2010年11月12日

踊ってみた【岡井千聖(本人)】(^^

 USTEARMで配信されている革新的番組(^^、「岡井ちゃん、寝る」。

 その企画の一つとして、9,10,11日と3夜連続で、「踊ってみた【岡井千聖(本人)】」という映像が流されました。

 これはすごい発想・・・というか、大胆不敵というか・・・。

 通常は素人が見様見真似で好きなアイドルの振り付けを自分撮りする「踊ってみた」を、アイドル本人がやっちゃうという、ありそうでなかった映像です!


 まぁ、今回公開されたのは、それこそ本人がたっぷりレッスンしているダンスですから、踊れて当たり前、なのですが、それでも、一人のメンバーのダンスを一曲分、これだけじっくり観られるというのは、新鮮で斬新ですね〜(^^。

 こうしてみると、自身がオトナになってきたこともありましょうが、岡井ちゃんのダンスもかなりキレがあって、さすがだと思わされます。

 見た目はなぜかコミカルな感じもあったりして、観てて楽しい(^ー^。

 これはちっさーのキャラクターだから生きる企画といっていいでしょうね。


 ミニスカートに生足、そして”裸足”と、普通の女子高生なら艶(なまめ)かしさを感じさせるような格好なのですが、なんか子供っぽいというか、無邪気というか(笑)。

 フローリングに靴下だと滑って危ないという配慮でしょうけど、それを超えて、天真爛漫な千聖らしさが発現しています(^o^!


 同じ映像がYouTubeでも流れていますが、そこのコメントでは、他のユニットの曲もそのうち挑戦するみたいなので、そちらがより注目度大ですね! そこでこそ、”岡井千聖のダンス力”という、新たな魅力を発見できるかも。


 さらには、その動画の視聴回数が日本・音楽カテゴリーの、その日(配信日)の全カテゴリー(Discussed・Viewed・Favorited・Rated)で1位になったとか!

 一時的なこととはいえ、これはものすごいですね!その結果、YouTubeのトップページにも表示されたので、全世界の多くの人が岡井ちゃんの勇姿(^^を観た可能性があるわけですから!


 してみると・・・、コンサート会場などでは他の子に押され気味とか言われてますが、岡井ちゃんの(潜在的)人気の高さも相当なものじゃないですか!

 すばらしい歌唱力に加えて、こういうキャラクターの魅力を備えたちっさーの活躍が、ますます楽しみです。

 


posted by 麗夢 at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | program | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月10日

さゆ@ごきげんよう!

 昨日は見逃してしまいましたが、今日はたまたま観れました。

 前回(去年?)、さゆがゲストで出たときはちゃんとエアチェックしてたんだけど、やっぱり録画機器がout of orderしちゃうというのは極めてツライ境遇です。



 珍しくカールした髪を片側に分けて、キャスケット帽子をかぶり、襟からお腹にかけてフリフリの付いたシャツをキャミの上に合わせたという衣装。胸元が結構開いてて、きわどい感じでした(^^;;;


 冒頭の「やせ我慢してること」というお題では、
「うつ伏せ寝をしたい」のに「あお向けに寝る」というさゆ。

「うつ伏せに寝ると顔がむくんじゃうから・・・せっかくの可愛い顔が・・・」

 この番組でも、すでにさゆのナルシスト発言はおなじみになっているようでした(笑)。


 メイントークでは、亀井&ジュンジュン&リンリンが卒業するけれど、後輩であるジュンリンに、何も先輩らしいことをしてあげられなかった、と後悔するさゆ。

 たとえば、
「リンリンとご飯に行って、おごってもらっちゃったりとか・・・」

 普通逆でしょ、という突っ込みの中、誘ったのはどっち?と聞かれて、さゆが「自分のほう」と答えるとますますブーイング(^^;

 きっかけがつかめないとか・・・要するにさゆは要領が悪いらしく、
「ちょっとトイレに行ってくる、と言って席を立って、その時に(リンリンが)もう払ってた」みたいな話。

「それはよくある手だね」と言われると、

これからは、鏡ばっかじゃなく、周りのこともよく観なくちゃダメですねexclamation×2

 小堺さんも「それは名言」と苦笑。場内も(さゆのトークでは)この日一番の笑いが起こりましたが、かなりの呆れ笑いが含まれていた空気でした(^_^;;





 感想としては、

 この番組は「いいとも」から引き続いて観客は女性ばっかですが、道重さゆみは、度重なるバラエティ出演で、顔と名前の知名度はかなり上がってきているようですが、やはり同性には受けがよくない様子(*_*;

 得意のナルシス発言をしても、笑いは起こるけど、好意的な空気は感じられません。
 なんかこう、ひんやりした空気が流れているような雰囲気。

 でも、さゆのすごい、というか、感服するところは、そういう場面でもまったく動じない精神!
 完全に近いアウェイの中でも、まったく気にする素振りもなく、堂々と”いつものさゆみ”でいられる。

 これはお笑い芸人でもなかなかできないことですよ。
 ましてや、女の子なら、普通は相当なプレッシャーでありストレスでしょう・・・同性の冷めた視線にさらされるというのは。

 そして、さゆ自身が”女性から嫌われキャラ”であることを充分承知の上でいることがさらにすごい!
 それを自覚しながら、それでもなお、自分のキャラをまったく隠そうとも変えようともせず、貫き通す・・・その精神力はお見事!

