌ってますよ!『LOVE涙色』を!

 初めて聴いたときは、YouTubeの低音質でちょっと変わったように聞こえるあややの声かと思いました。

 でも、よく聴くと、おお、ちっさーの声だっ!

 動きながら歌っているとは思えないほど、しっかり声が出ているのはさすがですね。しかも上手い!

 やっぱり、ちっさーは”歌える”ね〜(^o^!この歌の当時の松浦亜弥に充分拮抗する歌唱力がありますよ。


 多くのコメントにもあったように、これからは「踊ってみた」と同時に、「歌ってみた」にたくさん挑戦してほしい。

 そして、それによって、岡井千聖の歌唱力の高さを世間に、全世界に、アピールしてほしいです!





 それにしても・・・その生歌『LOVE涙色』がiTunes Storeで販売!?

 ずいぶんと思い切りましたね〜(^^;;;

 
posted by 麗夢 at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | solo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。