 賞賛に値するキャラですね(^^。



 いぜんにも述べたかと思いますが、こういったさゆの活躍が、彼女が独り立ちするためのステップではなく、所属するアイドルグループ「モーニング娘。」が活性化することにつながってくれたら、私も、多くのファンも、そして誰よりさゆ自身にとっても、一番うれしいことなのです!

 
posted by 麗夢 at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | program | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月17日

岡井ちゃん、○る!

 USTREAMというところでやっている『岡井ちゃん、寝る』を今日初めて観ることができました。

 今回で2回目。内容はグダグダだけど、自然体な岡井ちゃんの姿はステキ(^−^!


 昼12時からの生放送?らしいけど、サッカー日本代表のレプリカTシャツ姿という目立つ格好で、堂々と道を歩いていました。

 偶然ファンが通りかかったり、放送を見たヲタと呼ばれる人々がその場所に駆けつけるようなことでもない限り、道行く人は芸能人とは気付きもしない様子(笑)。

 好奇心旺盛なおばちゃんとすれ違ったときなんて、
「あら、男の子?何年生?」
なんて、まるで小学生の男子扱いされてました(爆)!

 あの顔立ちと、あの背丈と、あの服じゃ、充分ありえるねって感じ(^^;;;

 「℃-uteというグループで・・・モーニング娘。の妹分で・・・」みたいな説明を一生懸命する岡井ちゃんでしたが、おばちゃんは完全スルーなご様子(^_^:


 サムライブルーのシャツを着て、ワールドカップ総評するちっさーもナイス!

 はじめ、中ごろ、そして終わりごろと、ももちがゲスト?登場!岡井ちゃんはあえて淡白な対応です(笑)。

 とある公園(詳しい人のツイートによれば、事務所の裏の公園らしい)では、質問コーナーと、それに続いて一曲披露。え、こんなところで踊るの?とか思いつつ、歌うは『JUMP』。

 これにはももちも飛び入り参加しましたが、何だか途中でへばる桃。「これが高校生と大学生の差か」とのツイートは、共通の感想でしょう(笑)。


 二人の漫才トークも楽しかった。ベリとキュー、お互いのCDジャケットを見ながら、お互いに「いい位置に載せてもらってる」なんて自慢し合い。

 また、ちっさーがBuono!が好きという話になり、一番好きな曲は「しょうしてん」とか言っちゃって、
桃が「あのさ、好きな歌なら、タイトルくらいちゃんと言おうよ」とツッコミ!

 全体的に、岡井先生の天然ボケ炸裂でした(^_^:::。

 そんなわけで、本日のハイライト!なんといっても、二人で歌うBuono!ナンバー『消失点-vanishing point-』がお徳感たっぷりで、すばらしかった!

 ちっさーはやっぱり、歌うまいな〜(^o^!

 ほんとに貴重な映像でした。


 屋外通信だったためか、多少途切れがちな映像でしたが、岡井ちゃんの魅力を感じることができる、いい番組です(笑)。

 3回目の企画もすでにあるらしいし、岡井ちゃん自身もやる気満々なので、これからもレギュラー化してほしい。

 というより、スカパーあたりでちゃんと放送してほしいものですね。

 
posted by 麗夢 at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | program | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月22日

さゆ アニメ特番の司会に!

 すっかりバラエティタレントの顔も定着してきた感のある、我らが道重さゆみさんがまたしても快挙!

モー娘。道重さゆみが番組司会初挑戦!

 今度はなんと、ANIMAXのアニメ特別番組の司会に抜擢!
 しかも、24時間(^^!

 その製作発表の席で、
「可愛い道重さゆみをたくさん見てほしい」
といきなりのナルシス発言ももはや立派です。
 天晴れです(^o^!


 さゆがアニメオタクだという話は聞きませんが、実際はどうなんでしょうね?

 さゆとアニメ(特に少女系)って、とてもお似合いだと思うのですが(^^

 幼稚園生の頃から『セーラームーン』が好きで、“月にかわっておしおきよ”って友達と真似したり・・・してたなんてエピソードは、いかにもさゆらしくて、その姿を想像すると微笑ましい〜(^−^

 魔女っこものなんて、意外に詳しいかもしれませんね。
 それに、「きら☆レボ」とか「しゅごキャラ」とか「ジュエルペット」とか、ハロプロとかかわりのあるアニメは、チェックしてそうな気がしますよ。

 逆に、ガンダムとかは知らなそうですね〜。のっちと違って(^^;;


 モーニング娘。でも突出したキャラになってきたさゆ。
 アニメ専門番組で、どんな初司会ぶりを披露してくれるか、そして、どんな発言が飛び出すか!
 これは楽しみです。


 2010年も、さゆの挑戦は続く!

 
posted by 麗夢 at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | program | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月08日

ミュージックじゃ!パーン∠※。.:*:・'゚☆...

 NHKにアイドルが大集合!という、5月30日放送の「MUSIC JAPAN」を今ごろようやくちゃんと観たので(録画)、感想を書いておきましょう。


 オープニングは出演者全員が勢ぞろい。さすがのNHKホールも狭く見える、壮観な眺めでした(^^。

 2つのグループの人数の多さは異様ですが、衣装的に存在感を放っていたのは”ももクロ”でしたね。


 MC、というか、各アイドルの紹介の部分は別撮りが多かったですね。特に、スマイレージ、東京女子流、ももいろクローバーの3ユニットは今年デビューという共通点があってか、別のスタジオでのいっしょ撮りの紹介となってて、これは見所のひとつでした!

 ももクロは衣装だけでなく、自己紹介も派手派手〜(^_^;;。まぁ、ちっちゃなイベントスペースみたいなところで、地味なアイドル活動を2年もやってきたので、いかに派手に自分たちをアピールするか、ということに人一倍、力を入れてきたのでしょうね。

 スマイレージは、それぞれの自己紹介はいつもどおりのスタンダードタイプで、地味すぎず、はしゃぎすぎず、でしたが、ゆうかりんが得意のダジャレで「今日はダイスキな、ミュージックじゃー!パーン(クラッカーを鳴らす音)」なんて、クラッカーを鳴らすフリまね付きで言ってたのが超かわゆい〜(#^o^#)。

 さらに、その後、「エアジェットコースター」(本邦初公開?)ではしゃいだ姿をアピールし、他のユニットと互角の戦いを演じたところはエライ!

100530MJs.jpg


 東京女子流は、名前から受けたイメージよりも幼いメンバー構成でした。いわゆる現代っ子らしいノリの紹介でしたが、アイドルとしては堅実な、というか、正統派なベクトルを持っているような感じがしました。


 さて、楽曲とステージングなどについて、放送での順番に。

「ももいろクローバー」

 正直、名前だけしか知らない存在でしたので、和風をイメージしたという、着物をアレンジしたようなカラフルな衣装がインパクト大でしたが、ステージを見てビックリ(@。@!

 ダンスとかフリとかいうレベルじゃない、エアロビクスかチアリーディングか!?っていうくらい、ド派手に動き、いや暴れまくってました(笑)。いやオドロキ!これが”ももクロスタイル”なんでしょうか。

 あれだけ暴れまくっていただけに、さすがに歌は口パクのようでしたね。ま、あれがスタイルなのだとすれば、歌を聴かせることなど度外視し、派手な衣装と暴れっぷりと可愛い笑顔を見てもらえばいい、と割り切っている。ももクロとはそういうアイドルだというのが私の第一印象でした。


「スマイレージ」

 さぁ、我らがスマイレージ登場!曲はもちろん『夢見る 15歳』。

 ハロプロファンとしては、こちらはもう聴きなれた歌&見慣れたステージパフォーマンスでしたが、やはり、しっかり作り込まれた、安心して観ていられるステージでした。

100530MJ_2s.jpg


 特に歌唱に関しては、他の同世代(同時期)の子たちと直接比較できるこういう機会だと一層よく分かりますが、やはりレベルが高い。見た感じ生歌だったと思われますが、紗季や花音のファルセットなどは、むしろCDより上手くなったと感じました。

 つまり、歌い込むごとに彼女たちのボーカルも進化しているということでしょう。さすがハロプロの一員です。特にサキチィは歌唱力ありますよ。やっぱりエース格ですね〜(^^。

 ダンスはまだ発展途上ですが、細かいエレメントの基礎はしっかりしているので、キレを感じられるところはいいですね。


「東京女子流」

 今回の放送で初めて存在を知ったアイドルグループですが、今年に入って結成されたばかりだったんですね。「ダンス&ボーカルユニットです」と名乗るあたりがavexっぽいな〜と思っていたら、ステージもそのとおり。

 歌はミディアムでライトな印象。ダンスも年齢に合った可愛いものですが、間奏ではちょっと本格的な要素が入っていて、avexらしさをアピールしていたようです。

 なかなか可愛らしい子が5人そろっているので、あとは、ハロプロ並みに歌唱力を鍛えていけば、なかなか見所のあるユニットになるかも、です。


「モーニング娘。」

 真打ち登場(^^!

 新曲『青春コレクション』はテレビ初披露でしょうか。私も初めて聴きました。久々に爽やかさのある明るいシングル曲がいいですね〜。

 歌唱のレベルは当然のごとく別格!今回の出演者の中で、ここだけ別次元です。ただ、ダンスについては、ここ最近の複雑で激しい、難易度の高いものではなく、意外とあっさりしたものでしたね。

 また、テレビ初披露のためか、全体のダンスもちょっと硬さがあるような、まだ”こなれて”いないように感じました。その点だけはちょっと足りなかったかな?

 私としては、モーニング娘。のステージングは他のユニットとは別世界であることを、もっと強烈に印象付けてほしかったな〜と思いました。
(いわゆるコンサートクオリティだったら、共演者も観衆も度肝を抜かれたこと間違いなし!)

100530MJ_5s.jpg


 余談として、さゆの可愛さはもちろんですが(^−^、久々にストレートロングのれいなが特に良かったです(^o^!

 さらに余談として、直前のMCで、6月の舞台の稽古の様子を語ったのですが、見つめあうシーンについて、さゆが、
「そんな、私の可愛い顔を近くで見つめないで〜って、そういう気持ちがありますね」
と、もはや定番のナルシス発言を聞けたのも良かったです(^0^!


「バニラビーンズ」

 80年代風・・・というより70年代のザ・ピーナッツ(古!)を髣髴とさせる二人組。その衣装や髪型も(わざとでしょうけど)オールディーズの時代を無理やりもってきた感じ?

 曲もその当時に懐古したようなゆる〜いもので、そのスタイルとあわせて、とても平成の現代に受け入れられるとは思えません。もしかしたら、今回以外、見る機会はないかも??

 どういうコンセプト、あるいは戦略があって誕生したユニットなのか、まったく分からない謎の存在。北欧風・・・というのも、私には理解の外でした(^^;


「アイドリング!!!」

 ビックリマーク3つも含めてグループ名みたいですね。「モーニング娘。」の「。」みたいなもの?

 廊下みたいなヘンなところで紹介Vを撮ってましたが、これで全員なのかどうか分からないくらいの大人数(^^;;;

 娘。史上の最大数よりも多いメンバー数でステージに立つと、ちょっと異様w・・・というか、歌を聴かせるためのユニットではなく、可愛い女の子たちが集まってファンサービスをする集団、というものなんだろうなという認識です。

 大人数ゆえ、ハロプロのユニットだったら”ソロパート”になるところも、数人ずつのグループで歌うスタイルになるのでしょう。歌におけるエース的存在というのもいなさそうだし。

 楽曲自体はノリも良くて悪くないですが、メインボーカル不在のために全体に単調な印象になりますし、歌を歌う中でメンバーそれぞれの個性が見えてこないのは、大所帯ゆえの宿命でしょう。

 まぁ、各メンバーのキャラは、自身の看板番組やイベントなどで発揮するということなんでしょうね。つまりは、それがメインの活動ということで、それならそれで、そのコンセプトを貫けばいいと思います。

 唯一、名前を覚えたフォンチーという子はなかなか良い(^。^


「AKB48」

 アンチ派としては、あまりコメントする立場にはありません(^^;;;。

 改めて、テレビで歌う姿を見ても、やはり上記と同様に、可愛い子を集めて、近い距離でファンサービスすることを売りにしている集団であり、歌うことはそのファンに、そして世間に向けて自分たちをアピールする手段の一つであって、それがメインの活動ではない、つまり、”歌のプロではない”という認識を新たにするのでした。

 特に人気の高い子というのはいるらしいですが、歌におけるエースというのはやはりいないのでしょう。というか、そういう存在を育てようとはしてないでしょうし、そういう存在が必要でもないのでしょうね。



 アイドル戦国時代・・・という言葉が適切な表現かどうか分かりませんが、たしかに、アイドル(しかもグループ)というものが意外なほど多く登場してきていて、またそれらを求めるファンの需要も高まっているという現状が、今回の番組で改めて認識できたことは意義があったと思います。

 ただ、”アイドル歌手”として、ライブステージで魅せるパフォーマンスのレベルは、やはりハロー!プロジェクトが格段に高く、ハロプロが一番の”プロ”であることは間違いありません。

 経済的な意味も含め(^^;、他の存在はチラ見程度にしておいて、私はこれからもハロプロオンリーでいきます!
(というか、いくしかない(^−^;;;)

 
posted by 麗夢 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | program | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月18日

「アイドル戦国時代」にNHK動く!?

NHKさんにしては思い切ったことを・・・とはじめ思いましたが、今、”正統派音楽番組”と呼べる番組でこういうことができるのは、実はNHKさんしかないという事実・・・。


「アイドル戦国時代」にNHK動く モー娘。、AKB48らアイドル7組59名が歌番組共演
 
AKB48 :モー娘ら女性アイドル59人が火花? アイドリングはNHKデビュー
 
総勢59人!「MJ」収録に人気女性アイドル7組が集結


 アイドル戦国時代、という言葉が、いまひとつ私にはピンと来てないのですが、このステージの光景を見ると、なんとなく実感が湧いてきたりしますね。

 もちろん、その知名度や活動の質・量にはまだまだ差が大きいですが、マイナーなものも含めると、実は「アイドル」と名のつく存在は結構いるわけです。

 しかも、そのほとんどがグループ(ユニット)であることは、平成のアイドルシーンを創生し、築き上げてきた「モーニング娘。」が生み出したムーブメント、その波及効果に他ならないでしょう。



☆その”老舗”「モーニング娘。」と、残念ながらその知名度や露出度、CD売り上げなどで娘。を凌駕している「AKB48」との競演!

☆奇しくも同じ時期にメジャーデビューする、「スマイレージ」と「ももいろクローバー」の顔合わせ!

☆フジっ子のアイドリングのNHK進出!

・・・などなど、30日の放送は見所たっぷりのようですね。


 さて、各アイドルのファンたちの反応やいかに?

 そして、そういう現象をほとんど知らなかった人々は、これを観て、何を感じるでしょうか?

 
posted by 麗夢 at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | program | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月24日

いいとも!

 3月22日の「笑っていいとも!」にモーニング娘。が出演・・・と思ったら、8人全員がそろってました。
 テレフォンショッキングのコーナーです。(6代目三遊亭円楽さんからの紹介)
 これはこれで、珍しいかも(^^;

 でも、そのために、逆にトークが忙しかった・・・予想されたことではありますが。。

 時間が短いのもあって、8人の自己紹介で終わっちゃいました。
 その代わり、8人全員が発言できたわけなので、良しとしましょう!
 それぞれが自作の名札を付けていて、それについての問答でした。

 さゆの「極度にかわいい」発言は、相変わらずすばらしい(笑)
 あの場でも、「自分が一番可愛い」と言い切っちゃいますからねぇ。
 なかなかできることではありませんよ。
 しかも、それを否定する司会者に、
「タモリさん、意外と見る目ないんですね〜」
とまで言っちゃいますからね〜
 天晴れというほかありません。

 女性ばかりの客席から多少、冷めた視線が飛んできていただろうことが推測されますが、そんなのモノともしないさゆの強心臓は見習いたいところです!

 それと、絵里の髪が少し短くなってて、可愛かった(^−^。
 やっぱりこの子は、短い髪のほうが断然似合ってますよ!
 四字熟語にハマってるなんていうのは、えりりんらしくないですが(^^;;;

 ジュンジュンが「イイひとです。はい、そうです」と自分で書いてるところも笑えました。
 なんか、妙におかしいのよね、純さんは(^^;

 愛ちゃんはどうしても、どこか頼りなげ(^^;
 タモリさんも驚くくらい、大人びた雰囲気はまとっているのですがね〜。

 ガキさんがちょっとオバサンぽかったりして(^o^;;;
 容姿だけでなく、ちゃきちゃきとしゃべりをリードしようとするところとかもね。
 以前の矢口の路線に向かってるような感じで、少し心配です(笑)。


 今のメンバーになってから、全員で出演するのは初めてということで、なかなか生番組でそろうことはないでしょうから、世間に現メンバーをアピールするという意味でも貴重な映像ではありました。

 
posted by 麗夢 at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | program | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月20日

半分エスパー 最終話

 「こんな終わりなんやな・・・コレは」

・・・って、所長の最後のセリフがすべてを物語っていましたねぇ(^_^;;;


 「半分エスパー」がついに最終話を迎えましたが、いやはや、あんな展開になるとは誰も予想できんわな〜。

 ていうか、それ以前に、10話やってきたドラマ?の終わり方として、どうなのよ(^_^?
 なんか、今までの9話はなんだったの、って感じ?
 アップフロントさんの「真野恵里菜布教活動用プロモーション映像」ですか?

 前回の記事で「気の抜けたオチで終わりそう」なんて書きましたが、その予想をはるかに超えた気の抜け方でしたね〜(@@。


 高橋先生の裏切り、それによって発動した真野ちゃんの力・・・あたりは「おっ!」と思わせたんですがねぇ。。
 つまりはこれが、真野ちゃんへの”超能力テスト”だったわけですが。

 結局、闇の組織なんてものははじめから無かった、えりなの修行のための狂言だった・・・ということなんですよね?

 それならそれで、とことんまで恵里菜を追い詰め、存分に能力を発揮させたところで、所長と高橋先生がすっと出てきて、
「実は、真野ちゃんのエスパー修行のために私たちが用意した、修行プログラムだったのよ」
とか言って、
「なんだぁ、そうだったんですかぁ〜」
と安堵した真野ちゃんに、
「これで、エスパーとしてかなり成長したわね」
なんて優しい言葉をかけて、感動〜(;_;
 さらに、みちゃこやれいなをはじめとしたエスパーたちも、
「私たちも、こくえけんの卒業生として、あなたの修行に協力してたのよ」
なんて、にこやかに勢ぞろいしたりすれば、
「みなさん、ありがとう」
と真野ちゃんも感激して、さらに感動の大団円・・・。

・・・ってな展開だったら、”ドラマ”として完成度のある、ファンの記憶により深く残るものになっただろうにな〜(^_^;;;;;;


 救いは、高橋先生の縛られ姿がそそら・・・いえ、萌・・・いえいえ、迫真だったこと、でしょうか(^o^。

 クイズの司会としての愛ちゃんもノリノリでやってましたね(^^
 その軽快なMCぶりは真野ちゃんより見ごたえがありましたよ(笑)。


 まぁ、両角プロデュースということで、やはりこのドラマ(もどき)はハロプロアイドルのプロモーション活動のひとつ、と受け止めるのが賢明のようでございます。

 そう、ハロプロアイドルを世にプロモートするためにも、またこんなドラマ・・・いや、希望としてはもっとストーリー性や感動のあるドラマ・・・をやってほしいなと思いました。

 
posted by 麗夢 at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | program | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月18日

半分エスパー 第9話

 ラス前でいよいよ急展開・・・な感じがしなくもない(^^;

 「半分エスパー」も佳境に入ってまいりましたが、スマイルレディオはすっかり真野ちゃんの「予定」に入ってしまっています(^−^

 そのスマイレージコーナーからいきなり始まり!今回は前田&福田。

 ゆうかりんの「カードキャプターさくらになりたかった」・・・はすばらしい!!
 私には懐かしい作品ですが、憂佳がさぞや憧れて見ていたんだな〜と想像すると、実に可愛いし、微笑ましい。

 かにょんのGスキ発言には驚きですが、福岡弁が可愛いってことは、れいな姐さんに憧れがあるのかも?
 アリが「持てますから」みたいに余裕・・・ってのが笑いのツボでした(笑)。

 そして、最後のゲスト娘。のみっつぃ〜は、貴さんにも指摘されたおばさん顔とちゃきちゃきの関西弁で、ほんとにオバサンみたいじゃった(^^;;;
 その若い体に中澤姐さんが憑依したかのよう。。。
 最初はおとなしい印象だった彼女も、関西人らしいキャラを発揮し始めた感じですね。

 芸人との掛け合いもバッチリでしたし、なかなかグッジョブだった愛佳でしたが、そこへついに謎の組織の魔の手が・・・。

 所長の助けで逃げられた真野ちゃんと、危機一髪の所長の運命は?


 次回、驚嘆と感動のラスト・・・かと思いきや、次回予告を観ると、なんとなく、気の抜けたオチで終わりそうな予感(^_^;;;

 ま、これはもともとそういうドラマだった、ということで落ち着きそうです。。

 
posted by 麗夢 at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | program | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月10日

半分エスパー 第8話

 「半分エスパー」第8話は、あまりに微妙でコメントしづらい(^_^;;;

 常識修行ということで、街に出たのはいいけれど、着いたところはヘヴン・・・なんか、外に出た気がしない(笑)。

 久々のダンディーは存在感はあるけど、やはりなんか痛々しい(^^;
 女二人組は・・ようわからんし〜。

 ゲスト娘。のジュンジュンは、予想通りの感じでしたが、でも、あの背の高さとたどたどしい日本語で、思ったよりは存在感があったかも。

 癒しのコーナーは福田&小川。
 サキチィの神様トークでかなり熱くなっていたのが微笑ましい(^−^!
 名前を変えるなら、のトークも熱い(^^、というか、普段の彼女たちの天然な会話がそのまま再現されているような感じですね〜。

 感情に任せて超能力を使った真野ちゃんに対して、珍しく所長がお仕置きするところが、今回のミソでしたね。
 地獄少女の決め台詞を引用したお説教は印象的なものがありました。


 さて、ラス前となる次回は、ようやくシリアスな展開がありそうですが・・・残り2回だとチビシイかもです。

 みっつぃ〜は・・・やっぱりちょい役っぽい雰囲気が・・・(@@;;

 
posted by 麗夢 at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | program | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月01日

半分エスパー 第7話

 今回は原口君のネタがメイン!?
 ウケはイマイチでしたが、最後にえりりんが否定しながら笑っちゃうところは良かった(^o^。

 ゲスト娘。の亀は、予想通りのキャラ。なんていうか、記憶喪失の役とは思えないくらい、いつもの亀って感じでした(笑)。
 それにしても、あの髪形は似合わない(爆)。
 ちょっとも知的じゃないぞ(~_~;)

 真野ちゃんの絵里真似が微笑ましかったのが救いか(^^;;

 癒しのコーナーは和田&前田。
 相変わらずDAWAの答えは台本なのかマジなのか判別不能。マジな台本なんでしょうな、たぶん。
 一年分の食料持参なら、それはもう無人島にホームステイですね(^^;

 ゆうかりんも負けじと?、無人島は携帯圏内にある的な発言!
 やはり、このコンビは強烈です。

 えりなの能力が発動することもなく、J・フォックスとして生きていくこともなく、記憶喪失問題はあっけなく解決!?
 なんか逆に、ストーリーに使う時間を削ってるような展開?(^^;;;


 終盤に差し掛かる緊迫感など微塵もなく、回は終盤へ(笑)。
 どうなっちゃうんでしょうね?(^_^;



 ※久しぶりに名前を聞いたマイケル・J・フォックスが、
  今日のバンクーバーオリンピック閉会式に登場してビックリ\(◎o◎)/!

 
posted by 麗夢 at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | program | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月24日

半分エスパー 第6話

 これまでの「半分エスパー」の中で一番ストーリー的なものがあったんじゃないでしょうか(笑)?

 行方不明人の探索に新たな能力を開眼させるえりな。そして、謎の組織のエスパー登場・・・。

 それにしても、スナックのママに扮した今回のゲスト娘。のれいなは、男爵のセリフを待つまでもなく、見た瞬間に「なんてハマってるんだ!」と叫んでしまいます(゚0゚!

 なるほど・・・ああいう水の世界の女の顔立ちなんだよね〜、あの子は(^^;
 男爵にそれを語らせたのは、ドラマ製作スタッフみんなの一致した見解ということでしょう(^^;;

 橋田先生ばりの長台詞は「12テイク目」でようやく成功したらしく、その辺もまたれいならしいといえば、らしい(^^;;;
 まさしく「お疲れいな」!


 癒しのスマイレージコーナーは、和田&福田。質問に対するDAWAの回答は、天然あやちょのキャラがもろに出ていて笑えましたね〜(^o^q
  この世で一番怖いのはハサミだとか、
  世界が滅亡する最後に食べたいのはロースだとか、
  授業をサボるくだりの話し方なんて、DAWA独特の語り口たっぷり。

 一方、かにょんの秘密の話は・・・アレは絶対リアルだな〜(笑)。
 DAWAがメイク道具を片付けてあげてるのも、マジでしょう!


 さて、謎の組織が終盤の展開に絡んでくるのか・・・それともただの脚本の気まぐれか・・・これからに注目です。

 
posted by 麗夢 at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | program | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月15日

半分エスパー 第5話

 ついにストーリー的な展開が・・・と思ったら、別にそうでもなかった(^^;;;

 新たなゲスト娘。がいなかった分、本編?の時間が長かったようにも思いますが、別のエスパーが登場したまでは良かったけど、ヘンなロボットは出てくるし、結局はコントに(^_^;

 でも、高橋先生のメイド姿はかなり萌・・・いや、レアものでしたキスマーク

 癒しのコーナーは前田&小川。エアードラムのゆうかりんが愛らしい黒ハート
 ポニーテールのサキチィも激可愛い揺れるハート
 やっぱりここが一番の見所かな〜(^^


 さぁ、半分まで来ましたが、まだ展開は見えない。
 このドラマ(コント?)はどこに向かうのか!?

 
posted by 麗夢 at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | program | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月08日

半分エスパー 第4話

 今回のテーマは・・・アニパロ!?

 「半分エスパー」の第4話は、やはりストーリーはなかった(^^;;;
 その代わり、珍しく?アニメネタがちょこちょこ・・・。

  冒頭のえりなの寝言から・・・いきなりガンダム!
  そして好きな言葉は・・・懐かしいバビル2世!
  とどめのエスパー適正は・・・ハンター×ハンター!

 今回の脚本家は、かなりその方面が好きなんでしょうねぇ。

 脚本といえば、今回のゲスト娘。リンリンもまた目立たなかった(^_^;
 せっかく同じエスパーなんだから、もうちょっとライバル意識バチバチ〜とか、最後にはほのかな友情が芽生え〜とか、そういう存在感のある展開があってもいいのに〜。
 あれじゃ、ラジバンダリと同じ扱いジャン(笑)

 癒しのスマイレージコーナーは和田&小川。2人ともスタンダードパターンの髪型でしたが、これもいいですね。芸人ネタをやるDAWAとサキチィが特に可愛い(^−^!

 さて、ほんとにこのまま行くのか・・・と思われるところですが、次回はちょっとストーリー的な展開がありそうな感じも・・・。

 はっ!こうしていつの間にか次を気にしてしまうのも、製作スタッフの思う壺なのか(^o^;;;

 
posted by 麗夢 at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | program | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月03日

久々の「うたばん」

 なんと、1年10ヶ月ぶり・・・ずいぶんご無沙汰だったな〜。

 2月2日、約2年ぶりに「うたばん」に登場したモーニング娘。でしたが、やはりその扱いは・・・(−−;

100202_u7.JPG

いきなり”ヤンキー姐御”の中澤ねーさん


 ”バラエティ歌番組”としては、今のモーニング娘。だけでは役不足、という判断か・・・確か前回もそうだったような気がするけど、今回も娘。OGの皆様がいっしょで、しかも、その方々が「うたばん」をまさに席巻した過去の爆笑映像がメインという構成。

100202_u4.JPG

負けじと、”現役ヤンキーキャラ代表”のれいな


 たしかに、いかにゲストを”いじって遊ぶか”を嗜好する番組としては、中澤、飯田、保田といった強烈な面々は、恰好の「おいしいエサ」であったわけで、番組側も積極的にそのキャラを発掘し、開花させてきました。

100202_u5.JPG

さすがに”オトナの女性”オーラのかおりん


 娘。黄金期を作った彼女たちがすなわち、「うたばん」での黄金期をも形成したわけですが・・・。

100202_u6.JPG

いつまでも可愛い、”別格な”なっち


 私も久々に、娘。で爆笑させていただきました。たしかに、彼女たちの個性はすさまじいし、破壊的に面白い!それはもうお見事です!!

100202_u9.JPG

いじられキャラの最高峰、保田”大明神”



 しかし、番組のテロップにもありました、
「2010年、現役メンバーが新たな伝説の幕を開ける」と。

100202_u8.JPG

現役最年少の紹介で、老け顔扱いのみっつぃ〜


 やはり、今の娘。に目が向けられていないのは寂しい。
 いつまでも過去の栄光に引きずられているのは、今の娘たちが認められていないことを意味するし、それじゃぁ新たな幕開けも来ないでしょう。

 「うたばん」の台所事情も決して安泰ではないとも聞き及びますし、オトナの事情的にも難しいのでしょうが、今の娘。も突っつけばキャラが立つ、というか、発掘しようとすれば面白い、”いじれる”キャラがいると思いますよ。

 その辺に「うたばん」が目を向けてくれるような、何かのきっかけがあるといいんだけどなぁ〜。

 可能性としては、バラエティで大活躍のさゆとか、意外と初期のジョンソン系なジュンジュンとか・・・(^^。

100202_u1.JPG

うたばんMCに異議ありのジョンソン


100202_u3.JPG

うたばんMCに異議ありのジュンジュン


 初期の娘。のキャラは「うたばん」が育てた、と言ってもいいくらい重要な役割を果たした番組なだけに、私としては今のモーニング娘。の躍進のきっかけとして、その再来に期待したい!!

 
posted by 麗夢 at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | program | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月01日

半分エスパー 第3話

今回のテーマは「しゅらと」・・・ではなかった!
あえて言えば・・・それらしいものが思いつかない(^^;

「半分エスパー」の第3話はまたしてもストーリーを越えた(笑)コント仕立て!

今回のゲスト娘。はガキさんでしたが、うーん、いまひとつ出番が少なかったのがちょっと残念。芸人並みのツッコミはさすがでしたが(^^。
最近オトナっぽくなったと評判ですから、ガイド姿は似合っていたと思うので、もっと長く、そしてもっとアップで!じっくり見たかったところです。

芸人コーナー?は、ヘンな韓国人?はちょっとすべり気味だったけど、ロリータファッションのやたら細い女芸人はなかなかインパクトがありました。

最後の真野ちゃんの「みちゃこって人が歌ってたとき、コウモリがヘンな飛び方してたんだぞ」には爆笑(^0^

スマイレージコーナーは前田&福田。これまたストレートロングなゆうかりんが可愛い!タイムマシーン3号もいい味です。

さて、次回はストーリーがあるでしょうか(笑)。
リンリンに期待!

 
posted by 麗夢 at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | program | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月23日

半分エスパー 第2話

やっぱりコントでした(笑)。半分以上は芸人のアピールの場のような(^^;

「半分エスパー」の第2話ですが、そんな中で、やはりこの人・・・道重さゆみ様の(小)悪魔的なキャラの存在感は圧倒的でした黒ハート

困ったちゃんな行動でえりなを翻弄しますが、最後には「ハートフル」な場面も!いい感じですね〜(^^。

えりなの可愛さにタメをはれるのは、さゆしかいないでしょう。


スマイレージからは福田&小川の登場ですが、意外と珍しい紗季のストレートロング姿が可愛かった(^o^!


これからの展開は予測つきませんが、期待して刮目しようと思います。

 
posted by 麗夢 at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | program | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月18日

半分エスパー

esper_1.jpg


 一言で言うと、これはコントですな!(^^;;


 ついに始まりました、真野ちゃん主演ドラマ『半分エスパー』。
 その第1話を観ましたが・・・、

 ここまでストーリーがないとは(笑)!
 なんというか、まるで新喜劇のライブを見ているような感覚とでも申しましょうか?(^^;

 愛ちゃんはさすが、なんかベテランの味を出してましたよ。まぁ、ちょっと老け役(爆)な感じもしますが、タイトスーツはやはり似合ってますね。

 スマイレージの2人(和田&前田)が出てたけど、マジで噛んでるし・・・、ちゃんとメジャー行けるのか、ちょっと心配(^_^;;;
 まぁ、”演じる”のと”素の自分”との使い分けは、役者さんでも戸惑うことですからね。
 舞台慣れしているはずのゆうかりんもちょっと硬かった(^^;。まぁ、これからの子たちですから。


 少なくとも初回は、真野ちゃんの可愛さでもってる、と言えるかも(^o^;;;

 「恋する星座」を見てないこともあり、彼女の演技力については・・・もう少し見守りたい(^^。

 まだ始まったばかりなので、ストーリー?としてどんな展開になるのか、これからに注目しましょう。

esper_2s.jpg


 毎回変わるらしいゲスト出演のモーニング娘。メンバーの登場も楽しみですね。

 第2話のゲスト娘。は・・・ぉぉ!さゆみ師匠(^0^!

 
posted by 麗夢 at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | program | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月30日

MJ パラダイス

 昨日のMJにて、最新曲『LOVE&PEACE=パラダイス』を歌う真野ちゃんを初めて観ました!

 これまた、いいですね〜(^−^。メジャー1年目はかなりいい曲に恵まれました。

 歌詞はとにかくラブラブ。メロディーも可愛さ満点!今回は初めてKAN以外の作曲となりましたが、あのたいせいがこんな可愛らしい曲をかけるとは!?(^^;

 ステージで歌うまのえりを観ていて、改めて思うのは、平成の新タイプのアイドル像を確立したハロー!プロジェクトにあって、まのえりは80年代ごろの清純派&正統派美少女アイドルの姿を現代に再現している、ということです。

 これは、古き良き時代を懐古させると同時に、平成のアイドルを見慣れた我々にとって、かえって新鮮味あふれるアイドル像のさきがけ的な存在になっているように思います。


 そして、私的にはバックも見逃せません!今回もまたまた、S/mileageの4人がバックダンサーを担当!これがまた、愛らしい!!正式なメジャーデビューも決まって、意気揚々と弾ける姿が輝いています。


 さて、デビューの今年、まのえりは新人賞を狙えるでしょうか?

 
posted by 麗夢 at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | program | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月17日

PIZZA GIRL 愛理!

 なんと、愛理がソロでCM出演!ついにこんなときが来たんですね〜(^−^

 昨年秋からPIZZA-LAのCMにBuono!が出演していたのですが、その第2弾、2009年春バージョンが放送開始されました。これはオドロキ!Buono!ではなく、愛理ちゃんが一人で登場です。

 ピザをほおばるにはちょっと似つかわしくない(^^;フォーマルな感じの純白のブラウスに真っ赤なネックレスというヨソイキな衣装に、珍しく前髪をアップにした愛理が、おいしそう〜に新作ピザを食べています。

pizzala_airi.jpg


 何よりも、愛理の演技・・・というより素の表情、おいしいものを食べてココロから幸せそうな笑顔が可愛らしい!なんともいえず、癒されます。

 CMは「おいしさはじめて篇」、「ボリューム篇」の2つのバージョンがあります。これから、桃や雅のソロバージョンも出てくるのか、さりげなくチェックしたいですね(^^。

 
posted by 麗夢 at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | program | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。